コラム

谷口ゼミの実践領域

最近の活動では、
「障害者の高齢化に伴うさまざまな課題への対応」
「障害者虐待に係る対応」
が中心となっています。

障害者の高齢化により、わが国の法制にはいくつもの狭間や課題があること、法制以上に私たち(特に年齢の高い層)の価値観・偏見が、障害者及びその家族の生活を厳しい状況に追い詰めている場合などが少なくありません。

介護保険法・障害者総合支援法をはじめ、完全無欠な法制度などありえません。

その隙間をいかに埋め、また、国の法制では対応が困難な部分について、地方自治体の制度や地域の力によりいかにして補完していくべきかについて、当事者の声に耳を傾けながら対応方法を検討しています。

障害者虐待についても同様であり、虐待を行った個人に原因を求めても何も解決しません。
個人をそのような状況に追いやった真の要因を明らかにし、長期的な取り組みを根気よく続けていくための方策について考えています。

この記事を書いた人
谷口 泰司
谷口 泰司 - たにぐち たいじ -

RELATED POST関連記事

  • 谷口ゼミの活動等
    ゼミは2・3・4年生を担当しています。 2年生のゼミは通称「コミュニティアワー」と呼ばれるもので、とにかく地域に出かけていく、そこで地域の課題を見つけ、どのように対応していくかを考えていくものです。 [...続きを読む]
  • 「大切なこと」をスケッチする⑦ ―違いの配慮と自尊心の尊重―
      「福は内、鬼は外」という言葉があります。 この言葉が示すように、日本には内=家庭、外=家庭の外、という区別があります。 これに対応するのが公私です。 「私」は私事、家庭などの内輪、「公」 [...続きを読む]
  • 「講義のオンライン化」は「オンライン講義」か①
      新型コロナの影響で日本全国の大学ではオンライン講義が行われています。 本学では6月になり一部対面授業が開始されたものの当面はこのような状況が続くかもしれません。 少なくとも後期も「オンラ [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 研究と福祉実践の共通点
      大学教員の仕事の一つに研究活動があります。 そして、大学生のみなさんも卒業論文に取り組まれます。 大学は研究機関であり、研究によって生まれる新しい発見や価値を発信する場所だと思っています [...続きを読む]
  • スマホの利用あれこれ~コロナ禍での過ごし方~
    スマホ依存症が社会問題へ コロナ禍が始まる前から大学生だけではなく、中高年においても「スマホ依存症」が社会問題になっています。 一般的に、常にスマホを所持していて画面を確認し、何か操作していないと落ち [...続きを読む]
  • 海外経験で得たもの
      私は、23歳から30歳までヨーロッパ各国でのバレーボールの武者修行に行っていました。 若い時から、漠然と「ただ一時的に海外旅行へ行くのではなく、海外に住んで、違う文化で暮らしている人達が [...続きを読む]
PAGE TOP