教員紹介

大沼 勇人
【氏名】
大沼 勇人
【ふりがな】
おおぬま はやと
【所属・職位】
講師
【学位の名称】
博士(体育学)
【学歴】
鹿屋体育大学大学院 体育学研究科 博士後期課程 修了
【資格・免許】
小学校教諭一種免許状,中学・高等学校教諭一種免許状(保健体育)
小学校教諭専修免許状,中学・高等学校教諭専修免許状(保健体育)
日本体育協会公認スポーツリーダー

研究活動

【研究活動(専門分野)】
スポーツバイオメカニクス,トレーニング科学
【研究分野(キーワード)】
動作解析・評価,トレーニング方法,神経-筋活動,スプリント能力
【主要所属学会】
アメリカスポーツ医学会,日本体育学会,日本体力医学会,日本バイオメカニクス学会
【論文】
1. Short-Term Hypoxic Training Improves Maximal Anaerobic Power After A Week Of Recovery: Gazzetta Medica Italiana Archivio per le Scienze Mediche(印刷中) 共著
2. How to maintain maximal straight path running speed on a curved path in sprint events : Journal of Human Kinetics, Volume 62(pp23-pp31) (2018) 共著
3. 桐生祥秀選手が 10 秒の壁を突破するまでの 100m レースパターンの変遷 : 陸上競技研究紀要 13巻 (pp109-pp114) (2018) 共著
4. 日本トップレベルの十種競技者における 100m 走レースの特徴 - 2009 年から 2015 年のレースを対象として - : 陸上競技学会誌 16巻 (pp27-pp35 ) (2018) 共著
5. The effects of sprint interval training on sail pumping performance in a male windsurfing Olympian : Sports Science in Elite Athlete Support, Volume 2(pp31-pp41) (2018) 共著
【学会発表等】
1. 高酸素吸引時における自転車ペダリング運動中の神経-筋活動特性,第73回日本体力医学会大会 (2018)
2. Differences of Surface Electromyography during Incremental Cycling Exercise in Hypoxia and Normoxia Using Wavelet Transform Analysis, American College of Sports Medicine 66th Annual Meeting (2018)
3. フルマラソン前半と後半における支持期中の脚動作の相違,第30回ランニング学会(2018)
4. 直走路と曲走路における全力疾走中の下肢表面筋電図の相違,第16回陸上競技学会 (2017)
5. Difference Of Right And Left Foot Kinematics During Stance Phase On Curved Path Running,American College of Sports Medicine 64th Annual Meeting(2016)
【現在の研究テーマ】
スプリント能力向上に関する研究

教育活動

【担当授業科目(学部)】
運動学,体育実技(陸上),健康体育法

社会活動

【学外の社会貢献活動】
日本水泳連盟科学委員,日本陸上競技連盟 科学委員会 協力班員
【学外における講演・研修会講師など】
1. 「さらなるスピード改善(タイム短縮)のアプローチ」(日本トレーニング科学会大会2017年10月)
2. 「走ることの魅力」(奈良体育学会2017年11月)

学内活動

広報活動

【高校生・社会人に対する実施可能な出張講義・講演等】
身体運動中の動作を科学する,競技力向上のためのトレーニングの戦略

その他

PAGE TOP