コラム

人間一人ひとりに、等しくある「尊厳」 ~「津久井やまゆり園」事件後のソーシャルワーク教育~

 
2016年、神奈川県にある知的障害者施設「津久井やまゆり園」で、元職員が施設に侵入し、入所者19人を刺殺した事件が起きました。

犯行の動機は、「重度障がい者は生きている意味がない」、「意思疎通のできない重度の障がい者は不幸をもたらすだけで死んだほうが良い」というものです。

亡くなられた方が被った痛み・恐怖、そして、その無念さに心が痛むと同時に、人間一人ひとりに「尊厳」があることを、改めて思わずにはいられません。
人間の尊厳とは、「人間には、厳かで尊く、かけがえのない、別格な価値(大切さ)がある」といった意味です。

ソーシャルワークは、重度の障がいがある人だけでなく、仕事を失いホームレスになっている人、「寝たきり」といわれる状態になっている人、認知症が進んだ人、いじめ等で引きこもり状態になっている人、虐待を受けている子どもや高齢者など、どのような状態の人に対しても、その人の尊厳を護る営みです。

「津久井やまゆり園」事件は、その尊厳を踏みにじりました。尊厳はソーシャルワークにおいても最も重要な価値です。
だから、事件後のソーシャルワーク教育は、改めて尊厳についての教育を強化しなければなりません。これは、ソーシャルワーク教育における「責任」です(ここでいう「責任」とは、「二度と、あのような事件は起こさないでほしい」という想いに応えることを意味します)。

このような考えに基づき、関西福祉大学社会福祉学部では、「尊厳」を体系的に学べる教育プログラムを展開しています。

▼尊厳教育プログラム詳細はこちら▼
尊厳教育
 

この記事を書いた人
中村 剛
中村 剛 - なかむら たけし -
福祉現場の経験と哲学という営みを通して、社会福祉の根拠となる「知」を明らかにしたいと思っています。

RELATED POST関連記事

  • なぜ、勉強するのか?
      私が小学生の頃に「クイズ面白ゼミナール」という番組がありました。 「知るは楽しみなり」という司会者の一言で始まる番組です。 私もこれまでに、何度となく「なぜ、勉強するのだろう?」と考えて [...続きを読む]
  • その時その時を生きることの幸せ
    高校生諸君、世の中は思うようにいかないことが多い。 私は、幼少の頃はずっとそうだった。 5歳の時、母は死んだ。 父(後に叙勲をもらった立派な父)は居たけど、仕事ばかりで、私はほとんど関わった覚えがない [...続きを読む]
  • 家族は頑張るべき存在か ~自己責任論・家族責任論の怖さ~
      認知症の高齢の方を支援している息子さんやその配偶者の方に対し、また、障害のある方を支援している高齢の親の方に対し、私たちは「大変ですね」「頑張ってくださいね」「お身体を大事になさってくだ [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • なぜ社会福祉学部で政策やビジネスを学ぶのか
      タイトル、2024年4月から関西福祉学部社会福祉学部社会福祉学科では、新たに社会マネジメント専攻が立ち上がります。 「そうなんだー。」と納得される方もいるかと思いますが、多くの方が「なん [...続きを読む]
  • 本学伝統のコミュニティアワーのテーマに関する覚書(前編)
      関西福祉大学(の社会福祉学部社会福祉学科)が開学以来ずっと行ってきているユニークな教育プログラム、それが「コミュニティアワー」です。 教室を飛び出して、地域社会全体をフィールドに展開する [...続きを読む]
  • 「推し」の心理
      近年、「推し」ということをよく耳にします。 アイドルや芸能人を指して「私の推しは〇〇」という発言や、大人気アニメのタイトルにも用いられています。 それ程までに一般化した「推し」とは、どの [...続きを読む]
PAGE TOP