コラム

忘れられない自閉症児との出会い

 
私が「児童相談所」に勤めている時の話です。

当時、アメリカのベッテルハイム博士は、「自閉症とは、冷たく拒否的で冷蔵庫のような心をもった母親(冷蔵庫マザー:refrigerator mother)に対して、心を閉ざしてしまった子どもの『情緒障害』である」と言っていました。

私は週1回、自閉症の5歳の女の児に「プレイセラピー(心理療法の一つで遊戯療法とも言う)」を行っていました。
非指示的・絶対受容的な態度で関わっていましたが、なかなか行動が改善せず、悩んでいました。

そんな折、上司から「やる気があるのなら家庭に入りなさい」と言われ、保護者の了解を得て家庭に入りました。

それから丸4年、月曜日から金曜日までの家庭療育が始まりました。
女の児の言葉はオウム返しのみでコミュニケーションはとれず、少しでも意にそぐわないと「パニック(奇声、顔をひっかくなど)」を起こし、家族は途方に暮れていました。

私は「生活療法」を行いました。非指示的・絶対受容的な態度ではなく、何をすべきかをわかりやすく明確に伝え、パニックを起こしても、淡々とすべきことをやらせるというものです。
日課として、マラソン、食事、入浴、就寝指導を行いました。
指示がなかなか通らず、悪戦苦闘の日々が続きましたが、ある日の食事指導を契機に指示が通りやすくなりました。
その食事指導は、女の児が食べるのを拒否し、奇声をあげ、自分の顔をひっかいても、私の腕に嚙みついても、食べさせるというものでした。
女の子が完食した時には、女の子を褒めちぎりました。
その時の様子は今でも鮮明に覚えています。

私の腕にはその時に噛まれた歯形がくっきりと残っています。

それまでは、家族や周りの人は女の児がパニックを起こすと、女の児のしたいことを許してしまうという状態でした。
それでは、社会に適応できません。
その後、小学校に入学し、文字や計算などの学習指導が生活療法に加わりました。

私は女の児との関わりを通じて、「忍耐・根気・体力」が大切なことを学びました。

この記事を書いた人
佐伯 文昭
佐伯 文昭 - さえき ふみあき -

RELATED POST関連記事

  • コーチング学って何? -体力やトレーニング効果を数字で表す-
    体育・スポーツに関する学問には様々なものがあります。 社会科学系では、体育哲学、スポーツ社会学、スポーツ心理学など、自然科学系では運動生理学、バイオメカニクス、スポーツ医学など、その分野は多岐にわたり [...続きを読む]
  • 最近の学生について思うこと
      本学の一期生は今40代となり、家庭で、社会で奮闘している。 そうした卒業生と話す機会に、よく「先生、最近の学生はどうですか」と聞かれる。 一期生が学生だったころと比べて、何が変わっただろ [...続きを読む]
  • 新型コロナが私たちに気づかせてくれたこと「ホームの貧しさ」
    「ステイ・ホーム」についてである。 これまでの感染症に対する人類の対処方法は、隔離(isolating)と集中(concentrating)に集約される。「おうちにいましょう」は隔離と集中の自主的な形 [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 大切なことをスケッチする⑨ ー学生たちが宿している知性と大学教育の基本ー
      授業の中で、時々、学生たちの素晴らしい知性や感性に感銘を受けることがあります。 その一例を紹介したいと思います。 実践的教養論という授業があります。 「実践的」な学びをするため、10月か [...続きを読む]
  • 「感性」を磨く
      人間は集団を構成して生活をしています。 その最大が社会です。 人数が多くなればなるほどトラブルが多発するので、社会にはさまざまなルールが設けられています。 そのルールは、大多数の人が受け [...続きを読む]
  • 忘れられない自閉症児との出会い
      私が「児童相談所」に勤めている時の話です。 当時、アメリカのベッテルハイム博士は、「自閉症とは、冷たく拒否的で冷蔵庫のような心をもった母親(冷蔵庫マザー:refrigerator mot [...続きを読む]
PAGE TOP