教育学部 保健教育学科 3つのポリシー

教育学部保健教育学科

ディプロマポリシー

次に示す能力・素養を身につけ、かつ、所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学位を授与する。
(1)教科に関する専門的知識と同時に幅広い教養を持ち、運動技術に関わる指導のみならず、青少年が明るく豊かな生活を営む心や態度を育てることのできる保健体育教諭
(2)青少年の心と身体の健やかな発達を担い、学校内外の機関と連携しながらメンタルヘルス問題や健康管理・維持教育に貢献できる養護教諭
(3)保健体育の知識や技術を活かし、教育・スポーツ関係企業、公務員(警察、消防等)等、地域社会で活躍できる人材


カリキュラムポリシー

教育目的を踏まえ、保健教育学科の教育課程は、教育学・心理学分野の教育内容を基盤として、「教養科目」「専門基礎科目」「専門科目」「演習科目」「自由科目」の5つに区分しています。教養科目で豊かな人間性を涵養し、専門基礎科目・専門科目で知識と技能を身につけ、演習科目で課題探求力を培います。そして、教育・保育実習、卒業研究が、「理論と実践をつなぐ」役割を果たすように組み立てています。また、これらの授業形態は、確かな実践力をもった教育者を育成するために講義、演習、実習を有機的に関連させています。


アドミッションポリシー

 教育学部 保健教育学科は、保健教育(保健学習・保健指導)に関する高度な専門性に加え、人々の健康保持・増進を図ることができる能力や救急看護等の看護学的知識を有し、青少年の心と身体の健やかな発達を担い、課題解決のために行動できる実践力のある学校教員や指導者を育成することを目的としています。
 この目的をもとに、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマポリシー)及び教育課程編成の方針(カリキュラムポリシー)に定める学士課程教育で培う能力・素養に応じて、知識・技能や能力、目的意識・意欲を備えた人を幅広く受け入れています。
 そのため以下の項目を基本要素として、高等学校における基礎学力「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体的な学習意欲(主体性・多様性・協働性)」をそれぞれの入学試験において重み付けを行い評価し、入学者を適正に選抜します。

①高等学校教育課程の内容を幅広く修得している。
②青少年の心と身体の健やかな発達に真摯に関わり、中学校・高等学校教諭、養護教諭を目指して意欲的に学習し、教育・保健の専門家としての立場から社会に貢献したいという意欲を持っている。または、保健体育の知識・技術を生かし、教育・スポーツ関連企業や公務員等、地域社会で幅広く活躍したいという意欲を持っている。
③社会で起こる様々な出来事と教育・保健との関連性について常日頃から関心を持ち、疑問に感じたことに対して、自ら調べ、解決に向けて取り組む習慣を身につけている。
④高等学校等での学習や課外活動・ボランティア活動等で、他者と協働した活動や学習の経験があり、他者と協力しながら課題をやり遂げる意欲を持っている。


PAGE TOP