大学院 看護学研究科(博士前期課程)入試概要

大学院 看護学研究科(博士前期課程)入試概要

アドミッションポリシー

 本学大学院看護学研究科博士前期課程では、教育理念である高度な専門的知識を発展させ、看護の研究的視点をもつ看護実践者であり、更に臨地教育・指導が出来る人材を育成することを目的としています。
 このような目的を達成するため、アドミッションポリシーを次のように定めています。
(1)
 看護学及び関連領域の基礎的な知識や技術を有する者
(2)
 看護学を探求できる科学的な思考能力を有する者
(3)
 豊かな感受性と高い倫理観をもって看護の向上に寄与する者
入試区分 募集
人員
試験科目等 試験
会場
出願期間 試験日 合格発表日
一般入学試験
Ⅰ期
6名
  • ・英語
  • ・専門科目
    (看護一般)
  • ・面接
本学 2018/8/29(水)~
9/5(水)
※必着
2018/9/15(土) 2018/9/22(土)
一般入学試験
Ⅱ期
2019/2/6(水)~
2/13(水)
※必着
2019/2/23(土) 2019/2/27(水)
社会人入学試験
Ⅰ期
  • ・小論文
  • ・面接
2018/8/29(水)~
9/5(水)
※必着
2018/9/15(土) 2018/9/22(土)
社会人入学試験
Ⅱ期
2019/2/6(水)~
2/13(水)
※必着
2019/2/23(土) 2019/2/27(水)
社会人キャリア推薦入学試験
Ⅰ期
  • ・口頭試問
2018/8/29(水)~
9/5(水)
※必着
2018/9/15(土) 2018/9/22(土)
社会人キャリア推薦入学試験
Ⅱ期
2019/2/6(水)~
2/13(水)
※必着
2019/2/23(土) 2019/2/27(水)

出願資格

一般入学試験 入学時点において看護師、保健師、助産師、養護教諭(看護師免許を取得又は取得見込であること)のいずれかの免許を取得又は平成31年3月31日までに取得見込みの者で、次の各号のいずれかに該当する者。
(1)学校教育法第83条に定める大学(以下「大学」という。)を卒業した者又は平成31年3月31日までに卒業見込みの者
(2)学校教育法第104条第4項の規定により学士の学位を授与された者又は平成31年3月31日までに授与される見込みの者
(3)外国において、学校教育における16年の課程を修了した者又は平成31年3月31日までに修了見込みの者
(4)外国の学校が行う通信教育における授業科目をわが国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者又は平成31年3月31日までに修了見込みの者
(5)専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であること、その他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者又は平成31年3月31日までに修了見込みの者
(6)文部科学大臣の指定した者(昭和28年2月7日文部省告示第5号)
(7)その他本研究科において、個別の出願資格審査により大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、平成31年4月1日までに満22歳に達した者
※出願資格(7)により出願を希望する方は、出願前に出願資格の事前審査を受ける必要があります。募集要項の「出願資格の事前審査」の手順にそって、審査を受けてください。
※出願資格(3)~(5)による出願を希望する方は、必ず出願前に、本学入試センター(TEL0791-46-2500)まで事前照会してください。
社会人入学試験 次のA・Bの両条件を満たす者
A.看護師、保健師、助産師、養護教諭(看護師免許を取得又は取得見込であること)のいずれかの免許を有し、入学時点で当該免許にかかわる3年以上の実務経験を有する者。
B.次の各号のいずれかに該当する者
(1)学校教育法第83条に定める大学(以下「大学」という。)を卒業した者又は平成31年3月31日までに卒業見込みの者
(2)学校教育法第104条第4項の規定により学士の学位を授与された者又は平成31年3月31日までに授与される見込みの者
(3)外国において、学校教育における16年の課程を修了した者又は平成31年3月31日までに修了見込みの者
(4)外国の学校が行う通信教育における授業科目をわが国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者又は平成31年3月31日までに修了見込みの者
(5)専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であること、その他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者
(6)文部科学大臣の指定した者(昭和28年2月7日文部省告示第5号)
(7)その他本研究科において、個別の出願資格審査により大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者
※出願資格(7)により出願を希望する方は、出願前に出願資格の事前審査を受ける必要があります。募集要項の「出願資格の事前審査」の手順にそって、審査を受けてください。
※出願資格(3)~(5)による出願を希望する方は、必ず出願前に、本学入試センター(TEL0791-46-2500)まで事前照会してください。
社会人キャリア
推薦入学試験
次のA・Bの両条件を満たす者
A.看護師、保健師、助産師、養護教諭(看護師免許を取得又は取得見込であること)のいずれかの免許を有し、保健・看護管理者等のキャリアを有する者で、所属機関・施設の長の推薦がある者。
B.次の各号のいずれかに該当する者
(1)学校教育法第83条に定める大学(以下「大学」という。)を卒業した者又は平成31年3月31日までに卒業見込みの者
(2)学校教育法第104条第4項の規定により学士の学位を授与された者又は平成31年3月31日までに授与される見込みの者
(3)外国において、学校教育における16年の課程を修了した者又は平成31年3月31日までに修了見込みの者
(4)外国の学校が行う通信教育における授業科目をわが国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者又は平成31年3月31日までに修了見込みの者
(5)専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であること、その他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者
(6)文部科学大臣の指定した者(昭和28年2月7日文部省告示第5号)
(7)その他本研究科において、個別の出願資格審査により大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者
※出願資格(7)により出願を希望する方は、出願前に出願資格の事前審査を受ける必要があります。募集要項の「出願資格の事前審査」の手順にそって、審査を受けてください。
※出願資格(3)~(5)による出願を希望する方は、必ず出願前に、本学入試センター(TEL0791-46-2500)まで事前照会してください。

 

指導教員との事前相談

 出願を希望する方は、出願前に必ず、希望する領域の指導教員の連絡先(学生募集要項記載)に直接メールにて連絡をお願いします。指導教員とは、研究計画等について事前相談を行っていただきます。指導教員の業績・研究課題は、ホームページで確認してください。

大学院看護学研究科(博士前期課程)募集要項 ダウンロードPDFダウンロード

研究計画書 ダウンロードwordダウンロード

志願理由書 ダウンロードwordダウンロード

社会人キャリア推薦入試 推薦書 ダウンロードwordダウンロード

出願資格審査申請書 ダウンロードwordダウンロード

入学願書 ダウンロードwordダウンロード

試験会場案内pdfダウンロード

PAGE TOP