コラム

「大切なこと」をスケッチする⑥―ALSとソーシャルワークの思想―

 
7月24日(金)の新聞の一面に、「ALS(筋萎縮性側索硬化症)女性に薬物投与、嘱託殺人容疑として医師2名逮捕」というニュースが報じられました。

女性のツイッターには「屈辱的で惨めな毎日がずっと続く。ひとときも耐えられない。安楽死させてください」と綴られていました。

ALSは、やがては全身の筋肉が侵され、最後は呼吸の筋肉(呼吸筋)も働かなくなって大多数の方は呼吸不全で亡くなります。

そこには、当事者でなければわかり得ない苦しみ、痛み、恐怖があると推察されます。

ツイッターの言葉は、そうした中から発せられたものなのでしょう。
しかしその一方で、その女性について「ALSでも幸せだと言っている患者がいることをどれだけ知っていたのだろうか」と自身のブログで述べているALS患者の方もいます(毎日新聞7月27日25面)。
 
 
この事件について、ソーシャルワークと福祉思想という観点から、次のように考えます。

亡くなった方は、ご本人が「屈辱的で惨めな毎日」と思い感じる環境の中で生きていました。

言い換えれば、ALSという状態を肯定できない環境の中で生きていました。

でも、人間一人ひとりには、「生きたい」という“いのち”の叫び、「この世に生を受けた自分自身の固有の役割を発揮したい」という“人格”の呼びかけが、潜在的にあると思います。
 
 
 こうした声、聴き取りにくい声に気づき応えること。
 
 
これが福祉思想の根幹にあります。

そこからソーシャルワークという活動も生まれます。

ソーシャルワークでは、ALSを否定的に捉える環境を改善することで、その人の中で潜在化している「生きたい」、「自分固有な役割・使命を発揮したい」という願いを顕在化させようとします。

こうしたアプローチ・考え方をエンパワメントといいます。ALS患者の方の願いは、多様性のある社会に大きく貢献するでしょう。

ソーシャルワークにおける実践原理にThe feeling of being necessaryがあります。

これは、「あなたは必要で、とても大切な存在です」と思い感じ、そうした周囲の人の思いがゆえに「自分は必要で大切な存在」と思い感じる、そういった感覚を表す言葉です。

ソーシャルワークがもっているこの感覚が社会に広がることで、ALS患者の方一人ひとりが「生きたい」、「自分自身の固有の役割を発揮したい」と思える環境に変えていくことが、切に求められています。
 
 

この記事を書いた人
中村 剛
中村 剛 - なかむら たけし -
福祉現場の経験と哲学という営みを通して、社会福祉の根拠となる「知」を明らかにしたいと思っています。

RELATED POST関連記事

  • ボランティアから得られるもの(前編)
      大学に入ったら始めてみようと思うことに、「ボランティア」を挙げる学生さんがいます。 ボランティアという言葉は、ラテン語の volo(ウォロ)が語幹であり、日本語で言うと「自発性」が中核概 [...続きを読む]
  • 変異株とは何ぞや?
      いま、新型コロナのニュースを見れば「変異株」という言葉がほぼ必ず出てきます。 大阪で変異株、東京で変異株、五輪会場で変異株が出たら、等々。 では実際に変異株とは何ぞや? といえば、案外、 [...続きを読む]
  • ボランティアから得られるもの(後編)
      前編(リンク)でもお話しした通り、ボランティアは自発的な活動です。 しかし、自分 1 人で行動することはハードルが高く、「誰かに誘われて」「声をかけてもらって」始める人も少なくありません [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • スポーツは安全第一
      楽しく、刺激的な身体活動であるスポーツは、様々なルールという制約の下、人間の精神力・身体能力の限界を競ったり、身体や道具を巧みに操る能力を競うことで成立しています。 スポーツをする立場、 [...続きを読む]
  • 適性は形成概念:あなたは向いている? それとも向いていない?
      看護にしても社会福祉にしても、その仕事に向いているか向いていないか、この適性の問題は大事ですよね。 ではどう捉えたらよいのでしょうか。 そもそも適性って、何なのか。 私の大学院修士課程時 [...続きを読む]
  • なぜ、勉強するのか?
      私が小学生の頃に「クイズ面白ゼミナール」という番組がありました。 「知るは楽しみなり」という司会者の一言で始まる番組です。 私もこれまでに、何度となく「なぜ、勉強するのだろう?」と考えて [...続きを読む]
PAGE TOP