コラム

ボランティアから得られるもの(後編)

 
前編(リンク)でもお話しした通り、ボランティアは自発的な活動です。

しかし、自分 1 人で行動することはハードルが高く、「誰かに誘われて」「声をかけてもらって」始める人も少なくありません。
実は、私自身も先輩から「ボランティアを一緒にやってみない?」と声をかけてもらったことがきっかけでボランティアを始めました。
ボランティアは原則無償で行うものですが、得られるものも多くありました。
今回は、ボランティア活動を行うことで得られるものを私自身の経験から紹介したいと思います。

1点目は、当事者との出会いです。
私自身は、障害福祉関係のボランティア活動をしていました。
ボランティアを通じて当事者、ご家族と知り合う機会が多くありました。
当事者の視点から語られる言葉には強さがあり、心に響くものがありました。

この経験から、当事者の視点で考えることの大切さを学びました。
現在は大学に勤務していますが、根底にある福祉の問題意識の原点は、ボランティアの経験があると思います。

2点目は、仲間です。
気軽な気持ちで始めたボランティアですが、そのボランティアを通じて、一緒に楽しく活動ができる仲間ができました。
私がしていた活動は「自分が出来る時に」「できるだけ」の小さな活動でしたが、それぞれのボランティアが得意なことを活かすことで、みんなが活き活きと楽しく活動することが出来ました。

そしてその活動を通して喜んでもらえる人がいることは、とてもうれしいことでした。

一人でできることは限られていますが、仲間がいることで大きなことを成し遂げられることを実感しました。

私自身はボランティアを行うことで、得られるものが大きかったと思います。
ボランティアの魅力は、相手が喜んでくれてそのことで自分も嬉しいということ。
つまり、ボランティアをする側と受け入れる側がお互いに影響を与え合い、無償であるけれどもお互いに得られるものがある互恵的な関係にあると私は思います。

コロナ禍ではありますが、感染対策を行った上での活動やコロナ禍ならではの活動も増えています。
ICTを駆使した活動もあります。
興味があれば、ぜひチャレンジしてみてほしいです。
 

この記事を書いた人
萬代 由希子
萬代 由希子 - まんだい ゆきこ -

RELATED POST関連記事

  • ボランティアから得られるもの(前編)
      大学に入ったら始めてみようと思うことに、「ボランティア」を挙げる学生さんがいます。 ボランティアという言葉は、ラテン語の volo(ウォロ)が語幹であり、日本語で言うと「自発性」が中核概 [...続きを読む]
  • その時その時を生きることの幸せ
    高校生諸君、世の中は思うようにいかないことが多い。 私は、幼少の頃はずっとそうだった。 5歳の時、母は死んだ。 父(後に叙勲をもらった立派な父)は居たけど、仕事ばかりで、私はほとんど関わった覚えがない [...続きを読む]
  • 「障害当事者の声」の政策反映
    2006年に国連総会において、障害者権利条約が採択されました。 障害者権利条約とは障害者の権利を実現するために国で行うべきことが決められてあり、2014年に日本も締結しています。日本では条約の内容をさ [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • スポーツは安全第一
      楽しく、刺激的な身体活動であるスポーツは、様々なルールという制約の下、人間の精神力・身体能力の限界を競ったり、身体や道具を巧みに操る能力を競うことで成立しています。 スポーツをする立場、 [...続きを読む]
  • 適性は形成概念:あなたは向いている? それとも向いていない?
      看護にしても社会福祉にしても、その仕事に向いているか向いていないか、この適性の問題は大事ですよね。 ではどう捉えたらよいのでしょうか。 そもそも適性って、何なのか。 私の大学院修士課程時 [...続きを読む]
  • なぜ、勉強するのか?
      私が小学生の頃に「クイズ面白ゼミナール」という番組がありました。 「知るは楽しみなり」という司会者の一言で始まる番組です。 私もこれまでに、何度となく「なぜ、勉強するのだろう?」と考えて [...続きを読む]
PAGE TOP