医療福祉コース

社会福祉学科 医療福祉コース

取得できる資格・免許

社会福祉士と精神医療福祉士のダブル取得が可能

国家試験合格状況

社会福祉士合格率と精神保健福祉士合格率
社会福祉を“本気で”学ぶなら関西福祉大学。
地域での体験型学習、魅力ある教師陣が高い合格率・就職率を実現します。

これまで蓄積してきた本学の国家試験対策のノウハウに加え、2017年度からは対策講座のさらなる充実と、試験対策を先輩・後輩で学び合う「チューター制度」の導入をしました。また、こうした試験対策をする仕組みだけでなく、学年問わず学生が交流し学び合う大学の雰囲気や、ゼミの先生(担任の先生)の親身で熱意ある関わりが合格率の高さにも結びついています。
 
 

医療福祉コースの強み

医療福祉コースの強み
医療と福祉の両面にわたる理解を深め、従来の枠組みを越えた支援を可能にする
例えば、認知症高齢者への支援は現在の社会において重要なテーマとなっています。では、「認知症高齢者」とは、高齢者という福祉の領域で考えるべきなのか?あるいは、「認知症」という医療の領域で考えるべきなのか?ここに、医療と福祉の両面を学ぶことの大きな意味があります。
すなわち、高齢者や認知症というそれぞれの単独の視点では十分とらえきれない、複雑で多様な課題が生まれてきているのです。そこで、医療福祉コースでは2つの領域に対して理解を深めていき、従来の枠組みを越えたきめ細かな支援の立案・提供を行える人材を育成します。それは、今の世の中から大きな期待が寄せられている人材に他なりません。
 

医療福祉コースでめざす未来

医療ソーシャルワーカー、精神科ソーシャルワーカー

PICK UP

コミュニティ・アワー 福祉インターンシップ
PAGE TOP