コラム

子どもと学校、家庭、地域を結ぶ専門職「スクールソーシャルワーカー(SSW)」を養成

~スクールソーシャルワーカー(SSW)とは?~
 勉強、友だちとの関係、家庭の問題など、誰にも言えない悩みを抱えて学校生活に適応できなくなる児童・生徒も少なくありません。時には、人間関係のもつれから不登校に発展してしまうこともあります。
学校で児童・生徒の悩みを聞き相談に乗る心理職の専門家としては「スクールカウンセラー(SC)」がいますが、先生や家族・地域とのつながりをもとに、問題の具体的な解決を目的とする「スクールソーシャルワーカー(SSW)」を活用する必要性が増しています。
SCは学校内で面談を中心にアプローチしますが、SSWは子どもを取り巻くさまざまな要因を考えて、担任の先生とともに家庭訪問をしたり、必要な専門機関(教育相談機関、病院など)との調整を橋渡ししたりする役割を担います。
もちろん、学校での子どもに関する会議に参加して調整することもします。子どもが学校を中心に生活していくための全般的な相談役と言えましょう。

~ソーシャルワークのしっかりした実践教育を学ぶ~
多様な子どもを取り巻く問題の具体的な解決のためには、①課題の発見(アセスメント)、②課題解決のための支援計画(プランニング)、③実行(アクション)、④評価(モニタリング)が重要です。
例えば、発達障害のある子どもの場合、学校内外生活の様子などを、アセスメントの段階でしっかり理解する必要があります。その知見をもとに、例えば、野外活動で他児童と生活をともにする場合、交流の仕方や、その子どもが自立するための支援計画を立てます。次に、どのようにその子が上手く他児童と関われるかの具体的な実行計画を立てます。
また、実行後の評価では「短くて具体的な指示をしなければ子どもはわかってくれない」など、現場で実践して初めてわかることを整理して課題解決に生かしていきます。

幅広い視野とコミュニケーション力が必須になりますが、それを実践的に学べるのが、本学の「スクールソーシャルワーク教育課程」です!

この記事を書いた人
八木 修司
八木 修司 - やぎ しゅうじ -
研究室では大勢の学生がいます!特にお昼前後は混み合っています!!と言うのも昼食をともにしながら午後のゼミについて等、相談しています。「関福」で最も人口密度の高い研究室かも!!

RELATED POST関連記事

  • 勝田吉彰研究室のコラムはじまります
    これまで臨床医・外務省医務官・産業医・大学での経験を活かしながら、海外赴任者の健康管理や国境を越える感染症およびメンタルヘルスに関する研究テーマに取り組んでいます。 外務省時代にはスーダン・フランス・ [...続きを読む]
  • 「大切なこと」をスケッチする②―2度と戻らない美しい日
    研究で疲れた時、音楽を聴きます。 お気に入りの1曲に小沢健二さんの「さよならなんて云えないよ(美しさ)」があります。 「青い空が輝く 太陽と海のあいだ」という詩的なフレーズからはじまり、他愛もないこと [...続きを読む]
  • 体育とは何かを考える
    体育とは何か?  皆さんがすぐ思い浮かべるのは、おそらく小学校から高等学校まで学校で習った学校体育ではありませんか? その内容は運動遊びやスポーツが主だったと思います。学校の先生が児童や生徒たちに、そ [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 子どもの「レジリエンス」という視点
      前回のコラムでは不適切な養育のもとに育った子どもたちの愛着について書きました。 今回は最近よく聞くようになった「レジリエンス」について書きたいと思います。 一般的にレジリエンスとは「ここ [...続きを読む]
  • 30年前の願い:オリジナル応援ソングに込めた想いとは
      辛いとき、悲しいとき、苦しいとき、その人を癒やしてくれるもの、元気づけてくれるものに歌という音楽があるのではないでしょうか。 それはある方にとってはポップかもしれないしロックかもしれませ [...続きを読む]
  • 僕の歩く道
      「僕の歩く道」は2006年に放送されたドラマで、自閉症の30代の青年である大竹輝明さんが主人公である。 少し古いドラマであるが、今観ても多くの学びや気づきが得られる。 大竹さんは職場での [...続きを読む]
PAGE TOP