教員紹介

原田 春美
【氏名】
原田 春美
【ふりがな】
はらだ はるみ
【所属・職位】
教授
【学位の名称】
修士(保健学)
博士(学術)
【学歴】
広島大学大学院保健学研究科(博士課程前期)修了
広島大学大学院総合科学研究科(博士課程後期)修了
   
【資格・免許】
保健師
看護師
社会福祉士
養護教諭一種
養護教諭専修

研究活動

【研究活動(専門分野)】
地域看護学
公衆衛生看護学
【研究分野(キーワード)】
保健師
能力
子育て支援
親意識
【主要所属学会】
日本地域看護学会
日本公衆衛生学会
日本看護科学学会
日本老年社会学会
日本看護医療学会
【論文】
①同一事例にケアを提供する訪問看護師とホームヘルパーの相互関係に関する研究.日本地域看護学会誌9(1):40-46(2006)
②支援場面における保健師の人間関係形成の方法とそのプロセス-家庭訪問での精神障害者支援に焦点をあてて-.実験社会心理学研究 49(1):72-83(2009)
③支援枠組みにおいて専門職が用いる人間関係形成方法とそのプロセス-保健師による地域の仕組み作りに焦点をあてて-.実験社会心理学研究 50(2):168 -181(2011)
④保健師の人間関係形成能力と職務経験の関連性.日本看護医療学会誌17(1):1-11(2015)
⑤両親を対象とした子育て支援プログラムの立案と実践方法の検討.ヒューマンケア研究学会誌9(2):33-43(2018)
【学会発表等】
①Establishing a community care system for elderly dementia cases -An analysis of the activities of public health nurses-.20Th International Conference Of Alzheimer‘s Disease International Kyoto, Japan(2004)
②Cooperation of visiting nurses and home helpers supporting frail elderly and family at home. ICN International Conference 27 May – 1 June, Yokohama, Japan(2007)
③Desired child-care support for supporter and supportee and the task. The 2nd Japan-Korea Joint Conference on Community Health Nursing17-18 Jury, Kobe, Japan(2011)
④An Examination of Effective Horticultural Activity Program for the Mental Stability of Elderly with Dementia. The 2nd Japan-Korea Joint Conference on Community Health Nursing17-18 Jury, Kobe, Japan(2011)
⑤Study of Fatherʼs Participation in child Care and The Support. 6th World Academy of Nursing Science28-29 February, 2020, Osaka, Japan(2020)
【現在の研究テーマ】
保健師の能力、親意識と子育てにおける夫婦の共同
【科学研究費補助による研究】
①基盤研究C(代表者:原田春美、分担者:小西美智子)「住民主体の子育て支援プログラム開発と保健師支援モデルの精緻化」平成21年4月~平成25年3月
②基盤研究C(代表者:原田春美、分担者:小西美智子、寺岡佐和)「人間関係形成の視座から開発する住民主体の子育て支援プログラムに関する研究」平成25年4月~平成30年3月
③基盤研究(C)(代表者:寺岡佐和、分担者:原田春美)「在宅で暮らす認知症高齢者の生活能力活性化に向けた園芸療法の開発に関する研究」平成26年4月~平成31年3月
④挑戦的萌芽研究(代表者:中島充代、分担者:原田春美)「訪問看護師への自閉症を有する人の支援に関する多職種型教育プログラムの構築」平成26年4月~平成28年3月
⑤基盤研究(C)(代表者:中嶋恵美子、分担者:原田春美)「高齢者が社会の新たな担い手として活躍する都市型高齢者社会貢献システムモデルの構築」平成27年4月~平成31年3月
⑥基盤研究(C)(代表者:原田春美、分担者:小西美智子)「父親と母親の視座から検討する子育て参加と協同への支援体制づくりに関する研究」平成30年4月~(令和5年3月予定)
⑦基盤研究(C)(代表者:中島充代、分担者:原田春美)「自閉症スペクトラム症を有する人の支援者への多職種型教育プログラムの構築」平成30年4月~(令和3年3月予定)
【その他研究費補助による研究】
①木村看護教育振興財団 平成17年度看護研究助成(代表者:寺岡佐和、分担者:原田春美)「痴呆性高齢者の継続的なQOLの向上を目指した園芸療法の方法に関する研究」平成17年4月~ 平成18年9月
②太陽生命厚生財団 平成25年度研究助成(代表者:寺岡佐和、分担者:原田春美)「認知症高齢者の在宅生活の継続を効果的に支える園芸活動の方法に関する研究」平成25年4月~ 平成27年3月

教育活動

社会活動

【学外における講演・研修会講師など】
特別講演 医療技術の進歩と生命倫理の課題.日本染色体遺伝子検査学会 第31回学術集会 講師
平成30年度福岡大学出張模擬講義(鹿児島県立大島高等学校) 講師
福岡エンジョイポリオの会「生活習慣病を予防しよう」 講師
令和元年度福岡大学出張模擬講義(筑紫女学園高等学校) 講師

学内活動

【所属委員会】
【大学院】看護学研究科委員会
【共通】<研究倫理>研究倫理審査部会(看護)

広報活動

その他

【趣味/その他】
茶道(裏千家)
PAGE TOP