高田 哲史 - たかた てつし -

【研究活動(専門分野)】

体育哲学、体育史、スポーツマネジメント、介護福祉

【研究分野(キーワード)】

体育、運動、スポーツ、哲学、歴史

PHOTOSインスタグラム

RESEARCH研究内容

体育とは何だろう。望ましい体育のあり方とは?

体育とは何だろう。望ましい体育のあり方とは?
これから望まれる体育・スポーツのあり方を一緒に考えましょう。
体育とは学校体育、スポーツとは競技スポーツとみんなは考えているのではないか?体育とは何かを考えたら一概に学校だけで行われるものが体育だとは言えない。同様にスポーツとは競技スポーツだと考えているひとが多いのではないだろうか。これについても、競技スポーツはスポーツのほんの一部であることが近年述べられている。体育とは何か、スポーツとは何かをもう一度原点にかえって考えてみたい。そして、望ましい体育・スポーツのあり方とは何か、どのように私たちは体育・スポーツについて考えていけばよいかを一緒に勉強していこう。

スポーツとは何だろう。望ましいスポーツのあり方とは?

スポーツとは何だろう。望ましいスポーツのあり方とは?
体育・スポーツの変遷の歴史について一緒に考えましょう
日本には江戸時代までは体育・スポーツという言葉はなかった。体育は、明治維新後、アメリカ合衆国の教育制度が伝わり、その中の教科名であるphysical educationが体育となった。physical educationとは身体教育のことで、短縮して体育と呼ばれるようになった。従って体育とは、身体に関して、誰かが誰かを教育するという教育の一つなのである。学校では、先生が生徒を、社会では社会が市民を、自己教育では、自分が自分を教育するわけである。スポーツは、太古の昔からその原型はあったが、今のような競技スタイルになったのはイギリスで生まれた近代スポーツが全世界に広まったからだ。日本では大正時代に急激に競技スポーツが広まったが、それまでもからだを使った遊びは多く行われていた。

COURSE5つの専門コース

PAGE TOP