コラム

谷口ゼミの実践領域

最近の活動では、
「障害者の高齢化に伴うさまざまな課題への対応」
「障害者虐待に係る対応」
が中心となっています。

障害者の高齢化により、わが国の法制にはいくつもの狭間や課題があること、法制以上に私たち(特に年齢の高い層)の価値観・偏見が、障害者及びその家族の生活を厳しい状況に追い詰めている場合などが少なくありません。

介護保険法・障害者総合支援法をはじめ、完全無欠な法制度などありえません。

その隙間をいかに埋め、また、国の法制では対応が困難な部分について、地方自治体の制度や地域の力によりいかにして補完していくべきかについて、当事者の声に耳を傾けながら対応方法を検討しています。

障害者虐待についても同様であり、虐待を行った個人に原因を求めても何も解決しません。
個人をそのような状況に追いやった真の要因を明らかにし、長期的な取り組みを根気よく続けていくための方策について考えています。

この記事を書いた人
谷口 泰司
谷口 泰司 - たにぐち たいじ -

RELATED POST関連記事

  • 子ども食堂と市町のこれから
    ここ数年、「子ども食堂」が注目を集めています。 「こども食堂」は、子どもが一人でも行ける無料または低額の食堂のことです。 市民のボランティアによる取組みで、2018年の調査(むすびえの前身団体「こども [...続きを読む]
  • カナダ バンクーバー研修記(後編)
    後編は、研修プログラムについてご紹介したいと思います。 プログラムの柱は、 〇英語研修 〇福祉施設交流訪問・医療機関視察 〇デイケア(保育園)におけるボランティア の3つでした。 英語研修は、キャンパ [...続きを読む]
  • 「大切なこと」をスケッチする⑥―ALSとソーシャルワークの思想―
      7月24日(金)の新聞の一面に、「ALS(筋萎縮性側索硬化症)女性に薬物投与、嘱託殺人容疑として医師2名逮捕」というニュースが報じられました。 女性のツイッターには「屈辱的で惨めな毎日が [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • コロナ渦でも学生が頑張ったこと その② ~「コロナ渦でも元気で楽しく過ごす子どものコツ」冊子の制作~
      コロナ渦は大学生に心身ともに大ダメージ 新型コロナは日本において大学生に心身ともに大きなダメージを与えています。 小・中・高校生は登校できていますが、大学生は登校も叶わない時期が長く続い [...続きを読む]
  • コロナ渦でも学生が頑張ったこと!その① ~「第9回子ども支援セミナー」の開催~
      昨年は新型コロナに翻弄された一年でした。 本学でも卒業式、入学式が中止になりました。 それだけではなく、大学はオンライン授業になりました。 大学内は学生立ち入りができずZoomでの授業に [...続きを読む]
  • コミュニティによい実践② ~観光スポットの分析~
      2018年10月、『兵庫県赤穂市GAP調査報告書』が公表されました。 この報告書は全94頁、赤穂市のHPでどなたでも閲覧できます。実際の調査では全国1,052名もの協力者が回答しており、 [...続きを読む]
PAGE TOP