コラム

男性介護者のストレス軽減のためのヒントについて

私は、社会福祉士および認知症ケア指導管理士の資格を持っています。

主な研究分野として、男性介護者による介護に対して、地域包括支援センターの社会福祉士がいかなる支援をすればよいのかなどについて、研究を行っています。

介護者の心理や家族の仕組みの観点から分析し、ストレス軽減のためのヒントについて考えています。

介護をする男性は年々増加しています。

男性介護者は介護に対して抱く生き甲斐感を感じることが多いのです。
そのために、介護の役割をとても責任感強く感じ、周囲の人に支援を求めることが遅くなってしまうことなどもあることが分かっています。

それでは、周りの人や専門職はどのように支援をしていけばよいのでしょうか。

私の研究の結果、周囲の人が、男性介護者の話を、傾聴し、その話に共感していくことがもっとも大きな効果を示すということが分かりました。
具体的には、「よく介護を熱心にされていますね。その頑張る力はどのようにして身につけられたのですか」といった質問技法や「もし奇跡が起こるとします。あなたにとって問題が解決した状態とはどのようなものですか」といった質問技法を駆使しながら、男性介護者の心を解きほぐし、解決への糸口を一緒に寄り添って考えていくという姿勢が必要なのです。

私には、長い間続けている地域貢献活動があります。

それは、赤穂市内の施設に、音楽を届けるレクリエーション活動をしています。

私は、ピアノを弾くことや踊ることが大好きなので、その趣味も生かしながら、学生さんと毎年のように施設にボランティアにでかけていきます。

昔の唱歌や演歌、今はやりの曲などを利用者の方々と一緒に奏でると、自然と笑顔が出てきます。

そんな笑顔を活力としたゼミ活動も実施しています。

この記事を書いた人
一瀬 貴子
一瀬 貴子 - いっせ たかこ -

RELATED POST関連記事

  • 「大切なこと」をスケッチする⑦ ―違いの配慮と自尊心の尊重―
      「福は内、鬼は外」という言葉があります。 この言葉が示すように、日本には内=家庭、外=家庭の外、という区別があります。 これに対応するのが公私です。 「私」は私事、家庭などの内輪、「公」 [...続きを読む]
  • 社会的距離(ソーシャルディスタンス)は人の「こころ」にどのような影響を与えるか
    ~2020年1月時点で予想されなかった「パンデミック」~  2020年(令和2年)、東京オリンピックの開催に向けて希望に向けた新年を迎えました。 その時にこうした全世界のパンデミックを誰が予想したこと [...続きを読む]
  • 自分が生まれてきた理由(意味)―私の幸福論
    自分が生まれてきた理由(意味)は何だろう。 普段、こんなことを考える人はめったにいないと思います。この手の問いを考えるのは、なんらかの理由で悩んでいる人か、文学や哲学が好きな若者と相場が決まっています [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • それでも、自分のゴールにむかう ~ストレスと受け止め方の話~
      大学で勤務をしていると、卒業生から連絡が入ったり、研究室に顔を見せにきてくれたりすることがあります。 社会人になって、元気に過ごしているという近況報告もあれば、少し働くことが辛くなってき [...続きを読む]
  • 「講義のオンライン化」は「オンライン講義」か①
      新型コロナの影響で日本全国の大学ではオンライン講義が行われています。 本学では6月になり一部対面授業が開始されたものの当面はこのような状況が続くかもしれません。 少なくとも後期も「オンラ [...続きを読む]
  • 福祉 feat.スポーツ
      アーティスト(歌手)が他のアーティストとコラボレーションして楽曲を創ることを、「featuring(フィーチャリング)」と言い、「○○ feat. ▲▲」のように表現します。 「feat [...続きを読む]
PAGE TOP