コラム

社会的距離(ソーシャルディスタンス)は人の「こころ」にどのような影響を与えるか

~2020年1月時点で予想されなかった「パンデミック」~
 2020年(令和2年)、東京オリンピックの開催に向けて希望に向けた新年を迎えました。
その時にこうした全世界のパンデミックを誰が予想したことでありましょう。それは中国武漢市において2019年12月から発生して全世界に拡大していくことになったのです。欧米での拡大は著しく、日本においても「緊急事態宣言」が発令されることになりました。本学においても長期の休校措置を執らざるを得なくなりました。

~社会的距離(ソーシャルディスタンス)の影響を考える~
 「目に見えないコロナ」が「こころ」に与える影響は甚大です。
社会的距離(ソーシャルディスタンス)が叫ばれています。
これは公衆衛生上で使われるときには感染防止を予防するために意図的に人と人との距離は保つこと、日本では2m程でしょうか。
しかし、本来これは非常にストレスなのです。
人は人と交流していくことで安心感を生みます。
したがって、この状況が長引けば、幼児や小学生が「愛着」が上手く形成されず対人関係に悩む人が増えるのではないかと憂います。
一方、開業している飲食店のシャッターに「バカ」、「さっさと閉店しろ」などの張り紙をする人もいます。距離を保つことの不安が強く表れています。
誰だって強制されたり、脅迫されたりするとケンカになります。摩擦や衝突は避けたいですね。

~こういう時こそ、日本人ならではの婉曲的な言い方もいいかも~
とかく日本人ははっきりした意見が言えないと言われますが、よくよく考えると相手のことをおもんばかって発言する傾向があります。
例えば「窓を開けろ!」と言わずに「こういう時期だから空気の入れ替えをしましょうか」と言います。こういう時だからこそ、相手の気持ちや状況を考えて行動することが問われています。お互いが「共感」、「受容」することの大切さが身に染みて実感する日々です。

この記事を書いた人
八木 修司
八木 修司 - やぎ しゅうじ -
研究室では大勢の学生がいます!特にお昼前後は混み合っています!!と言うのも昼食をともにしながら午後のゼミについて等、相談しています。「関福」で最も人口密度の高い研究室かも!!

RELATED POST関連記事

  • 人を人として見れなくなる福祉教育の弊害
      福祉に関して学生と接していて気を付けていることがあります。 それは知識や技術を重視しすぎることで起きがちな「専門バカ」を生み出さないために何が必要かということ、そのための片方の重しをどの [...続きを読む]
  • ボランティアから得られるもの(前編)
      大学に入ったら始めてみようと思うことに、「ボランティア」を挙げる学生さんがいます。 ボランティアという言葉は、ラテン語の volo(ウォロ)が語幹であり、日本語で言うと「自発性」が中核概 [...続きを読む]
  • その時その時を生きることの幸せ
    高校生諸君、世の中は思うようにいかないことが多い。 私は、幼少の頃はずっとそうだった。 5歳の時、母は死んだ。 父(後に叙勲をもらった立派な父)は居たけど、仕事ばかりで、私はほとんど関わった覚えがない [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 悩ましさに悩む①
      昨日の失敗を繰り返さない、今日の努力が明日の成功につながる。 子どもの頃によく聞いた言葉です。 しかし近年、「今この瞬間に着目する」「今を生きる」ことが注目され、それらは心理学の分野では [...続きを読む]
  • スポーツは安全第一
      楽しく、刺激的な身体活動であるスポーツは、様々なルールという制約の下、人間の精神力・身体能力の限界を競ったり、身体や道具を巧みに操る能力を競うことで成立しています。 スポーツをする立場、 [...続きを読む]
  • 適性は形成概念:あなたは向いている? それとも向いていない?
      看護にしても社会福祉にしても、その仕事に向いているか向いていないか、この適性の問題は大事ですよね。 ではどう捉えたらよいのでしょうか。 そもそも適性って、何なのか。 私の大学院修士課程時 [...続きを読む]
PAGE TOP