コラム

捕虫網でとれるもの

社会福祉学部の学生は、4年次生の夏には国家試験の勉強に本格的に取り組み始める。
研究室の一部を自習スペースとして開放しているので、初夏にはそこで毎年何人か学生が一日中根を詰めて勉強している。
それはいいのだが、人間そんなに集中力が続くわけがないので、ついにはダレてきて、おしゃべりばかりで時間が過ぎる日も出てきてしまう。
そんな時の気分転換のために、わが研究室では捕虫網をロッカーに常備している。
集中力のきれたゼミ生を、キャンパス内での「セミ捕り」に誘うのである。
大学内には、トウカエデや桜がたくさん生えている。林とまではいわないが、関西福祉大学が開学したころ植樹された若木が、20年以上経って、今ではどれも堂々たる大木に育っている。

昨夏も、「休憩にセミ捕りに行くか」というと、Mくん、Nさんが興味を示して、日焼けも気にせず、殊勝にもアラフィフのおっさんとのセミ捕りに付き合ってくれた。
しかし、その時は8月に入ったばかりでまだ時期が早かったのか、あまりセミは捕れなかった。ジージーと鳴いてはいるのだが、手の届かない高いところにとまっているのが多い。
気のせいか、盆過ぎのセミに比べて動きも素早いように感じる。汗を流しながら歩き回って、4~5匹捕れたくらいだった。

セミ捕りの一団を学内で見かけた学生の反応は、そっけない。
女子学生など「この暑いのに、あの人たちなにやってんの?」という目で遠巻きに眺めている。男子学生も、チラッとみて特に何も言わないことが多い。
ところが、Mくん、気がついて「先生、捕虫網持っていると、おじさんにやたら話しかけられますね。」といった。
確かに、「何しているんですか?」「子どものころを思い出すね~」と、中年以上の男性教職員がよく話しかけてくれる。
捕虫網は、セミ以上に「おじさんの童心」を捕まえることがわかった。

この記事を書いた人
岩間 文雄
岩間 文雄 - いわま ふみお -

RELATED POST関連記事

  • 子どもと学校、家庭、地域を結ぶ専門職「スクールソーシャルワーカー(SSW)」を養成
    ~スクールソーシャルワーカー(SSW)とは?~  勉強、友だちとの関係、家庭の問題など、誰にも言えない悩みを抱えて学校生活に適応できなくなる児童・生徒も少なくありません。時には、人間関係のもつれから不 [...続きを読む]
  • 虐待を受けた子ども達の心の傷
    近年、虐待によって幼い命が奪われるという痛ましいニュースをよく目にするようになりました。 実際、児童相談所の虐待相談対応件数は増加の一途をたどっています。 ここでは児童虐待をめぐる心の傷つきについて取 [...続きを読む]
  • 「新型コロナと福祉思想」その3―差別とかけがえのなさ―
    先日テレビを見ていると、熊谷晋一郎さんが、新型コロナウイルス感染拡大予防の状況において、感染者をカテゴライズ(感染者のグループをつくる)することで生まれる差別について話をしていました。 熊谷さんが言う [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 福祉はゴール?でもなんでもない!
      「ローマ人の物語」の作者である塩野七海さんは、著書の中で「福祉によって誇りは満たされない。」と述べています。 この言葉だけだと誤解を招く(福祉は必要ではない等)ので、今少し考えていく必要 [...続きを読む]
  • 私の愛する音楽家~バッハ~
      私が10年間かけて続けてきた活動の一つに、介護保険施設での音楽ボランティア活動があります。 音楽は演奏する側も聴衆側をも幸せにします。 今日は、私が愛してやまない音楽家バッハの生涯をたど [...続きを読む]
  • コミュニティによい実践① ~路上生活者支援~
      2020年、新型コロナウイルスの感染拡大が世界中で起こり、いつ終わりが来るのかが見えない中で、2回生のゼミも開始となりました。 谷川ゼミの理念は「コミュニティによい実践」です。 しかし、 [...続きを読む]
PAGE TOP