大学院 看護学研究科(博士前期課程)教育課程の特色

大学院 看護学研究科(博士前期課程)教育課程の特色

教育課程の特色

科目は、「共通基盤科目」と「専攻研究科目」の2区分

共通基盤科目 共通基盤科目には、「実践看護学領域」の専攻分野の特別研究の基礎となる理論や知識、研究方法を習得すると共に、人間理解を深め、根拠のある看護知識に基づく確かな技術を発展させます。
専攻研究科目 各専攻分野は、特論、演習、特別研究で構成されています。特論では、その分野の理論や考え方を、先行文献の検索、講読、分析、検討を基に見識を高め、演習では、ディスカッション、フィールド探索などを通して、具体的な看護課題を検討し、自らの思考力、分析力を極めます。特別研究では、特論、演習での学修を基礎として、興味・関心のあるテーマに取り組みます。

履修・研究指導方法

1.
指導教員は、院生の進路や課題意識に配慮して履修を指導します。
2.
指導教員は、研究課題の決定、研究結果のまとめと発表、論文作成について、責任を持って指導します。
3.
研究指導の実施に当たっては、院生個々人の臨床経験、修了後の進路を勘案しながら、院生の主体的な学びに重点を置きます。

長期履修制度

社会人入学をされた方が対象となる制度です。就学年限2年間を、3年を限度として延長することができます。この場合の授業料は、2年間分となります。(詳しい内容は、募集要項でご確認ください)

研究生制度、科目等履修制度

修士課程の修了生で特定領域の研究を継続したい場合は、研究生として在籍することができます。また、修士課程の修了生で、特定科目を履修したい場合は、科目履修生として科目履修ができます。

養護教諭専修免許課程

養護教諭一種免許状を有する場合、本研究科において必要な科目を修得することにより、養護教諭専修免許状を取得することができます。

その他

①看護システム管理学分野で必要科目を履修すれば認定看護管理者の認定審査を受ける資格が得られます。(詳細については個別説明をします)
②本課程は教育訓練給付金制度の対象となります。
※雇用保険の加入期間が3年以上(初回は1年以上)ある等の条件を満たしていることが必要です。

PAGE TOP