コラム

「感性」を磨く

 
人間は集団を構成して生活をしています。

その最大が社会です。

人数が多くなればなるほどトラブルが多発するので、社会にはさまざまなルールが設けられています。
そのルールは、大多数の人が受け入れることが出来るような内容で構成されています。

そのため、少数の人たちが不利益を被るのは「仕方がないこと」として受け流してきました。

その理由はさまざまですが、多くは「効用の最大化」を前提としています。
すなわち、「資源には限りがあるのだから、より多くの人の役に立つように活用した方が良い」とする考え方に基づいています。

しかし「全体の利益のために少数の人たちが犠牲になる社会」が正しいとはいえません。

どこかに間違いがあります。

その間違いを生み出す原因の一つに、少数に追いやられている人たちが抱えている困難に対する無関心があります。

少数の人たちは、出自や性別、生まれながらの貧困、あるいは自然と固定化されている役割といった「自分の努力だけでは乗り越えることが出来ない困難」を抱えています。
これらの困難は、自分に関係がなければ見過ごしてしまうので、多くの人はそのことが困難であると気づいていません。

もちろん少数の人たちは困難があることを社会に対して問いかけています。
ところが数に押されて届かない、すなわち「声なき声」として埋もれてしまっているのです。

だからその声に耳を傾け、「すべての人があたりまえに生活することが出来る社会」について考えることが大切です。
そしてその声に気づくためには、豊かな感性が必要となります。

感性というと「天性の賜」のように思えますが、誰もが持っている才能です。
感性は、心を震わす音楽に接する、涙を誘う映画に没頭するなど、自分が美しいと感じる事柄、すなわち芸術に触れることを通して磨くことが出来ます。

感性を磨いて世界を広げ、声なき声に気づける人、他者の苦しみを自らの苦しみと理解できる人が多くなってもらいたいと思います。

この記事を書いた人
岡崎 幸友
岡崎 幸友 - おかざき ゆきとも -
専攻は倫理学で、特に「善の実現に至る道筋」に関心があります。また独我論からの脱出が課題です。

RELATED POST関連記事

  • コロナ渦でも学生が頑張ったこと!その① ~「第9回子ども支援セミナー」の開催~
      昨年は新型コロナに翻弄された一年でした。 本学でも卒業式、入学式が中止になりました。 それだけではなく、大学はオンライン授業になりました。 大学内は学生立ち入りができずZoomでの授業に [...続きを読む]
  • カナダ バンクーバー研修記(前編)
    昨年の夏、私は海外研修(カナダ バンクーバー)引率の機会をいただきました。 研修は、夏期休暇期間中の9月8日~17日(10日間)に実施されました。 この研修では、カナダの歴史・文化および福祉・教育・看 [...続きを読む]
  • コーチング学って何? -体力やトレーニング効果を数字で表す-
    体育・スポーツに関する学問には様々なものがあります。 社会科学系では、体育哲学、スポーツ社会学、スポーツ心理学など、自然科学系では運動生理学、バイオメカニクス、スポーツ医学など、その分野は多岐にわたり [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 自粛警察
      新型コロナ感染症の拡大を防止するために、緊急事態宣言下では、飲食店の営業等の自粛や外出自粛が要請されています。 しかし、この営業自粛や外出自粛の要請に応じない、あるいは応じていないと思わ [...続きを読む]
  • コロナのゴール
      ここ2年ほど私たちの生活の様々な面で影響が及んでいる新型コロナウイルス感染症、これからどう変化し、最終的なゴールはどんなイメージになるのか。ウイルスの性質から探ってみましょう。 キーワー [...続きを読む]
  • 後悔先に立たず
      「後悔先に立たず」ということわざがあります。 皆さんは後悔したことがありますか? 人生の折り返しに指しかかって振り返るとそれなりに思いつきますが、どれも「それもまた人生」とあきらめのつく [...続きを読む]
PAGE TOP