コラム

「感性」を磨く

 
人間は集団を構成して生活をしています。

その最大が社会です。

人数が多くなればなるほどトラブルが多発するので、社会にはさまざまなルールが設けられています。
そのルールは、大多数の人が受け入れることが出来るような内容で構成されています。

そのため、少数の人たちが不利益を被るのは「仕方がないこと」として受け流してきました。

その理由はさまざまですが、多くは「効用の最大化」を前提としています。
すなわち、「資源には限りがあるのだから、より多くの人の役に立つように活用した方が良い」とする考え方に基づいています。

しかし「全体の利益のために少数の人たちが犠牲になる社会」が正しいとはいえません。

どこかに間違いがあります。

その間違いを生み出す原因の一つに、少数に追いやられている人たちが抱えている困難に対する無関心があります。

少数の人たちは、出自や性別、生まれながらの貧困、あるいは自然と固定化されている役割といった「自分の努力だけでは乗り越えることが出来ない困難」を抱えています。
これらの困難は、自分に関係がなければ見過ごしてしまうので、多くの人はそのことが困難であると気づいていません。

もちろん少数の人たちは困難があることを社会に対して問いかけています。
ところが数に押されて届かない、すなわち「声なき声」として埋もれてしまっているのです。

だからその声に耳を傾け、「すべての人があたりまえに生活することが出来る社会」について考えることが大切です。
そしてその声に気づくためには、豊かな感性が必要となります。

感性というと「天性の賜」のように思えますが、誰もが持っている才能です。
感性は、心を震わす音楽に接する、涙を誘う映画に没頭するなど、自分が美しいと感じる事柄、すなわち芸術に触れることを通して磨くことが出来ます。

感性を磨いて世界を広げ、声なき声に気づける人、他者の苦しみを自らの苦しみと理解できる人が多くなってもらいたいと思います。

この記事を書いた人
岡崎 幸友
岡崎 幸友 - おかざき ゆきとも -
専攻は倫理学で、特に「善の実現に至る道筋」に関心があります。また独我論からの脱出が課題です。

RELATED POST関連記事

  • 「嫌いではない」ことの価値をあげよう!
      「〇〇は好き?」と尋ねられたら、どう答えますか? 僕は、自分の答えに自信がなくて困る時があります。 例えば、「好き」ではあるけれど「大好き」という程ではない場合や、「〇〇も好きだけど、今 [...続きを読む]
  • 2020/06/11
    「新型コロナと福祉思想」その4―ランプの灯を少しだけ高くかかげる―
    昭和23年9月3日に来日したヘレン・ケラーは、講演会で「あなたのランプの灯をもう少し高くかかげてください。見えない人々の行く手を照らすために」と話されたと言います。 ランプの灯を少し高くすると、その分 [...続きを読む]
  • 正しいはコワイ① 「正しさ」は攻撃性にもなる
    体罰やパワハラ、DVや児童虐待などは、近年、社会的な注目が集まっていますが、同様の暴力事案は後を絶ちません。 その加害者は、周囲が驚くほどの強い怒りと攻撃的言動(暴言・暴力)を示すと同時に、「あれは指 [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • スポーツは安全第一
      楽しく、刺激的な身体活動であるスポーツは、様々なルールという制約の下、人間の精神力・身体能力の限界を競ったり、身体や道具を巧みに操る能力を競うことで成立しています。 スポーツをする立場、 [...続きを読む]
  • 適性は形成概念:あなたは向いている? それとも向いていない?
      看護にしても社会福祉にしても、その仕事に向いているか向いていないか、この適性の問題は大事ですよね。 ではどう捉えたらよいのでしょうか。 そもそも適性って、何なのか。 私の大学院修士課程時 [...続きを読む]
  • なぜ、勉強するのか?
      私が小学生の頃に「クイズ面白ゼミナール」という番組がありました。 「知るは楽しみなり」という司会者の一言で始まる番組です。 私もこれまでに、何度となく「なぜ、勉強するのだろう?」と考えて [...続きを読む]
PAGE TOP