大学院 看護学研究科(博士後期課程)教育課程の特色

大学院 看護学研究科(博士後期課程)教育課程の特色

博士後期課程教育課程の特色

教育目標

高度の専門性が求められる看護実践において、高い学識と倫理観をもって、人々の健康ニーズに対応できる高度な看護専門性と、看護学における理論構築に向けて自立して研究活動が推進できる研究能力及び教育能力を有し、看護学の発展に寄与できる人材を育成することを目的としています。なお、本学の修了生は看護系大学、看護教育機関や看護研究所の教育・研究者、行政機関や看護実践機関の看護管理者及び高度看護実践者等としての活躍が期待されます。

カリキュラムの特色

博士後期課程のカリキュラムは、共通基盤科目が「包括ケア看護特論」「看護科学研究特論「看護学教育特論」の3科目であり、必修です。専門科目は、「地域・在宅看護学」「学校保健看護学」「育成発達看護学」「成人・老人療養看護学」に「特論」「特別演習」「看護学特別研究」を配置しており、いずれかの領域を選択した上で、専攻する領域の「特論」「特別演習」「看護学特別研究」を履修します。 「看護学特別研究では、各自が専攻する特論・特別演習をふまえ、研究対象となる看護の質保証を重視して専門性の高い看護を行うための科学的な知見を明らかにします。看護の現象・事象をよりとらえやすい諸要素に分析し、それらの要素間にどのような関連があるのかについて枠組みを明確化した上で、看護実践に有効な研究開発について指導し、博士論文を作成します。

博士後期課程カリキュラム

  卒業要件及び履修方法:共通基盤科目の必修6単位、専門科目から専攻する領域の特論2単位及び特別演習2単位、看護学特別研究を6単位、合計16単位以上を修得し、博士論文の審査及び最終試験に合格すること

 

履修・研究指導方法

1.
指導教員は、院生の進路や課題意識に配慮して履修を指導します。
2.
指導教員は、研究課題の決定、研究結果のまとめと発表、論文作成について、責任を持って指導します。
3.
研究指導の実施に当たっては、院生個々人の臨床経験、修了後の進路を勘案しながら、院生の主体的な学びに重点を置きます。

長期履修制度

就学年限3年間を、4年間を限度として延長することができます。この場合の授業料は、3年間分となります。(詳しい内容は、募集要項でご確認ください)

研究生制度、科目等履修制度

研究生制度、科目等履修生度があります。詳細は、本学入試センター(0791-46-2500)までお問い合わせください。

PAGE TOP