大学院 社会福祉学研究科(修士課程)教育課程の特色

大学院 社会福祉学研究科(修士課程)教育課程の特色

教育課程の特色

科目は、「歴史と理論研究」「政策研究」「実践研究」「国際福祉研究」の4領域で構成されています。原則として、講義科目と演習科目を一対で学びます。

歴史と理論研究 社会福祉学とは何かを問う学問領域です。これまでの主な社会福祉理論および社会福祉史に関する研究をします。
政策研究 国及び地方自治体の社会福祉政策に関する研究をします。
実践研究 社会福祉現場での相談援助実践のあり方に関する研究をします。
国際福祉研究 開発途上にある国に対する福祉開発に関する研究をします。

主な科目

歴史と理論研究 社会福祉学研究特講
社会福祉史研究特講
社会福祉哲学研究特講
社会福祉学研究演習
社会福祉史研究演習
政策研究 社会福祉政策研究特講
社会福祉法制度研究特講
社会保障研究演習
就労支援政策研究特講
社会福祉政策研究演習

社会保障研究特講
実践研究 社会福祉実践研究特講
高齢者福祉研究特講
障害者福祉研究特講
地域福祉実践研究特講
健康科学研究特講
芸術療法研究特講
精神医学研究特講
社会福祉調査研究特講
社会福祉実践研究演習
高齢者福祉研究演習

地域福祉実践研究演習

芸術療法研究演習
精神医学研究演習
社会福祉調査研究演習
国際福祉研究 国際福祉開発研究特講
比較福祉研究特講
社会福祉原典(外書)講読A
国際福祉開発研究演習

社会福祉原典(外書)講読B
研究指導 社会福祉特別研究

主指導教員の研究テーマ

領域 主指導教員名
研究テーマ
福祉理論・
歴史研究
教授 中村 剛 ・福祉哲学に基づく社会福祉学の構築
・社会福祉学における倫理と正義
福祉政策研究 教授 藤岡 純一 ・社会的企業についての研究
・貧困と社会的排除に対する社会的包摂の研究
福祉実践研究 准教授 谷川 和昭 ・地域共生社会における対人援助関係者と福祉の心の再構築
・人間関係力による地域福祉への貢献の可能性
福祉実践研究 教授 谷口 泰司 ・高齢障害者を取り巻く諸課題
・障害者の地域生活移行を巡る諸課題
国際福祉研究 教授 勝田 吉彰 ・海外赴任者のメンタルヘルス
・国境を越える感染症とリスクコミュニケーション
国際福祉研究 教授 藤岡 純一 ・スウェーデンにおける社会福祉の質についての研究
・スウェーデンの障がい者施設における利用者参加の研究

履修・研究指導方法

1.
院生が入学当初に申請した指導教員が主たる研究の指導者となります。
2.
指導教員は、院生の進路や課題意識に配慮して履修を指導します。
3.
指導教員は、研究課題の決定、研究結果のまとめと発表、論文作成について、責任を持って指導します。
4.
研究指導の実施に当たっては、院生個々人の臨床経験、修了後の進路を勘案しながら、院生の主体的な学びに重点を置きます。

長期履修制度

社会人入学をされた方が対象となる制度です。就学年限2年間を、3年を限度として延長することができます。この場合の授業料は、2年間分となります。(詳しい内容は、募集要項でご確認ください)

研究員制度、科目等履修制度

修士課程の修了生で特定領域の研究を継続したい場合は、研究員として在籍することができます。また、修士課程の修了生で、特定科目を履修したい場合は、科目履修生として科目履修ができます。

その他

本課程は教育訓練給付制度の対象となります。
※雇用保険の加入期間が3年以上(初回は1年以上)ある等の条件を満たしていることが必要です。

PAGE TOP