コラム

“人に迷惑をかけないこと”は、難しい

10年ほど前だったか、なにかお金のかからない、手軽な趣味を持とうと思って、「古新聞・チラシへの落書き」に熱中した時期があった。

世の中、こんなことを楽しいと思う人が他にいるかどうかは、知らない。

まず、写真が載っている古新聞や折り込みチラシを用意する。
例えば、スーパーのチラシでツヤツヤ光る山盛りのプチトマト(特売、¥280)に、ボールペンで一つ一つ丁寧に老人の顔を描いていく。
落書きした後、何をするわけでもなく、古新聞の山に戻すだけである。
当時、様々な落書きパターンを生み出して一人で悦に入っていた。
「食材に顔を書く」というのが基本で、他には「力士をロボット化する」「イケメンに化粧する」などの人物パターンも開発した。
ただし、自己ルールがあって、素材とするのは、企業の広告やスーパーのチラシのみ。
悲惨な事件等の報道写真には決して手を出さない (こんなことをしている時点で、十分人から眉をひそめられることなのだが、せめてもの自己規制である)。

まあまあ達成感があり、ストレス解消になった。

 ところが、この趣味は家族に大変な不評だった。
「さて、夕飯は何にしようか」と、買い物プランを練るため何気なくスーパーのチラシを広げた妻の目に、「ハロウィーンのお化けカボチャの顔がびっしりと描かれた山盛りの卵」や、「通常の5倍はヒゲ根が生えたヤマイモ」が飛び込んできて、「気持ち悪い」と怒られた。
もっと悪いことに、子どもが学校の授業で、習字をするために家から持って行った古新聞を机に広げると、新聞全面に掲載された「商品をもってにこやかにほほ笑む女優さん」の写真に、歌舞伎役者のような隈取を描いた力作が出現するといった事態に陥ったわけである。
それで、家族会議の結果、断腸の思いで「古新聞・チラシへの落書き界」から引退することにした。

人に迷惑をかけないということは、なかなか難しい。

この記事を書いた人
岩間 文雄
岩間 文雄 - いわま ふみお -

RELATED POST関連記事

  • 「新型コロナと福祉思想」その3―差別とかけがえのなさ―
    先日テレビを見ていると、熊谷晋一郎さんが、新型コロナウイルス感染拡大予防の状況において、感染者をカテゴライズ(感染者のグループをつくる)することで生まれる差別について話をしていました。 熊谷さんが言う [...続きを読む]
  • 「嫌いではない」ことの価値をあげよう!
      「〇〇は好き?」と尋ねられたら、どう答えますか? 僕は、自分の答えに自信がなくて困る時があります。 例えば、「好き」ではあるけれど「大好き」という程ではない場合や、「〇〇も好きだけど、今 [...続きを読む]
  • 「感性」を磨く
      人間は集団を構成して生活をしています。 その最大が社会です。 人数が多くなればなるほどトラブルが多発するので、社会にはさまざまなルールが設けられています。 そのルールは、大多数の人が受け [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 研究と福祉実践の共通点
      大学教員の仕事の一つに研究活動があります。 そして、大学生のみなさんも卒業論文に取り組まれます。 大学は研究機関であり、研究によって生まれる新しい発見や価値を発信する場所だと思っています [...続きを読む]
  • スマホの利用あれこれ~コロナ禍での過ごし方~
    スマホ依存症が社会問題へ コロナ禍が始まる前から大学生だけではなく、中高年においても「スマホ依存症」が社会問題になっています。 一般的に、常にスマホを所持していて画面を確認し、何か操作していないと落ち [...続きを読む]
  • 海外経験で得たもの
      私は、23歳から30歳までヨーロッパ各国でのバレーボールの武者修行に行っていました。 若い時から、漠然と「ただ一時的に海外旅行へ行くのではなく、海外に住んで、違う文化で暮らしている人達が [...続きを読む]
PAGE TOP