コラム

大切なことをスケッチする⑨ ー学生たちが宿している知性と大学教育の基本ー

 
授業の中で、時々、学生たちの素晴らしい知性や感性に感銘を受けることがあります。

その一例を紹介したいと思います。

実践的教養論という授業があります。
「実践的」な学びをするため、10月からは対面で行っています。
この授業で、原因を推測したり、ある目的を合理的に遂行したりする「理性(ロゴス)」だけではなく、その目的となっていることの妥当性を問う力、大切なことを見極められる「知性(ヌース)」も大切であることを伝えました。
その上で、「最も大切なこととして“愛”があるけれど、それはどんな意味だろう」と学生に投げかけ、4~5のグループに分かれ、対話してもらいました。

結果、
各グループで共通した意見は「その人を大切にする」でした。
その他、グループ別の見解としては、
①その人の幸せを願う
②その人を尊重する
③自分より格段に大切に思う
④自分を犠牲にしてでもその人のことを大切にする、護る
といったものでした。

愛はギリシア語ではアガペーですが、釜ヶ崎で日雇い労働者に学びながら聖書を、旧約部分はヘブライ語、新約部分はギリシア語から読み直している本田哲郎神父は、アガペーを「人をその人として大切にする」と訳すべきであることを提案しています。
また、アガペーについて研究をしている山口大学名誉教授の遠藤徹氏は「アガペーとは、尊びが中心にある愛」であることを明らかにしています。遠藤氏は、加藤信朗氏(哲学者)も「アガペーというのは、要するに大切にするということだと思いますよ」と言っていたことや、キリシタンの時代にアガペーは「お大切に」と訳されていたことなどにも言及しています。

対話してもらって分かったことは、学生は「愛」ということについて、「その本質的な意味を既に理解している」、そして、「本当に大切なことを理解している」という意味において、「学生たちは優れた知性をもっており、豊かな教養を宿している」ということです。

しかしながら学生たちは、それがいかに大切であるかは、まだ十分に理解できている訳ではありません。

であるならば、私たち教員の役割は、学生たちが宿している知性(何が大切であるかを見極められる力)に水をやることで、それを開花させることと言えるでしょう。

大学では、新しい知識や考え方を教授する一方で、学生たちが宿している「知性」を開花させることが求められます。

今回の対話は、そのような大切なことを再認識させてくれました。
 

この記事を書いた人
中村 剛
中村 剛 - なかむら たけし -
福祉現場の経験と哲学という営みを通して、社会福祉の根拠となる「知」を明らかにしたいと思っています。

RELATED POST関連記事

  • コーチング学って何? -体力やトレーニング効果を数字で表す-
    体育・スポーツに関する学問には様々なものがあります。 社会科学系では、体育哲学、スポーツ社会学、スポーツ心理学など、自然科学系では運動生理学、バイオメカニクス、スポーツ医学など、その分野は多岐にわたり [...続きを読む]
  • 勝田吉彰研究室のコラムはじまります
    これまで臨床医・外務省医務官・産業医・大学での経験を活かしながら、海外赴任者の健康管理や国境を越える感染症およびメンタルヘルスに関する研究テーマに取り組んでいます。 外務省時代にはスーダン・フランス・ [...続きを読む]
  • ボランティアから得られるもの(後編)
      前編(リンク)でもお話しした通り、ボランティアは自発的な活動です。 しかし、自分 1 人で行動することはハードルが高く、「誰かに誘われて」「声をかけてもらって」始める人も少なくありません [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 自粛警察
      新型コロナ感染症の拡大を防止するために、緊急事態宣言下では、飲食店の営業等の自粛や外出自粛が要請されています。 しかし、この営業自粛や外出自粛の要請に応じない、あるいは応じていないと思わ [...続きを読む]
  • コロナのゴール
      ここ2年ほど私たちの生活の様々な面で影響が及んでいる新型コロナウイルス感染症、これからどう変化し、最終的なゴールはどんなイメージになるのか。ウイルスの性質から探ってみましょう。 キーワー [...続きを読む]
  • 後悔先に立たず
      「後悔先に立たず」ということわざがあります。 皆さんは後悔したことがありますか? 人生の折り返しに指しかかって振り返るとそれなりに思いつきますが、どれも「それもまた人生」とあきらめのつく [...続きを読む]
PAGE TOP