コラム

「大切なこと」をスケッチする⑦ ―違いの配慮と自尊心の尊重―

 
「福は内、鬼は外」という言葉があります。

この言葉が示すように、日本には内=家庭、外=家庭の外、という区別があります。

これに対応するのが公私です。
「私」は私事、家庭などの内輪、「公」はそれらの外部を意味します。
具体的には、地域、学校、職場、アルバイト先などです。
公の場の多くは役割分担がされています。

しかし、なかには必要だけれど、担当が決まっていないものがあります。

例えば、PTAや自治会の役員、あるいは、地域にいる民生委員です。それらは、「誰かがしなければならない公共の事柄」です。

こうした「公共の事柄」に関することで、悲しい出来事が起こってしまいました。

以下、毎日新聞の記事です
(https://mainichi.jp/articles/20200731/k00/00m/040/044000c 2020年8月1日閲覧)
 
~~~~~
知的・精神障害がある男性(当時36歳)が1人暮らしをしていた大阪市内の市営住宅では、2019年11月、自治会の班長を住民同士がくじ引きで選ぶことになった。
男性は障害を理由に選考から外してもらうよう役員らに求めたが、「特別扱いできない」と聞き入れられなかった。
役員らは集会所で男性と対応を話し合った際、障害があることや日常生活への影響を記すよう要求。
男性が書面を作成すると、役員らは他の住民にも書面を見せて男性のことを紹介すると説明したという。
翌日の11月25日、男性は自宅で命を絶った。
書面は便箋2枚に手書きでつづられ、「しょうがいか(が)あります」という言葉で始まる。
「おかねのけいさんはできません」「ひとがたくさんいるとこわくてにげたくなります」「ごみのぶんべつができません」などと苦手なことを列挙し、文頭に×印を付けた。「となりにかいらんをまわすことはできます」などと、可能なことには○印を付けたとみられる。
……中略……
近くに住む兄(41)によると、亡くなる前夜、男性は「言いたくないことまで根掘り葉掘り書かされた。さらし者にされる」とため息交じりに話し、落ち込んでいたという。
~~~~~
 
自治会の役員の人は、その人を、障がいがあるからといって特別視せず、公平に対応しようとしたのでしょう。
とはいえ、ここには明らかに欠けていることがあります。それは、

(1)それぞれの人の立場に立って考えるという配慮
(2)その人の自尊心の尊重です。自分のできないことをいろいろと書かされ、それを自分が住んでいる人たちに曝されることは、恥ずかしく、自尊心を大きく傷つけられる

ことです。男性にとってそれは死を選ぶほど辛いことだったのです。

地域で共に暮らすためには、一人ひとりの違いを配慮し、かつ、自尊心を尊重することが大切です。

こうした考えが地域に浸透し、同じことが繰り返されないようにするためにはどうすればいいのでしょうか。

地域で暮らす私たち一人ひとりに、この問いについて考える責任があると感じます。

最後になりましたが、亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。
 

この記事を書いた人
中村 剛
中村 剛 - なかむら たけし -
福祉現場の経験と哲学という営みを通して、社会福祉の根拠となる「知」を明らかにしたいと思っています。

RELATED POST関連記事

  • 海外経験で得たもの
      私は、23歳から30歳までヨーロッパ各国でのバレーボールの武者修行に行っていました。 若い時から、漠然と「ただ一時的に海外旅行へ行くのではなく、海外に住んで、違う文化で暮らしている人達が [...続きを読む]
  • 自分が生まれてきた理由(意味)―私の幸福論
    自分が生まれてきた理由(意味)は何だろう。 普段、こんなことを考える人はめったにいないと思います。この手の問いを考えるのは、なんらかの理由で悩んでいる人か、文学や哲学が好きな若者と相場が決まっています [...続きを読む]
  • 「講義のオンライン化」は「オンライン講義」か②
      さて、covid-19の影響を大いに受けた一年が終わりを迎えました。 訳もわからず突っ走ってきたオンライン講義でした。 この機会に少し立ち止まってふり返ってみたいと思います。 大学の講義 [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 子どもの「レジリエンス」という視点
      前回のコラムでは不適切な養育のもとに育った子どもたちの愛着について書きました。 今回は最近よく聞くようになった「レジリエンス」について書きたいと思います。 一般的にレジリエンスとは「ここ [...続きを読む]
  • 30年前の願い:オリジナル応援ソングに込めた想いとは
      辛いとき、悲しいとき、苦しいとき、その人を癒やしてくれるもの、元気づけてくれるものに歌という音楽があるのではないでしょうか。 それはある方にとってはポップかもしれないしロックかもしれませ [...続きを読む]
  • 僕の歩く道
      「僕の歩く道」は2006年に放送されたドラマで、自閉症の30代の青年である大竹輝明さんが主人公である。 少し古いドラマであるが、今観ても多くの学びや気づきが得られる。 大竹さんは職場での [...続きを読む]
PAGE TOP