コラム

子どもと学校、家庭、地域を結ぶ専門職「スクールソーシャルワーカー(SSW)」を養成

~スクールソーシャルワーカー(SSW)とは?~
 勉強、友だちとの関係、家庭の問題など、誰にも言えない悩みを抱えて学校生活に適応できなくなる児童・生徒も少なくありません。時には、人間関係のもつれから不登校に発展してしまうこともあります。
学校で児童・生徒の悩みを聞き相談に乗る心理職の専門家としては「スクールカウンセラー(SC)」がいますが、先生や家族・地域とのつながりをもとに、問題の具体的な解決を目的とする「スクールソーシャルワーカー(SSW)」を活用する必要性が増しています。
SCは学校内で面談を中心にアプローチしますが、SSWは子どもを取り巻くさまざまな要因を考えて、担任の先生とともに家庭訪問をしたり、必要な専門機関(教育相談機関、病院など)との調整を橋渡ししたりする役割を担います。
もちろん、学校での子どもに関する会議に参加して調整することもします。子どもが学校を中心に生活していくための全般的な相談役と言えましょう。

~ソーシャルワークのしっかりした実践教育を学ぶ~
多様な子どもを取り巻く問題の具体的な解決のためには、①課題の発見(アセスメント)、②課題解決のための支援計画(プランニング)、③実行(アクション)、④評価(モニタリング)が重要です。
例えば、発達障害のある子どもの場合、学校内外生活の様子などを、アセスメントの段階でしっかり理解する必要があります。その知見をもとに、例えば、野外活動で他児童と生活をともにする場合、交流の仕方や、その子どもが自立するための支援計画を立てます。次に、どのようにその子が上手く他児童と関われるかの具体的な実行計画を立てます。
また、実行後の評価では「短くて具体的な指示をしなければ子どもはわかってくれない」など、現場で実践して初めてわかることを整理して課題解決に生かしていきます。

幅広い視野とコミュニケーション力が必須になりますが、それを実践的に学べるのが、本学の「スクールソーシャルワーク教育課程」です!

この記事を書いた人
八木 修司
八木 修司 - やぎ しゅうじ -
研究室では大勢の学生がいます!特にお昼前後は混み合っています!!と言うのも昼食をともにしながら午後のゼミについて等、相談しています。「関福」で最も人口密度の高い研究室かも!!

RELATED POST関連記事

  • 体育とは何かを考える
    体育とは何か?  皆さんがすぐ思い浮かべるのは、おそらく小学校から高等学校まで学校で習った学校体育ではありませんか? その内容は運動遊びやスポーツが主だったと思います。学校の先生が児童や生徒たちに、そ [...続きを読む]
  • 回顧録・人間関係の和で紡ぐ看護福祉
      新型コロナウイルスの影響で数多のイベントが中止になった。 本学で開催される予定だった第33回日本看護福祉学会学術大会もそのひとつである。 私が学会当局から正式に大会長の委嘱状を受け取った [...続きを読む]
  • 子どもは認められると開花する
    私が大学を卒業して勤めていた児童相談所の一時保護所での話です。 ある日、小学5年のT君が入所してきました。 入所理由は誰彼なしに大きな声で暴言を吐くので、近所の人から「『きちがい(放送禁止用語)』がい [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • コロナ渦でも学生が頑張ったこと その② ~「コロナ渦でも元気で楽しく過ごす子どものコツ」冊子の制作~
      コロナ渦は大学生に心身ともに大ダメージ 新型コロナは日本において大学生に心身ともに大きなダメージを与えています。 小・中・高校生は登校できていますが、大学生は登校も叶わない時期が長く続い [...続きを読む]
  • コロナ渦でも学生が頑張ったこと!その① ~「第9回子ども支援セミナー」の開催~
      昨年は新型コロナに翻弄された一年でした。 本学でも卒業式、入学式が中止になりました。 それだけではなく、大学はオンライン授業になりました。 大学内は学生立ち入りができずZoomでの授業に [...続きを読む]
  • コミュニティによい実践② ~観光スポットの分析~
      2018年10月、『兵庫県赤穂市GAP調査報告書』が公表されました。 この報告書は全94頁、赤穂市のHPでどなたでも閲覧できます。実際の調査では全国1,052名もの協力者が回答しており、 [...続きを読む]
PAGE TOP