コラム

なぜ社会福祉学部で政策やビジネスを学ぶのか

 
タイトル、2024年4月から関西福祉学部社会福祉学部社会福祉学科では、新たに社会マネジメント専攻が立ち上がります。

「そうなんだー。」と納得される方もいるかと思いますが、多くの方が「なんで?」と疑問に思うのではないでしょうか。

今回はその疑問に対して、私個人の考えを綴らせていただこうと思います。

私自身は、社会福祉学部で政策やビジネスなどについて学ぶ意味は大きく二つあると考えています。

一つ目は、よりよいソーシャルワーク実践を展開するためです。
日本では、様々な法律・福祉制度が整備されています。
しかしこれは裏を返せば、制度の網にかからない人に対しては支援の手が届きづらい、ということでもあります。
制度の網にかからない人々に対しては、税金を使った従来の社会福祉サービスは提供できず、独自で活動を行うためのお金が必要です。
そのため、社会福祉に従事する人々も活動資金を集める、「ファンドレイジング」の術が必要となるのです。
また、寄付や助成金、補助金を得るためには、「支援者の想い」に加え、「事業の計画性」などといった根拠(エビデンス)が求められます。

この点については、ビジネス的思考から大いにヒントを得ることができるのです。
 
二つ目は、ソーシャルワークを理解した企業人を輩出するためです。
近年はSDGsをはじめとし、エシカル消費・フェアトレード・ジェンダー平等・カーボンニュートラルなどのキーワードとともに多くの企業が環境問題や社会問題に対し、取り組みを進めています。

これらは社会福祉・ソーシャルワークと関連が高い話題です。
しかし、これらのキーワードは企業アピールの道具として取り扱われ、その取り組みが内容を伴っていない、ということになりうる危険性も孕んでいます。
その場に、ソーシャルワークを理解した企業人がいれば、取り組みの本来の意味を間違えることなく、より良い社会の実現に向けた取り組みが進められるのではないかと思っています。

以上、社会福祉学部社会福祉学科で政策やビジネスを学ぶ意味、社会マネジメント専攻の意義について、私見を述べてみました。
おそらく異なった考えをお持ちの方もいるでしょう。

ただ、個人的にはソーシャルワークの視点を持った人が、様々な場所で活躍することと想像するととてもワクワクします。

そんな妄想に近い想像を膨らませながら、今後も学生と関わっていければと思います。

この記事を書いた人

RELATED POST関連記事

  • 新型コロナが私たちに気づかせてくれたこと「ホームの貧しさ」
    「ステイ・ホーム」についてである。 これまでの感染症に対する人類の対処方法は、隔離(isolating)と集中(concentrating)に集約される。「おうちにいましょう」は隔離と集中の自主的な形 [...続きを読む]
  • 自粛警察
      新型コロナ感染症の拡大を防止するために、緊急事態宣言下では、飲食店の営業等の自粛や外出自粛が要請されています。 しかし、この営業自粛や外出自粛の要請に応じない、あるいは応じていないと思わ [...続きを読む]
  • 谷口ゼミの実践領域
    最近の活動では、 「障害者の高齢化に伴うさまざまな課題への対応」と 「障害者虐待に係る対応」 が中心となっています。 障害者の高齢化により、わが国の法制にはいくつもの狭間や課題があること、法制以上に私 [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • なぜ社会福祉学部で政策やビジネスを学ぶのか
      タイトル、2024年4月から関西福祉学部社会福祉学部社会福祉学科では、新たに社会マネジメント専攻が立ち上がります。 「そうなんだー。」と納得される方もいるかと思いますが、多くの方が「なん [...続きを読む]
  • 本学伝統のコミュニティアワーのテーマに関する覚書(前編)
      関西福祉大学(の社会福祉学部社会福祉学科)が開学以来ずっと行ってきているユニークな教育プログラム、それが「コミュニティアワー」です。 教室を飛び出して、地域社会全体をフィールドに展開する [...続きを読む]
  • 「推し」の心理
      近年、「推し」ということをよく耳にします。 アイドルや芸能人を指して「私の推しは〇〇」という発言や、大人気アニメのタイトルにも用いられています。 それ程までに一般化した「推し」とは、どの [...続きを読む]
PAGE TOP