コラム

「大切なこと」をスケッチする⑥―ALSとソーシャルワークの思想―

 
7月24日(金)の新聞の一面に、「ALS(筋萎縮性側索硬化症)女性に薬物投与、嘱託殺人容疑として医師2名逮捕」というニュースが報じられました。

女性のツイッターには「屈辱的で惨めな毎日がずっと続く。ひとときも耐えられない。安楽死させてください」と綴られていました。

ALSは、やがては全身の筋肉が侵され、最後は呼吸の筋肉(呼吸筋)も働かなくなって大多数の方は呼吸不全で亡くなります。

そこには、当事者でなければわかり得ない苦しみ、痛み、恐怖があると推察されます。

ツイッターの言葉は、そうした中から発せられたものなのでしょう。
しかしその一方で、その女性について「ALSでも幸せだと言っている患者がいることをどれだけ知っていたのだろうか」と自身のブログで述べているALS患者の方もいます(毎日新聞7月27日25面)。
 
 
この事件について、ソーシャルワークと福祉思想という観点から、次のように考えます。

亡くなった方は、ご本人が「屈辱的で惨めな毎日」と思い感じる環境の中で生きていました。

言い換えれば、ALSという状態を肯定できない環境の中で生きていました。

でも、人間一人ひとりには、「生きたい」という“いのち”の叫び、「この世に生を受けた自分自身の固有の役割を発揮したい」という“人格”の呼びかけが、潜在的にあると思います。
 
 
 こうした声、聴き取りにくい声に気づき応えること。
 
 
これが福祉思想の根幹にあります。

そこからソーシャルワークという活動も生まれます。

ソーシャルワークでは、ALSを否定的に捉える環境を改善することで、その人の中で潜在化している「生きたい」、「自分固有な役割・使命を発揮したい」という願いを顕在化させようとします。

こうしたアプローチ・考え方をエンパワメントといいます。ALS患者の方の願いは、多様性のある社会に大きく貢献するでしょう。

ソーシャルワークにおける実践原理にThe feeling of being necessaryがあります。

これは、「あなたは必要で、とても大切な存在です」と思い感じ、そうした周囲の人の思いがゆえに「自分は必要で大切な存在」と思い感じる、そういった感覚を表す言葉です。

ソーシャルワークがもっているこの感覚が社会に広がることで、ALS患者の方一人ひとりが「生きたい」、「自分自身の固有の役割を発揮したい」と思える環境に変えていくことが、切に求められています。
 
 

この記事を書いた人
中村 剛
中村 剛 - なかむら たけし -
福祉現場の経験と哲学という営みを通して、社会福祉の根拠となる「知」を明らかにしたいと思っています。

RELATED POST関連記事

  • 自粛警察
      新型コロナ感染症の拡大を防止するために、緊急事態宣言下では、飲食店の営業等の自粛や外出自粛が要請されています。 しかし、この営業自粛や外出自粛の要請に応じない、あるいは応じていないと思わ [...続きを読む]
  • 忘れられない自閉症児との出会い
      私が「児童相談所」に勤めている時の話です。 当時、アメリカのベッテルハイム博士は、「自閉症とは、冷たく拒否的で冷蔵庫のような心をもった母親(冷蔵庫マザー:refrigerator mot [...続きを読む]
  • なぜ、勉強するのか?
      私が小学生の頃に「クイズ面白ゼミナール」という番組がありました。 「知るは楽しみなり」という司会者の一言で始まる番組です。 私もこれまでに、何度となく「なぜ、勉強するのだろう?」と考えて [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 子どもの「レジリエンス」という視点
      前回のコラムでは不適切な養育のもとに育った子どもたちの愛着について書きました。 今回は最近よく聞くようになった「レジリエンス」について書きたいと思います。 一般的にレジリエンスとは「ここ [...続きを読む]
  • 30年前の願い:オリジナル応援ソングに込めた想いとは
      辛いとき、悲しいとき、苦しいとき、その人を癒やしてくれるもの、元気づけてくれるものに歌という音楽があるのではないでしょうか。 それはある方にとってはポップかもしれないしロックかもしれませ [...続きを読む]
  • 僕の歩く道
      「僕の歩く道」は2006年に放送されたドラマで、自閉症の30代の青年である大竹輝明さんが主人公である。 少し古いドラマであるが、今観ても多くの学びや気づきが得られる。 大竹さんは職場での [...続きを読む]
PAGE TOP