All posts by 陸上部 副部長

【陸上競技部】各地の都道府県選手権で優勝3つ、表彰台4つの大活躍!!

平素より、陸上競技部の活動に格段のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

6月末より今日まで、各地の都道府県選手権に本学学生が出場し、優勝3つ、表彰台4つの大活躍を遂げました。
都道府県選手権は、中学生、高校生、大学生、プロ・実業団の全カテゴリーの選手が出場するため、ハイレベル且つ活気のある大会です。
その中で、それぞれの学生が地元や兵庫県での試合に出場し、関西福祉大学の存在感を大いに示してくれました。
また、都道府県選手権の上位入賞者は地区選手権へと出場できますが、本学学生は7名がその切符を手にしました。
都道府県選手権での入賞者は以下の通りです。

6/26・27 第90回大阪陸上競技選手権大会
【女子走幅跳】
3位  岸下 美月(社会福祉・2年) 5m61
 ☆近畿選手権大会出場決定
【男子三段跳】
4位  末藤 唯人(社会福祉・1年) 14m97
 ☆近畿選手権大会出場決定

6/26 第87回岐阜県陸上競技選手権大会
【女子三段跳】
優勝  鹿野 日陽南(保健教育・2年) 12m14
 ☆東海選手権大会出場決定、去年に続き連覇

7/1 第93回栃木県陸上競技選手権大会
【女子走高跳】
3位  渡邉 里咲(保健教育・2年) 1m65
 ☆関東選手権大会出場決定

7/9・10 第90回兵庫県陸上競技選手権大会
【男子5000m】
4位  吉川 新(社会福祉・1年) 15’07″62
 ☆近畿選手権出場決定
8位  桐月 健斗(児童教育・2年) 15’42″43
【男子10000m】
3位  東原 和輝(社会福祉・1年) 32’37″20
 ☆近畿選手権出場決定
【男子3000mSC】
7位  大西 遼太郎(保健教育・2年) 9’40″03
8位  有田 優也(保健教育・3年) 9’46″79
【男子三段跳】
優勝  末藤 唯人(社会福祉・1年) 15m17
【女子100mH】
5位  吉村 美咲(保健教育・3年) 14″43
 ☆近畿選手権出場決定
【女子走高跳】
6位  渡邊 里咲(保健教育・2年) 1m63
【女子走幅跳】
優勝  岸下 美月(社会福祉・2年) 5m80
2位  鹿野 日陽南(保健教育・2年) 5m74
【女子三段跳】
4位  鹿野 日陽南(保健教育・2年) 11m77

まだまだシーズン中盤、競技会が目白押しですので、チーム一丸となってさらに精進してまいります。
今後とも陸上競技部を応援いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

陸上競技部 公式Twitter/https://twitter.com/kusw_athletics
陸上競技部 公式Instagram/https://www.instagram.com/kusw_athletics/
陸上競技部 公式HP/https://www.kusw-athletics.com/

【陸上競技部】殊勲!西日本インカレで2名入賞!

平素より、陸上競技部の活動に格段のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

この度、2022年7月1日(金)~3日(日)に愛媛県松山市・ニンジニアスタジアムにて、秩父宮賜杯第75回西日本学生陸上競技対校選手権大会(西日本インカレ)が開催されました。
西日本インカレは、東海・関西・中国・四国・九州の全大学が参加対象となり、参加標準記録を突破した者の中で、ランキング上位から定められたターゲットナンバー(参加可能人数)内に入った者だけが出場できるという極めてハイレベルな大会です。レベルとしては全日本大会に次ぐレベルということになります。
そんな中、本学陸上競技部は男子10000mと女子走高跳において入賞することができました。
詳細は以下の通りです。

男子10000m 決勝
8位  東原 知輝(社会福祉・1年) 32’15”92

女子走高跳 決勝
8位  渡邉 里咲(保健教育・2年) 1m65

他にも女子100mハードルで準決勝進出、男子三段跳で2cm差で9位など、入賞にあと一歩と迫った種目もありました。
引き続き、少しずつレベルアップしていけるよう学生・指導者ともに精進して参ります。

今後とも陸上競技部の学生へご指導、ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

陸上競技部 公式Twitter/https://twitter.com/kusw_athletics
陸上競技部 公式Instagram/https://www.instagram.com/kusw_athletics/
陸上競技部 公式HP/https://www.kusw-athletics.com/

【陸上競技部】快挙!U20日本選手権 男子三段跳で銀メダル!

平素より、陸上競技部の活動に格段のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

本日、大阪市・ヤンマースタジアム長居にて、第38回U20日本陸上競技選手権大会(兼 2022 U20世界陸上競技選手権大会日本代表選手選考競技会)が開催され、末藤唯人(社会福祉学部・1年)さんが男子三段跳に出場し、2位(銀メダル)に輝きました。
これは、陸上競技部創部以来初の全国大会入賞&表彰台という快挙です。
末藤さんは、エントリー15名中15番目の自己記録であり、全員が格上の中で見事なパフォーマンスを発揮し、名だたる強豪大学の選手を抑えました。

末藤さんはまだ1年生と将来有望であり、ますますの活躍が期待されます。
チームとしてもこれから各都道府県選手権、西日本インカレ@愛媛と続いて参ります。

今後とも陸上競技部の学生へご指導、ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

実際の跳躍はこちら!

陸上競技部 公式Twitter/https://twitter.com/kusw_athletics
陸上競技部 公式Instagram/https://www.instagram.com/kusw_athletics/
陸上競技部 公式HP/https://www.kusw-athletics.com/

【陸上競技部】関西インカレで女子1部2年連続入賞&日本インカレ出場決定!

5/25(水)~28(土)に、第99回関西学生陸上競技対校選手権大会(関西インカレ)が京都・たけびしスタジアムにて開催されました。
気温が30℃近くに上がり暑い中での戦いでしたが、女子4×100mリレーにおいて決勝進出、8位入賞を果たし、同時に本年の全日本インカレ参加標準記録を突破しました。
女子1部での入賞は、昨年の女子走幅跳・鹿野日陽南(保健教育学科・2年)の7位入賞に続き、2年連続での入賞となりました。
また、女子4×100mリレーにおける全日本インカレ出場も、昨年に続き2年連続での達成です。
男子2部においても複数入賞を果たし、1500m・5000mで吉川新(社会福祉学科・1年)が2種目で表彰台に上りましたが、これらは男女を通じて関西インカレでの創部以来初の表彰台となりました。

入賞者の詳細は以下の通りです。

【女子1部】
◯4×100mリレー
1走:津村 友愛(社会福祉学科・2年)
2走:谷根 優花(児童教育学科・4年)
3走:後藤 みのり(社会福祉学科・1年)
4走:鹿野 日陽南(保健教育学科・2年)
決勝8位   52″15
予選     47″43  ※全日本インカレ参加標準記録突破

【男子2部】
◯800m
森川 隼成 (社会福祉学科・3年)
 決勝6位  1’56″19

◯1500m
吉川 新 (社会福祉学科・1年)
 決勝2位  3’58″44
桐月 健斗 (児童教育学科・2年)
 決勝8位  4’01″85

◯5000m
吉川 新 (社会福祉学科・1年)
 決勝3位  14’59″57
桐月 健斗 (児童教育学科・2年)
 決勝8位  15’15″26

◯10000m
東原 知輝 (社会福祉学科・1年)
 決勝7位  31’28″28

◯円盤投
立花 元希 (社会福祉学科・2年)
 決勝5位  34m67

今シーズンはまだ序盤、これからチームとしての試合は続いて参ります。
直近では、2022年6月10日(金)に大阪市・ヤンマースタジアム長居にて開催されます、第38回U20日本陸上競技選手権大会(兼 2022 U20世界陸上競技選手権大会日本代表選手選考競技会)へ、末藤唯人(社会福祉学部・1年)が男子三段跳に出場いたします。
ぜひ、こちらもご声援いただけますと幸いです。

今後とも陸上競技部の学生へご指導、ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

陸上競技部 公式Twitter/https://twitter.com/kusw_athletics

陸上競技部 公式Instagram/https://www.instagram.com/kusw_athletics/

陸上競技部 公式HP/https://www.kusw-athletics.com/

関西福祉大学 陸上教室開催【陸上競技部】

平素より本学陸上競技部の活動にご理解、ご支援を賜り、ありがとうございます。

2022年2月6日()2022年2月13日()2022年3月5日()に陸上教室を関西福祉大学グラウンドにて開催いたします。
関西福祉大学陸上競技部スタッフ・学生が、より走る・跳ぶコツをお伝えできる機会としたいと思います。

対象は、4歳以上の未就学児童、小学生低学年および高学年、中学生となります。
参加料につきましては不要でございます。
以下URLもしくは、詳細ページのQRコードからお申込みいただきますようお願い致します。

https://forms.gle/xoHXscgHe7JUr5uj6

皆様のご参加をお待ちしております。

関西福祉大学 陸上競技部一同

【陸上競技部】2020年活動のご報告

 平素より関西福祉大学陸上競技部の活動に際し、多大なるご協力を頂きありがとうございます。2020年は2月より入学予定者との合同練習を行い、4月からの大会出場に備え準備を順調に進めておりましたが、新型コロナウイルスの影響により各種大会は中止、日々の練習も禁止となる状況となってしまいました。6月より感染防止対策を万全に実施した上での活動再開となり、8月の学連競技会から各種競技会・記録会への参加ができるようになりました。

 2020年度は男子6名・女子4名、合計10名の部員が入部、そしてコーチに熊野 陽人先生をお迎えしました。部としてはまさに再出発の1年でしたが、皆高い意識で日々の活動に取り組むことができました。待望の女子4×100mチームも発足し、少しずつ成績を伸ばしています。10月の関西インカレにも多くの部員が出場し、今シーズンのハイライトとなる頑張りを見せてくれました。すでに来春の大会に向け、準備を進めています。コロナ禍での部活動の再開にあたりまして、厳格なガイドラインの作成や様々なご調整をいただいた学生支援課、大学事務局には厚く御礼申し上げます。またそうした活動方針にご理解頂きました、保護者の皆様にも厚く御礼申し上げます。今後とも関西福祉大学陸上競技部への応援の程、よろしくお願い致します。

【部長 高田 哲史(社会福祉学科 准教授)】

 日頃より、関西福祉大学陸上競技部の活動に多大なるご理解・ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。今年度より、熊野陽人 講師(社会福祉学部)をコーチに迎え、本学陸上競技部として新たな出発の年でございました。しかしながら,新型コロナウイルスの影響により、クラブ活動や競技会への参加が制限され、思い描いていたものとは異なるシーズンとなりました。当然のように行なうことができていたトレーニングが制限されるといった状況は、スタッフ・部員ともに、競技に対して真摯に向き合う機会となったと感じております。現在では,健康安全に十分配慮し、陸上競技に取り組めることに感謝しながら、来年度に向けた冬季トレーニングに取り組んでおります。

 新型コロナウイルス収束に向けて、未だ先行きが見えない状況ではございますが、この状況が迅速に改善し、皆様の健康安全を願うとともに、陸上競技部一同さらなる飛躍にむけて邁進していきたいと思います。今後とも関⻄福祉⼤学陸上競技部への応援の程、よろしくお願い申し上げます。

【監督 大沼 勇人(保健教育学科 講師】

 平素より、関⻄福祉⼤学陸上競技部の活動に多⼤なるご支援を賜り、厚くお礼申し上げます。今年度は未曽有のコロナ禍に見舞われ、大学における全ての活動が著しく制限されたため、競技活動が非常に困難な一年でした。その中、何とかシーズン後半より活動が再開され、競技会にも出場することができ、競技に取り組めることがどんなに幸せなことか、我々スタッフ、学生共にひしひしと身に染みて感じました。難しい状況の中、あっという間に今季は終わってしまいましたが、自己ベストを更新した選手も多数おり、来季への期待が大いに膨らむシーズンとなりました。

 引き続き、一人でも多くの選手が自己ベスト更新、関西インカレ入賞、そして全日本インカレ出場を目標に、既に熱のこもった冬季練習をスタートさせております。先の見えないコロナ禍を切り抜け、力強く前進すべく「一流の競技者である前に、一流の人間であれ」をキーワードに、より一層精進して参ります。今後とも関⻄福祉⼤学陸上競技部への応援の程、よろしくお願い申し上げます。

【コーチ 熊野 陽人(社会福祉学科 講師】

監督に大沼 勇人(教育学部)、コーチに熊野 陽人(社会福祉学部)が就任!&女子4×100Mリレーチーム発足!

監督に大沼 勇人(教育学部保健教育学科講師)、コーチに熊野 陽人(社会福祉学部社会福祉学科講師)が就任

関係者各位

関西福祉大学陸上競技部
部長 高田 哲史
監督 大沼 勇人

 

平素は関西福祉大学陸上競技部の活動にご理解、ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。

この度、本学陸上競技部コーチに社会福祉学部に今年度着任された熊野 陽人先生が就任しました。
また、監督には保健教育学科 大沼 勇人先生が就任しました。

大沼先生、熊野先生ともに日本陸上競技連盟(JAAF)の委員として国内トップアスリートの支援を行っています。
また、専門の研究領域もアスリートの競技パフォーマンス向上に関わるものであり、科学的アプローチを取り入れながら陸上競技部をさらに上のステージに導こうと取り組みを始めています。

大沼 勇人 監督


監  督:大沼 勇人 (教育学部 保健教育学科 講師)
研究分野:スポーツバイオメカニクス
主な実績:日本陸上競技連盟科学委員会 委員/国立スポーツ科学センター 共同研究者
専門種目:短距離


この度,2020年4月より関西福祉大学 陸上競技部の監督に就任しました、大沼勇人です。
昨年度まではコーチとして、クラブ指導にあたらせていただきました。
監督就任以後も変わらず、グラウンドでの指導を通じて、競技力向上は然ることながら、人間的な成長を育んでいきたいと思います。
今後とも、宜しくお願い致します。


熊野 陽人 コーチ


コーチ :熊野 陽人 (社会福祉学部 社会福祉学科 講師)
研究分野:コーチング学
主な実績:日本オリンピック委員会強化スタッフ/日本陸上競技連盟強化委員会 女子走幅跳オリンピック強化スタッフ
専門種目:跳躍
【熊野先生による自宅でできるトレーニング動画配信中!】
詳細はこちら(陸上競技 指導者×ジャパンライムチャンネル)


この度、陸上競技部コーチに就任いたしました熊野陽人です。どうぞ宜しくお願いいたします。
これまで培ったコーチの「眼」や「経験」と科学的知見を基に、競技者の皆さんのサポートを全力で行っていく所存です。
群雄割拠の大学陸上界に一石を投じるようなチームにしていきたいと思いますので、関西福祉大学陸上競技部にご注目ください!


女子4×100mリレーチームを発足

また、今年度から女子4×100mリレーチームが発足しました!
個人種目においても、西日本インカレへの出場条件を突破しており今後ますますの活躍が期待されます。
様々な大会が中止・延期となっている現状ですが、皆様に陸上競技部員の勇姿を早くお見せしたいと選手、スタッフ一丸となり日々のトレーニングに励んでおります。
(※本記事公開の2020/4/23現在はクラブ活動を休止しています)

今後とも皆様の熱いご声援とご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

本件に関するお問い合わせ先
関西福祉大学 陸上競技部(副部長:一谷)
〒678-0255兵庫県赤穂市新田380-3
TEL:0791-46-2847

【陸上競技部】赤穂シティマラソン5km女子の部 総合優勝!

11月10日(日)、大学の地元赤穂市で開催されました
第9回赤穂シティマラソンにて、
教育学部 児童教育学科4年次生
小田垣 美沙選手が5km女子の部で総合優勝しました!

小田垣選手は1年次生の時にもハーフマラソン女子29歳以下の部で優勝しており、
2冠を達成しました!

本学吹奏楽団をはじめ、地元の皆様の熱い応援に感謝申し上げます。


【陸上競技部】4年次生3名が公務員採用試験に合格しました!

陸上競技部所属の4年次生3名が公務員採用試験・教員採用試験に現役で合格しました!

尾上 景太(主将)・・・小学校教員採用試験 合格
登 貴志(主務)・・・消防官採用試験 合格
小田垣 美沙(会計)・・・小学校教員採用試験合格

日々の練習・学業と公務員試験に向けた勉強を両立させてきた
彼らの努力が実を結びました。
本当におめでとうございます。

陸上競技部のモットーは『文武両道』。
陸上と夢の実現、どちらも目指している方、大歓迎します。

【陸上競技部】新スタッフ就任について

2019年度関西福祉大学 陸上競技部の新たなチームスタッフを御紹介します。

【主将】岡本 典子/看護学科3年次生/岡山県美作高校出身
【主務】松岡 優/児童教育学科3年次生/岡山学芸館高校出身
【会計】松岡 美里/児童教育学科3年次生/岡豊高校出身
【マネジャー】野田 朋花/児童教育学科2年次生/福岡女学院高校出身

また、コーチ・副部長として保健教育学科 大沼 勇人 講師を迎えました。
【主な実績】
・日本陸上競技連盟 科学委員会協力班員
・国立スポーツ科学センター 共同研究者
・多競技に対する科学的サポート活動の実施

上記新体制で、全国インカレ本戦出場に向け突き進みます!