教員紹介

中村 剛
【氏名】
中村 剛
【ふりがな】
なかむら たけし
【所属・職位】
学部長/教授
【学位の名称】
博士(学術)・修士(社会福祉学)
【学歴】
大阪大学大学院文学研究科文化形態論(臨床哲学)専攻 博士後期課程終了 

研究活動

【研究活動(専門分野)】
社会福祉原論 福祉哲学 ソーシャルワーク
【研究分野(キーワード)】
社会福祉学 倫理 正義 哲学 ソーシャルワーク
【主要所属学会】
日本社会福祉学会
【著書】
①福祉哲学に基づく社会福祉学の構想-社会福祉学原論,みらい(2015)単著
②福祉哲学の継承と再生―社会福祉の経験をいま問い直す,ミネルヴァ書房(2014)単著
③福祉哲学の構想-福祉の思考空間を切り拓く,みらい(2009)単著
④井深八重の生涯に学ぶ-“ほんとうの幸福”とは何か,あいり出版(2009)単著
⑤これがソーシャルワークという仕事です,みらい(2016)編著
【論文】
①社会福祉における固有な人間理解-存在者・存在・他者という3つの次元から,社会福祉学47(2),3~15(2006) 単著
②社会福祉における倫理-福祉原理試論,社会福祉学49(1), 5~17(2008) 単著
③社会福祉における正義-「仕方ない」から「不正義の経験」へ,社会福祉学49(2),3~15(2008)単著
④福祉思想としての新たな公的責任-「自己責任論」を超克する福祉思想の形成,社会福祉学51(3),5~17(2010) 単著
⑤社会福祉における承認の重要性-A.ホネットの承認論を理論的基盤として,社会福祉研究111,85-91 (2011)単著
【学会発表等】
①福祉哲学の枠組みとプロセス-社会福祉の経験を巡る思考の循環運動,日本社会福祉学会(2013)単独(特定課題セッションにおける報告
②実習教育における「教育の質」マネジメントシステムの構築:日本社会福祉学会(2006)共同
③社会福祉に対する主体的理解の試み-阿部志郎の福祉思想をもとに,日本社会福祉学会(2004)単独
【現在の研究テーマ】
①福祉哲学に基づく社会福祉学の構築
②福祉現場で活用できるソーシャルワーク
③教養を基盤にしたソーシャルワーク教育
【科学研究費補助による研究】
北欧ケアの実施調査に基づく理論的基礎と哲学的背景の研究(2010年度~2012年度)
【学会賞等の受賞暦】
日本福祉図書文献学会学術賞、『人間福祉の基礎研究』により受賞(2008年度)
日本社会福祉学会 学会賞(学術賞)『福祉哲学の継承と再生』により受賞(2015年度)

教育活動

【担当授業科目(学部)】
生と死の教育 社会福祉学原論Ⅰ・Ⅱ 福祉哲学
演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ 社会福祉演習Ⅰ・Ⅱ 社会福祉実習指導Ⅰ・Ⅱ 社会福祉実習  
【担当授業科目(大学院)】
社会福祉学研究特講 社会福祉学研究演習 福祉哲学研究特講
【作成した教科書・参考書・教材】
社会福祉学原論-脱構築としての社会福祉学,みらい(2010)単著
【学生指導(クラス担任)】
演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

社会活動

【学外の社会貢献活動】
社会福祉法人愛心福祉会 理事・評議員
【学外の審議会・委員会等への参画】
社会福祉法人愛心福祉会 理事・評議員
【学外における講演・研修会講師など】
①福祉哲学の継承と再生―福祉哲学と社会福祉学―,日本社会福祉学会第64回春季大会:学術賞受賞者講演(2016)単独
②“あなた”は大切な存在です―承認により見えてくる風景―兵庫県立西宮高等学校平成27年度保健講演会(2016)

学内活動

【特筆すべき部・サークル活動の指導】
サッカー部顧問

広報活動

【模擬講義等の実績】
①金光大阪高等学校
②上郡高等学校
【高校生・社会人に対する実施可能な出張講義・講演等】
①福祉の哲学・思想
②ソーシャルワークという仕事
【助言・支援可能な活動の分野等】
社会福祉施設の実践
【マスコミ(新聞・TV等)へのコメント可能テーマ】
福祉の哲学・思想

その他

【自己紹介】
福祉現場の経験と哲学という営みを通して、社会福祉の根拠となる「知」を明らかにしたいと思っています。
PAGE TOP