教員紹介

福岡 泰子
【氏名】
福岡 泰子
【ふりがな】
ふくおか やすこ
【所属・職位】
講師
【学歴】
広島国際大学 保健医療学部看護学科 卒業
広島大学大学院 保健学研究科 博士課程前期 修了
広島大学大学院 保健学研究科 博士課程後期 修了
【資格・免許】
看護師、保健師

研究活動

【研究活動(専門分野)】
基礎看護学
【研究分野(キーワード)】
脳卒中、self-management、疾病管理、無作為化比較対照試験(RCT)
【主要所属学会】
日本家族看護学会
日本看護科学学会
日本神経学会
【著書】
・月刊ナーシング臨床現場の困ったを解決する看護理論(自己効力感 理論編、事例編、編集:山勢博彰)、学研メディカル秀潤社(2017)
・エビデンスに基づく循環器看護ケア関連図(動脈硬化性疾患の患者教育、監修:森山美知子、木原康樹、水川真理子、中麻規子)、中央法規出版社(2017)
・エビデンスに基づく脳神経看護ケア関連図(脳血管疾患、脳梗塞、脳卒中再発予防のための患者教育、血栓溶解療法(rt-PA治療)、脳卒中後うつ(PSD)、うつのスクリーニング、監修:百田武司, 森山美知子)、中央法規出版社(2014)、
【論文】
・Baseline feature of a randomized trial assessing the effects of disease management programs for the prevention of recurrent ischemic stroke. Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases, 24(3). 2015
・回復期の脳卒中患者に関わる看護師への脳卒中後うつに関する教育の効果. 日本ニューロサイエンス看護学会, 2(2), 49-60. 2015
・脳卒中・脳卒中患者の特徴とそれを踏まえた上での新たな再発予防体制の構築の必要性-脳卒中介入研究を担当した看護師によるフォーカス・グループ・インタビューの結果から-. 日本ニューロサイエンス看護学会, 2(2), 77-84. 2015
・軽症脳梗塞患者の再発予防における自己管理の実態と臨床指標との関連. 広島大学保健学ジャーナル11(1), 1-9. 2012
【学会発表等】
・脳梗塞再発予防の自己管理教育における家族介入の効果、日本家族看護学会第21回学術集会,2014
・Development of an educational tool to support disease management nurses for preventing the recurrence of brain infarction. The Sigma Theta Tau International's 25th International Nursing Research Congress, 2014
・脳梗塞再発予防を目的とした疾病管理プログラムの効果、STROKE2014(第39回脳卒中学会総会・第43回脳卒中の外科 学会学術集会・第30回スパズム・シンポジウム合同総会)2014,
・Effects of physiological indicators and self-management goal attainment on the cerebral infarction recurrence prevention program: results of the intervention and 6 Month- follow-up. 9th International Nursing Conference,2013
・Investigation of risk factors control and self-management practice of patients with mild cerebral infarction in Japan: suggestion to nursing practice.3rd World Academy of Nursing Science,2013
【現在の研究テーマ】
疾病管理による脳梗塞再発予防

教育活動

社会活動

学内活動

広報活動

その他

PAGE TOP