コラム

谷口ゼミの実践領域

最近の活動では、
「障害者の高齢化に伴うさまざまな課題への対応」
「障害者虐待に係る対応」
が中心となっています。

障害者の高齢化により、わが国の法制にはいくつもの狭間や課題があること、法制以上に私たち(特に年齢の高い層)の価値観・偏見が、障害者及びその家族の生活を厳しい状況に追い詰めている場合などが少なくありません。

介護保険法・障害者総合支援法をはじめ、完全無欠な法制度などありえません。

その隙間をいかに埋め、また、国の法制では対応が困難な部分について、地方自治体の制度や地域の力によりいかにして補完していくべきかについて、当事者の声に耳を傾けながら対応方法を検討しています。

障害者虐待についても同様であり、虐待を行った個人に原因を求めても何も解決しません。
個人をそのような状況に追いやった真の要因を明らかにし、長期的な取り組みを根気よく続けていくための方策について考えています。

この記事を書いた人
谷口 泰司
谷口 泰司 - たにぐち たいじ -

RELATED POST関連記事

  • 身近なストレス
    奈良女子大学大学院人間文化研究科修了。 博士(学術)、社会福祉士。認知症ケア指導管理士。 老年社会学、家族関係学を専門とし、主に、男性介護者の介護ストレスや家庭内高齢者虐待に対する社会福祉士の支援のあ [...続きを読む]
  • 正しいは怖い③ 被害から自分を守ろう!
      今回は、虐待やハラスメントを受けた側について書きます。 そもそも、攻撃を受けることは苦痛です。 安心や安全がおびやかされる状況であり、誰でも早く逃れたいと思うでしょう。 選択肢としては相 [...続きを読む]
  • 「あたりまえ」について
    私たちは日常生活で「あたりまえ」という言葉をよく使い、耳にします。 学校に行くのは「あたりまえ」。 異性を好きになるのが「あたりまえ」。 大人の言うことを聞くのは「あたりまえ」などなど。 「あたりまえ [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 成功のカギは、結果が出るまで「待つ」ことができるかどうか
      競技スポーツには常に勝者と敗者が存在し、その差はごく僅か、紙一重です。 勝ち負けは2分の1、5割の確率で決まりますが、アスリート個人のパフォーマンスはどのくらいの確率で「成功」となるので [...続きを読む]
  • 言うまでもないこと
      先日、「暗黙の了解です」「言うまでもない前提なので」という事態に直面しました。 個人的には「ちゃんと言ってくれていたら・・・」という気持ちになりましたが、このような言わずもがなの事項は身 [...続きを読む]
  • 色彩と印象
      人は、第1印象(1秒~6秒程度)を、 ①外見や服装 ②表情・視線 ③話し方・声の質 ④しぐさ・姿勢 ⑤話す内容 で決定しているそうで、このことを「初頭効果」と言います。 初頭効果とは、最 [...続きを読む]
PAGE TOP