コラム

社会的距離(ソーシャルディスタンス)は人の「こころ」にどのような影響を与えるか

~2020年1月時点で予想されなかった「パンデミック」~
 2020年(令和2年)、東京オリンピックの開催に向けて希望に向けた新年を迎えました。
その時にこうした全世界のパンデミックを誰が予想したことでありましょう。それは中国武漢市において2019年12月から発生して全世界に拡大していくことになったのです。欧米での拡大は著しく、日本においても「緊急事態宣言」が発令されることになりました。本学においても長期の休校措置を執らざるを得なくなりました。

~社会的距離(ソーシャルディスタンス)の影響を考える~
 「目に見えないコロナ」が「こころ」に与える影響は甚大です。
社会的距離(ソーシャルディスタンス)が叫ばれています。
これは公衆衛生上で使われるときには感染防止を予防するために意図的に人と人との距離は保つこと、日本では2m程でしょうか。
しかし、本来これは非常にストレスなのです。
人は人と交流していくことで安心感を生みます。
したがって、この状況が長引けば、幼児や小学生が「愛着」が上手く形成されず対人関係に悩む人が増えるのではないかと憂います。
一方、開業している飲食店のシャッターに「バカ」、「さっさと閉店しろ」などの張り紙をする人もいます。距離を保つことの不安が強く表れています。
誰だって強制されたり、脅迫されたりするとケンカになります。摩擦や衝突は避けたいですね。

~こういう時こそ、日本人ならではの婉曲的な言い方もいいかも~
とかく日本人ははっきりした意見が言えないと言われますが、よくよく考えると相手のことをおもんばかって発言する傾向があります。
例えば「窓を開けろ!」と言わずに「こういう時期だから空気の入れ替えをしましょうか」と言います。こういう時だからこそ、相手の気持ちや状況を考えて行動することが問われています。お互いが「共感」、「受容」することの大切さが身に染みて実感する日々です。

この記事を書いた人
八木 修司
八木 修司 - やぎ しゅうじ -
研究室では大勢の学生がいます!特にお昼前後は混み合っています!!と言うのも昼食をともにしながら午後のゼミについて等、相談しています。「関福」で最も人口密度の高い研究室かも!!

RELATED POST関連記事

  • 「大切なこと」をスケッチする⑤ ―難病の人に学ぶ―
      今年、授業の一環として難病患者の人へのソーシャルワークを学んでいます。 難病とは、 ① 発病の機構(原因)が明らかでない ② 治療方法が確立していない ③ 希少な疾患である ④ 長期の療 [...続きを読む]
  • 勝田吉彰研究室のコラムはじまります
    これまで臨床医・外務省医務官・産業医・大学での経験を活かしながら、海外赴任者の健康管理や国境を越える感染症およびメンタルヘルスに関する研究テーマに取り組んでいます。 外務省時代にはスーダン・フランス・ [...続きを読む]
  • 「あたりまえ」について
    私たちは日常生活で「あたりまえ」という言葉をよく使い、耳にします。 学校に行くのは「あたりまえ」。 異性を好きになるのが「あたりまえ」。 大人の言うことを聞くのは「あたりまえ」などなど。 「あたりまえ [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • コロナ渦でも学生が頑張ったこと その② ~「コロナ渦でも元気で楽しく過ごす子どものコツ」冊子の制作~
      コロナ渦は大学生に心身ともに大ダメージ 新型コロナは日本において大学生に心身ともに大きなダメージを与えています。 小・中・高校生は登校できていますが、大学生は登校も叶わない時期が長く続い [...続きを読む]
  • コロナ渦でも学生が頑張ったこと!その① ~「第9回子ども支援セミナー」の開催~
      昨年は新型コロナに翻弄された一年でした。 本学でも卒業式、入学式が中止になりました。 それだけではなく、大学はオンライン授業になりました。 大学内は学生立ち入りができずZoomでの授業に [...続きを読む]
  • コミュニティによい実践② ~観光スポットの分析~
      2018年10月、『兵庫県赤穂市GAP調査報告書』が公表されました。 この報告書は全94頁、赤穂市のHPでどなたでも閲覧できます。実際の調査では全国1,052名もの協力者が回答しており、 [...続きを読む]
PAGE TOP