コラム

子どもは認められると開花する

私が大学を卒業して勤めていた児童相談所の一時保護所での話です。

ある日、小学5年のT君が入所してきました。

入所理由は誰彼なしに大きな声で暴言を吐くので、近所の人から「『きちがい(放送禁止用語)』がいる、精神病院に入れろ!」との苦情を受け、困り果てた親が、「何とかして欲しい」とのことでした。
T君は日に焼けた元気そうな子どもでしたが、目は落ち着きなく絶えず周りに神経をとがらせているような状態でした。
周りの子どものちょっとした行動に食って掛かることが多く、周りの子どもから怖がられていました。
私は学習指導をしていましたが、T君は小学5年生ですが平仮名の読み書きが殆どできませんでした。
学校では勉強が全くできず、T君にとっては学校が苦痛でストレスが溜まっていたものと思われます。
そのストレスの発散として大きな声で誰彼なしに暴言を吐いていたのではないかと推測されます。
そこで、学習時間以外の時間もマンツーマンで平仮名を「あいうえお」から教えました。
文字が読めるようになるにつれ、表情も明るくなり、他児に暴言を吐くこともなくなりました。
当時の児童相談所では夏休みに不登校児を対象にした「10日間の合宿指導」を行い、最後の3日間はキャンプを行っていました。そのキャンプにT君も参加させていただきました。
キャンプはテントの設営から食事等のすべてを職員は手を貸さずに子どもたちがするようになっていました。
いわゆるサバイバルです。
T君はテントの設営、飯盒炊爨と他児に一言も文句を言うこともなく、黙々と働き大活躍でした。
入所時の大きな声で他の子に文句を言ったり、すねたりする状態と雲泥の差です。

子どもは大人がじっくりと関わり、自分が認められた、生きている意味があると感じた時、持っている力を発揮するのだなと思いました。

大人は子どもとじっくり関わり良い行動を大いに褒めてください。

そうすることにより子どもの能力が開花します。

この記事を書いた人

RELATED POST関連記事

  • 援助という後ろめたさ
      コラム投稿も第4回目となります。 第1回目は、援助関係には不平等性が潜在しており、人の支援をしようとする者は、それに気づく、心の細やかさが大切だというお話を書きました。【第1回コラム(リ [...続きを読む]
  • 「新型コロナと福祉思想」その3―差別とかけがえのなさ―
    先日テレビを見ていると、熊谷晋一郎さんが、新型コロナウイルス感染拡大予防の状況において、感染者をカテゴライズ(感染者のグループをつくる)することで生まれる差別について話をしていました。 熊谷さんが言う [...続きを読む]
  • 谷口ゼミの実践領域
    最近の活動では、 「障害者の高齢化に伴うさまざまな課題への対応」と 「障害者虐待に係る対応」 が中心となっています。 障害者の高齢化により、わが国の法制にはいくつもの狭間や課題があること、法制以上に私 [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 「嫌いではない」ことの価値をあげよう!
      「〇〇は好き?」と尋ねられたら、どう答えますか? 僕は、自分の答えに自信がなくて困る時があります。 例えば、「好き」ではあるけれど「大好き」という程ではない場合や、「〇〇も好きだけど、今 [...続きを読む]
  • 正しいは怖い③ 被害から自分を守ろう!
      今回は、虐待やハラスメントを受けた側について書きます。 そもそも、攻撃を受けることは苦痛です。 安心や安全がおびやかされる状況であり、誰でも早く逃れたいと思うでしょう。 選択肢としては相 [...続きを読む]
  • 援助という後ろめたさ
      コラム投稿も第4回目となります。 第1回目は、援助関係には不平等性が潜在しており、人の支援をしようとする者は、それに気づく、心の細やかさが大切だというお話を書きました。【第1回コラム(リ [...続きを読む]
PAGE TOP