コラム

男性介護者のストレス軽減のためのヒントについて

私は、社会福祉士および認知症ケア指導管理士の資格を持っています。

主な研究分野として、男性介護者による介護に対して、地域包括支援センターの社会福祉士がいかなる支援をすればよいのかなどについて、研究を行っています。

介護者の心理や家族の仕組みの観点から分析し、ストレス軽減のためのヒントについて考えています。

介護をする男性は年々増加しています。

男性介護者は介護に対して抱く生き甲斐感を感じることが多いのです。
そのために、介護の役割をとても責任感強く感じ、周囲の人に支援を求めることが遅くなってしまうことなどもあることが分かっています。

それでは、周りの人や専門職はどのように支援をしていけばよいのでしょうか。

私の研究の結果、周囲の人が、男性介護者の話を、傾聴し、その話に共感していくことがもっとも大きな効果を示すということが分かりました。
具体的には、「よく介護を熱心にされていますね。その頑張る力はどのようにして身につけられたのですか」といった質問技法や「もし奇跡が起こるとします。あなたにとって問題が解決した状態とはどのようなものですか」といった質問技法を駆使しながら、男性介護者の心を解きほぐし、解決への糸口を一緒に寄り添って考えていくという姿勢が必要なのです。

私には、長い間続けている地域貢献活動があります。

それは、赤穂市内の施設に、音楽を届けるレクリエーション活動をしています。

私は、ピアノを弾くことや踊ることが大好きなので、その趣味も生かしながら、学生さんと毎年のように施設にボランティアにでかけていきます。

昔の唱歌や演歌、今はやりの曲などを利用者の方々と一緒に奏でると、自然と笑顔が出てきます。

そんな笑顔を活力としたゼミ活動も実施しています。

この記事を書いた人
一瀬 貴子
一瀬 貴子 - いっせ たかこ -

RELATED POST関連記事

  • コロナ禍における言葉の違和感
    新型コロナウイルス(COVID-19)が蔓延し、さまざまな領域で大きな制約を受けているなか、私が感じていることを連載形式で述べていきたい。 まず今回のコロナ騒動で「新型コロナウイルス戦争」とか「未知の [...続きを読む]
  • 続・いまも影響力を持ち続ける人生論
    武者小路実篤の人生論は今日もなお影響力を持ち続けている。 それを示す根拠として、たとえば「読書メーター」(日本中の読書家とコミュニケーションできるWeb)がある。 読書メーターのレビュー数を見ると、2 [...続きを読む]
  • 谷口ゼミの活動等
    ゼミは2・3・4年生を担当しています。 2年生のゼミは通称「コミュニティアワー」と呼ばれるもので、とにかく地域に出かけていく、そこで地域の課題を見つけ、どのように対応していくかを考えていくものです。 [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 福祉はゴール?でもなんでもない!
      「ローマ人の物語」の作者である塩野七海さんは、著書の中で「福祉によって誇りは満たされない。」と述べています。 この言葉だけだと誤解を招く(福祉は必要ではない等)ので、今少し考えていく必要 [...続きを読む]
  • 私の愛する音楽家~バッハ~
      私が10年間かけて続けてきた活動の一つに、介護保険施設での音楽ボランティア活動があります。 音楽は演奏する側も聴衆側をも幸せにします。 今日は、私が愛してやまない音楽家バッハの生涯をたど [...続きを読む]
  • コミュニティによい実践① ~路上生活者支援~
      2020年、新型コロナウイルスの感染拡大が世界中で起こり、いつ終わりが来るのかが見えない中で、2回生のゼミも開始となりました。 谷川ゼミの理念は「コミュニティによい実践」です。 しかし、 [...続きを読む]
PAGE TOP