コラム

「大切なこと」をスケッチする⑦ ―違いの配慮と自尊心の尊重―

 
「福は内、鬼は外」という言葉があります。

この言葉が示すように、日本には内=家庭、外=家庭の外、という区別があります。

これに対応するのが公私です。
「私」は私事、家庭などの内輪、「公」はそれらの外部を意味します。
具体的には、地域、学校、職場、アルバイト先などです。
公の場の多くは役割分担がされています。

しかし、なかには必要だけれど、担当が決まっていないものがあります。

例えば、PTAや自治会の役員、あるいは、地域にいる民生委員です。それらは、「誰かがしなければならない公共の事柄」です。

こうした「公共の事柄」に関することで、悲しい出来事が起こってしまいました。

以下、毎日新聞の記事です
(https://mainichi.jp/articles/20200731/k00/00m/040/044000c 2020年8月1日閲覧)
 
~~~~~
知的・精神障害がある男性(当時36歳)が1人暮らしをしていた大阪市内の市営住宅では、2019年11月、自治会の班長を住民同士がくじ引きで選ぶことになった。
男性は障害を理由に選考から外してもらうよう役員らに求めたが、「特別扱いできない」と聞き入れられなかった。
役員らは集会所で男性と対応を話し合った際、障害があることや日常生活への影響を記すよう要求。
男性が書面を作成すると、役員らは他の住民にも書面を見せて男性のことを紹介すると説明したという。
翌日の11月25日、男性は自宅で命を絶った。
書面は便箋2枚に手書きでつづられ、「しょうがいか(が)あります」という言葉で始まる。
「おかねのけいさんはできません」「ひとがたくさんいるとこわくてにげたくなります」「ごみのぶんべつができません」などと苦手なことを列挙し、文頭に×印を付けた。「となりにかいらんをまわすことはできます」などと、可能なことには○印を付けたとみられる。
……中略……
近くに住む兄(41)によると、亡くなる前夜、男性は「言いたくないことまで根掘り葉掘り書かされた。さらし者にされる」とため息交じりに話し、落ち込んでいたという。
~~~~~
 
自治会の役員の人は、その人を、障がいがあるからといって特別視せず、公平に対応しようとしたのでしょう。
とはいえ、ここには明らかに欠けていることがあります。それは、

(1)それぞれの人の立場に立って考えるという配慮
(2)その人の自尊心の尊重です。自分のできないことをいろいろと書かされ、それを自分が住んでいる人たちに曝されることは、恥ずかしく、自尊心を大きく傷つけられる

ことです。男性にとってそれは死を選ぶほど辛いことだったのです。

地域で共に暮らすためには、一人ひとりの違いを配慮し、かつ、自尊心を尊重することが大切です。

こうした考えが地域に浸透し、同じことが繰り返されないようにするためにはどうすればいいのでしょうか。

地域で暮らす私たち一人ひとりに、この問いについて考える責任があると感じます。

最後になりましたが、亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。
 

この記事を書いた人
中村 剛
中村 剛 - なかむら たけし -
福祉現場の経験と哲学という営みを通して、社会福祉の根拠となる「知」を明らかにしたいと思っています。

RELATED POST関連記事

  • 新型コロナが私たちに気づかせてくれたこと「ホームの貧しさ」
    「ステイ・ホーム」についてである。 これまでの感染症に対する人類の対処方法は、隔離(isolating)と集中(concentrating)に集約される。「おうちにいましょう」は隔離と集中の自主的な形 [...続きを読む]
  • 男性介護者のストレス軽減のためのヒントについて
    私は、社会福祉士および認知症ケア指導管理士の資格を持っています。 主な研究分野として、男性介護者による介護に対して、地域包括支援センターの社会福祉士がいかなる支援をすればよいのかなどについて、研究を行 [...続きを読む]
  • 「新型コロナと福祉思想」その1―ICT社会としんがりの思想―
    新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため大学でもオンライン授業が中心となり、会議もZoomが使われています。 また、情報の共有や伝達にはMicrosoft Teamsが使われるようになりました。 いま、 [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 「嫌いではない」ことの価値をあげよう!
      「〇〇は好き?」と尋ねられたら、どう答えますか? 僕は、自分の答えに自信がなくて困る時があります。 例えば、「好き」ではあるけれど「大好き」という程ではない場合や、「〇〇も好きだけど、今 [...続きを読む]
  • 正しいは怖い③ 被害から自分を守ろう!
      今回は、虐待やハラスメントを受けた側について書きます。 そもそも、攻撃を受けることは苦痛です。 安心や安全がおびやかされる状況であり、誰でも早く逃れたいと思うでしょう。 選択肢としては相 [...続きを読む]
  • 援助という後ろめたさ
      コラム投稿も第4回目となります。 第1回目は、援助関係には不平等性が潜在しており、人の支援をしようとする者は、それに気づく、心の細やかさが大切だというお話を書きました。【第1回コラム(リ [...続きを読む]
PAGE TOP