大学院 社会福祉学研究科

大学院 社会福祉学研究科

大学院 社会福祉学研究科 社会福祉学専攻

研究科長メッセージ

福祉の現場を活性化するマネジメント力を養成

本科の大きな特長は、福祉の現場が強く求める、マネジメント力の高いソーシャルワーカーの育成に力を入れていることです。現場経験をもつ教員が、人材力の引き出し方や組織力を発揮する方法など、マネジメントを意識した授業を行います。もう一つ重視しているのが、論証力を高める学びです。エビデンスを示して意見を述べるスキルは、相手の合意や納得を得る力となるため、これも組織の管理・運営に役立ちます。

【育成する人材】
1 生活する人々を直接支援する高度専門職業人の育成
2 生活する人々の生活実態を研究領域で支援する研究者育成の育成
【育成する二つの方向】
1 私たちの日常生活の場である地域社会に貢献すること
2 共生社会の実現に貢献すること
【目標達成の学びの方向】
以上の目標を達成するために社会福祉の原点を、福祉基盤研究領域、地域福祉マネジメント研究領域、総合福祉実践研究領域、国際福祉研究領域、スポーツ福祉研究領域で学びます。

大学院 社会福祉学研究科長 中村剛

大学院 社会福祉学研究科長
中村 剛

PAGE TOP