コラム

子どもは認められると開花する

私が大学を卒業して勤めていた児童相談所の一時保護所での話です。

ある日、小学5年のT君が入所してきました。

入所理由は誰彼なしに大きな声で暴言を吐くので、近所の人から「『きちがい(放送禁止用語)』がいる、精神病院に入れろ!」との苦情を受け、困り果てた親が、「何とかして欲しい」とのことでした。
T君は日に焼けた元気そうな子どもでしたが、目は落ち着きなく絶えず周りに神経をとがらせているような状態でした。
周りの子どものちょっとした行動に食って掛かることが多く、周りの子どもから怖がられていました。
私は学習指導をしていましたが、T君は小学5年生ですが平仮名の読み書きが殆どできませんでした。
学校では勉強が全くできず、T君にとっては学校が苦痛でストレスが溜まっていたものと思われます。
そのストレスの発散として大きな声で誰彼なしに暴言を吐いていたのではないかと推測されます。
そこで、学習時間以外の時間もマンツーマンで平仮名を「あいうえお」から教えました。
文字が読めるようになるにつれ、表情も明るくなり、他児に暴言を吐くこともなくなりました。
当時の児童相談所では夏休みに不登校児を対象にした「10日間の合宿指導」を行い、最後の3日間はキャンプを行っていました。そのキャンプにT君も参加させていただきました。
キャンプはテントの設営から食事等のすべてを職員は手を貸さずに子どもたちがするようになっていました。
いわゆるサバイバルです。
T君はテントの設営、飯盒炊爨と他児に一言も文句を言うこともなく、黙々と働き大活躍でした。
入所時の大きな声で他の子に文句を言ったり、すねたりする状態と雲泥の差です。

子どもは大人がじっくりと関わり、自分が認められた、生きている意味があると感じた時、持っている力を発揮するのだなと思いました。

大人は子どもとじっくり関わり良い行動を大いに褒めてください。

そうすることにより子どもの能力が開花します。

この記事を書いた人

RELATED POST関連記事

  • 研究と福祉実践の共通点
      大学教員の仕事の一つに研究活動があります。 そして、大学生のみなさんも卒業論文に取り組まれます。 大学は研究機関であり、研究によって生まれる新しい発見や価値を発信する場所だと思っています [...続きを読む]
  • 「大切なこと」をスケッチする③―心で分かる、だから行動が伴う―
    楽天イーグルスのオコエ瑠偉選手のツイッターが大きな反響を呼んでいます。 オコエ選手は東京都出身でナイジェリア人の父親がいます。 保育園の頃、親の似顔絵を描く際に、先生が「肌色で塗りましょう」と言った時 [...続きを読む]
  • コロナ渦でも学生が頑張ったこと その② ~「コロナ渦でも元気で楽しく過ごす子どものコツ」冊子の制作~
      コロナ渦は大学生に心身ともに大ダメージ 新型コロナは日本において大学生に心身ともに大きなダメージを与えています。 小・中・高校生は登校できていますが、大学生は登校も叶わない時期が長く続い [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • スポーツは安全第一
      楽しく、刺激的な身体活動であるスポーツは、様々なルールという制約の下、人間の精神力・身体能力の限界を競ったり、身体や道具を巧みに操る能力を競うことで成立しています。 スポーツをする立場、 [...続きを読む]
  • 適性は形成概念:あなたは向いている? それとも向いていない?
      看護にしても社会福祉にしても、その仕事に向いているか向いていないか、この適性の問題は大事ですよね。 ではどう捉えたらよいのでしょうか。 そもそも適性って、何なのか。 私の大学院修士課程時 [...続きを読む]
  • なぜ、勉強するのか?
      私が小学生の頃に「クイズ面白ゼミナール」という番組がありました。 「知るは楽しみなり」という司会者の一言で始まる番組です。 私もこれまでに、何度となく「なぜ、勉強するのだろう?」と考えて [...続きを読む]
PAGE TOP