コラム

ボランティアから得られるもの(後編)

 
前編(リンク)でもお話しした通り、ボランティアは自発的な活動です。

しかし、自分 1 人で行動することはハードルが高く、「誰かに誘われて」「声をかけてもらって」始める人も少なくありません。
実は、私自身も先輩から「ボランティアを一緒にやってみない?」と声をかけてもらったことがきっかけでボランティアを始めました。
ボランティアは原則無償で行うものですが、得られるものも多くありました。
今回は、ボランティア活動を行うことで得られるものを私自身の経験から紹介したいと思います。

1点目は、当事者との出会いです。
私自身は、障害福祉関係のボランティア活動をしていました。
ボランティアを通じて当事者、ご家族と知り合う機会が多くありました。
当事者の視点から語られる言葉には強さがあり、心に響くものがありました。

この経験から、当事者の視点で考えることの大切さを学びました。
現在は大学に勤務していますが、根底にある福祉の問題意識の原点は、ボランティアの経験があると思います。

2点目は、仲間です。
気軽な気持ちで始めたボランティアですが、そのボランティアを通じて、一緒に楽しく活動ができる仲間ができました。
私がしていた活動は「自分が出来る時に」「できるだけ」の小さな活動でしたが、それぞれのボランティアが得意なことを活かすことで、みんなが活き活きと楽しく活動することが出来ました。

そしてその活動を通して喜んでもらえる人がいることは、とてもうれしいことでした。

一人でできることは限られていますが、仲間がいることで大きなことを成し遂げられることを実感しました。

私自身はボランティアを行うことで、得られるものが大きかったと思います。
ボランティアの魅力は、相手が喜んでくれてそのことで自分も嬉しいということ。
つまり、ボランティアをする側と受け入れる側がお互いに影響を与え合い、無償であるけれどもお互いに得られるものがある互恵的な関係にあると私は思います。

コロナ禍ではありますが、感染対策を行った上での活動やコロナ禍ならではの活動も増えています。
ICTを駆使した活動もあります。
興味があれば、ぜひチャレンジしてみてほしいです。
 

この記事を書いた人
萬代 由希子
萬代 由希子 - まんだい ゆきこ -

RELATED POST関連記事

  • 「講義のオンライン化」は「オンライン講義」か①
      新型コロナの影響で日本全国の大学ではオンライン講義が行われています。 本学では6月になり一部対面授業が開始されたものの当面はこのような状況が続くかもしれません。 少なくとも後期も「オンラ [...続きを読む]
  • 子どもに寄り添う大切さ
      私が「児童相談所」に勤めている時の話です。 5月のある日、中学3年のMさんが母親に連れられて来られました。 来談した理由は、「不登校」です。 中学2年の2学期から登校しぶりが見られ、中学 [...続きを読む]
  • ボランティアから得られるもの(前編)
      大学に入ったら始めてみようと思うことに、「ボランティア」を挙げる学生さんがいます。 ボランティアという言葉は、ラテン語の volo(ウォロ)が語幹であり、日本語で言うと「自発性」が中核概 [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 子どもの「レジリエンス」という視点
      前回のコラムでは不適切な養育のもとに育った子どもたちの愛着について書きました。 今回は最近よく聞くようになった「レジリエンス」について書きたいと思います。 一般的にレジリエンスとは「ここ [...続きを読む]
  • 30年前の願い:オリジナル応援ソングに込めた想いとは
      辛いとき、悲しいとき、苦しいとき、その人を癒やしてくれるもの、元気づけてくれるものに歌という音楽があるのではないでしょうか。 それはある方にとってはポップかもしれないしロックかもしれませ [...続きを読む]
  • 僕の歩く道
      「僕の歩く道」は2006年に放送されたドラマで、自閉症の30代の青年である大竹輝明さんが主人公である。 少し古いドラマであるが、今観ても多くの学びや気づきが得られる。 大竹さんは職場での [...続きを読む]
PAGE TOP