コラム

福祉はゴール?でもなんでもない!

 
「ローマ人の物語」の作者である塩野七海さんは、著書の中で「福祉によって誇りは満たされない。」と述べています。

この言葉だけだと誤解を招く(福祉は必要ではない等)ので、今少し考えていく必要があります。

塩野さんも福祉が必要ではないとは言っていません。
また、支援が必要な人に対して、食事や入浴の介助、心配事の相談や援助は、生活をするうえでとても大事なものであることは言うまでもありません。

ここで大事なのは、「福祉のその先」にどのようなものを見据えていくかということです。

これは学生だけでなく、今の福祉施設や事業所においても留意すべきことであると思います。
実際に、素晴らしい支援を展開している施設はいくらでもありますが、そういった施設に実習の巡回に出かけて話しを聞いた時、ごくまれに、福祉をゴール(最終到達点)ととらえた発言を耳にすることがあります。
これは全くの間違いであり、かつ、専門職の傲慢でもあると思います。
また、われわれのような福祉の学びの場にいる者としても最も気を付けなければならない点であると思っています。

福祉はゴールでもなんでもなく、その福祉の支援をベースに、自分がどう生きたいか、どうありたいかを実現していく、この点が最も大事であり、これら「福祉のその先」を見据え、その土台となる部分を支援していく、やがて、ある人は今の福祉の支援を脱却して自分らしく生きるすべを見出す、ある人は今の福祉の支援を受けながら自分らしく輝いていく。

この点に「福祉の面白さ」が凝縮している気がしています。

この記事を書いた人
谷口 泰司
谷口 泰司 - たにぐち たいじ -

RELATED POST関連記事

  • コーチの眼
    スポーツ現場では、コーチがアスリートのパフォーマンスを評価する際に、記録などの競技結果はもちろん選手自身の感覚や“コーチの眼”が用いられます。 特に「動き」については、運動のリズム、流れ、力み(りきみ [...続きを読む]
  • 「嫌いではない」ことの価値をあげよう!
      「〇〇は好き?」と尋ねられたら、どう答えますか? 僕は、自分の答えに自信がなくて困る時があります。 例えば、「好き」ではあるけれど「大好き」という程ではない場合や、「〇〇も好きだけど、今 [...続きを読む]
  • コミュニティによい実践② ~観光スポットの分析~
      2018年10月、『兵庫県赤穂市GAP調査報告書』が公表されました。 この報告書は全94頁、赤穂市のHPでどなたでも閲覧できます。実際の調査では全国1,052名もの協力者が回答しており、 [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 「嫌いではない」ことの価値をあげよう!
      「〇〇は好き?」と尋ねられたら、どう答えますか? 僕は、自分の答えに自信がなくて困る時があります。 例えば、「好き」ではあるけれど「大好き」という程ではない場合や、「〇〇も好きだけど、今 [...続きを読む]
  • 正しいは怖い③ 被害から自分を守ろう!
      今回は、虐待やハラスメントを受けた側について書きます。 そもそも、攻撃を受けることは苦痛です。 安心や安全がおびやかされる状況であり、誰でも早く逃れたいと思うでしょう。 選択肢としては相 [...続きを読む]
  • 援助という後ろめたさ
      コラム投稿も第4回目となります。 第1回目は、援助関係には不平等性が潜在しており、人の支援をしようとする者は、それに気づく、心の細やかさが大切だというお話を書きました。【第1回コラム(リ [...続きを読む]
PAGE TOP