コラム

テリトリーを侵さない・侵させない

 
コーチングにおいて常に意識しておかなければならないことは、「テリトリー」が存在するということです。

コーチ契約を結んでいる、あるいはコーチとして在籍するチームやアスリートに対して、コーチングを行うことでアスリートのパフォーマンスやチームの勝敗に影響を及ぼします。
この結果がポジティブであろうとネガティブであろうと、コーチングの内容とその結果について、コーチ自身が責任を負うわけです。

ただ、コーチングに対して責任を負うことになるのは、あくまでも自分が契約しているアスリートやチームという「自分のテリトリー」に対してのみです。
裏を返せば、自分のテリトリー以外のアスリートやチームに対して、コーチングをする権利も責任もありません。
コーチからの声掛けやアドバイスには大きな影響力があり、アスリートのパフォーマンスを左右します。

つまり、アドバイスすることが全てプラスに働くわけではないということです。

コーチは良かれと思ってアドバイスしたことが、アスリートのパフォーマンスを崩すきっかけになることも十分あり得ます。

コーチの言葉は「諸刃の剣」です。

日本のスポーツ界では、良くも悪くもコーチングのテリトリー意識があまり根付いておらず、コーチが他チームの選手に声を掛けアドバイスすることが多々あります。
しかし、日常的に観察・指導していないアスリートのパフォーマンスに対して適切なアドバイスを送ることは至難の業であり、声掛けの動機が「善意」であったとしても、「お節介」になることもあります。

気づいたことや正しいと思ったことを全てアスリートに伝えるだけが、コーチングの正解ではありません。

適切なアドバイスとは何か、コーチは常に自問しながらコーチングを行う必要があります。
仮に、他チームのアスリートからアドバイスを求められたとしても、不用意にアドバイスを行ってしまわないように慎重になるべきです。

コーチングのテリトリーを侵さない・侵させないことは、コーチングを行う際に忘れてはならないことです。

この記事を書いた人
熊野 陽人
熊野 陽人 - くまの あきひと -

RELATED POST関連記事

  • 「感性」を磨く
      人間は集団を構成して生活をしています。 その最大が社会です。 人数が多くなればなるほどトラブルが多発するので、社会にはさまざまなルールが設けられています。 そのルールは、大多数の人が受け [...続きを読む]
  • カナダ バンクーバー研修記(前編)
    昨年の夏、私は海外研修(カナダ バンクーバー)引率の機会をいただきました。 研修は、夏期休暇期間中の9月8日~17日(10日間)に実施されました。 この研修では、カナダの歴史・文化および福祉・教育・看 [...続きを読む]
  • 正しさはコワイ② 支援者が陥りやすい罠
    体罰やパワハラ・虐待などの背景には加害者側が信じる「正しさ」があり、それが強い怒りと激しい攻撃を正当化させることは前回お伝えしました。 今回は、相手を正そうとすることに関連した話題を書きたいと思います [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 成功のカギは、結果が出るまで「待つ」ことができるかどうか
      競技スポーツには常に勝者と敗者が存在し、その差はごく僅か、紙一重です。 勝ち負けは2分の1、5割の確率で決まりますが、アスリート個人のパフォーマンスはどのくらいの確率で「成功」となるので [...続きを読む]
  • 言うまでもないこと
      先日、「暗黙の了解です」「言うまでもない前提なので」という事態に直面しました。 個人的には「ちゃんと言ってくれていたら・・・」という気持ちになりましたが、このような言わずもがなの事項は身 [...続きを読む]
  • 色彩と印象
      人は、第1印象(1秒~6秒程度)を、 ①外見や服装 ②表情・視線 ③話し方・声の質 ④しぐさ・姿勢 ⑤話す内容 で決定しているそうで、このことを「初頭効果」と言います。 初頭効果とは、最 [...続きを読む]
PAGE TOP