コラム

ボランティアから得られるもの(後編)

 
前編(リンク)でもお話しした通り、ボランティアは自発的な活動です。

しかし、自分 1 人で行動することはハードルが高く、「誰かに誘われて」「声をかけてもらって」始める人も少なくありません。
実は、私自身も先輩から「ボランティアを一緒にやってみない?」と声をかけてもらったことがきっかけでボランティアを始めました。
ボランティアは原則無償で行うものですが、得られるものも多くありました。
今回は、ボランティア活動を行うことで得られるものを私自身の経験から紹介したいと思います。

1点目は、当事者との出会いです。
私自身は、障害福祉関係のボランティア活動をしていました。
ボランティアを通じて当事者、ご家族と知り合う機会が多くありました。
当事者の視点から語られる言葉には強さがあり、心に響くものがありました。

この経験から、当事者の視点で考えることの大切さを学びました。
現在は大学に勤務していますが、根底にある福祉の問題意識の原点は、ボランティアの経験があると思います。

2点目は、仲間です。
気軽な気持ちで始めたボランティアですが、そのボランティアを通じて、一緒に楽しく活動ができる仲間ができました。
私がしていた活動は「自分が出来る時に」「できるだけ」の小さな活動でしたが、それぞれのボランティアが得意なことを活かすことで、みんなが活き活きと楽しく活動することが出来ました。

そしてその活動を通して喜んでもらえる人がいることは、とてもうれしいことでした。

一人でできることは限られていますが、仲間がいることで大きなことを成し遂げられることを実感しました。

私自身はボランティアを行うことで、得られるものが大きかったと思います。
ボランティアの魅力は、相手が喜んでくれてそのことで自分も嬉しいということ。
つまり、ボランティアをする側と受け入れる側がお互いに影響を与え合い、無償であるけれどもお互いに得られるものがある互恵的な関係にあると私は思います。

コロナ禍ではありますが、感染対策を行った上での活動やコロナ禍ならではの活動も増えています。
ICTを駆使した活動もあります。
興味があれば、ぜひチャレンジしてみてほしいです。
 

この記事を書いた人
萬代 由希子
萬代 由希子 - まんだい ゆきこ -

RELATED POST関連記事

  • 正しいはコワイ① 「正しさ」は攻撃性にもなる
    体罰やパワハラ、DVや児童虐待などは、近年、社会的な注目が集まっていますが、同様の暴力事案は後を絶ちません。 その加害者は、周囲が驚くほどの強い怒りと攻撃的言動(暴言・暴力)を示すと同時に、「あれは指 [...続きを読む]
  • カナダ バンクーバー研修記(後編)
    後編は、研修プログラムについてご紹介したいと思います。 プログラムの柱は、 〇英語研修 〇福祉施設交流訪問・医療機関視察 〇デイケア(保育園)におけるボランティア の3つでした。 英語研修は、キャンパ [...続きを読む]
  • コーチング学って何? -体力やトレーニング効果を数字で表す-
    体育・スポーツに関する学問には様々なものがあります。 社会科学系では、体育哲学、スポーツ社会学、スポーツ心理学など、自然科学系では運動生理学、バイオメカニクス、スポーツ医学など、その分野は多岐にわたり [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 「嫌いではない」ことの価値をあげよう!
      「〇〇は好き?」と尋ねられたら、どう答えますか? 僕は、自分の答えに自信がなくて困る時があります。 例えば、「好き」ではあるけれど「大好き」という程ではない場合や、「〇〇も好きだけど、今 [...続きを読む]
  • 正しいは怖い③ 被害から自分を守ろう!
      今回は、虐待やハラスメントを受けた側について書きます。 そもそも、攻撃を受けることは苦痛です。 安心や安全がおびやかされる状況であり、誰でも早く逃れたいと思うでしょう。 選択肢としては相 [...続きを読む]
  • 援助という後ろめたさ
      コラム投稿も第4回目となります。 第1回目は、援助関係には不平等性が潜在しており、人の支援をしようとする者は、それに気づく、心の細やかさが大切だというお話を書きました。【第1回コラム(リ [...続きを読む]
PAGE TOP