コラム

なぜ、勉強するのか?

 
私が小学生の頃に「クイズ面白ゼミナール」という番組がありました。
「知るは楽しみなり」という司会者の一言で始まる番組です。

私もこれまでに、何度となく「なぜ、勉強するのだろう?」と考えてきましたが、最後は「知るは楽しみなり」に行き着きます。

世の中には、不思議なことや知らないことがたくさんあり、それは「どうして?」「なんで?」という疑問形で語られます。
その答えを知って「へぇー、そうなんだ」と納得するときもあれば、「ほんまかいな?」とさらに疑問を深めることもあります。
いずれにしても自らが持つ疑問を解消するためには、これまでに蓄えた知識に加え、新たな知識の獲得が求められます。
「知らなかったことを知る」ために勉強すれば、確かに「楽しみ」といえるかもしれません。

私は歴史、特に日本史が大好きで、昔の人の暮らしぶりや当時の出来事に大変興味があります。
しかし、「平安時代の人はどのような生活をしていたのだろう?」と疑問に思っても、タイムマシンでもない限り、そのことをリアルに知ることはできません。そこで、平安時代について書かれた書物などを読んで当時の生活を頭の中で想像していると、とても楽しい気持ちになってきます。

「勉強」と聞けば、私たちは「学校教育」を連想し、「やらなければならないモノ」として捉えがちです。

しかしその発想では、「疑問を持つこと」よりも「すべきこと」が先立ちます。
それはそれで役に立つこともあるでしょうが、やらされる勉強は楽しくありません。
しかも「勉強」と「学校」をイコールで結んでしまうと、学校で習った範囲内で生じた疑問しか解消できません。
それでは、日常生活の中で生じた疑問を解消するという勉強本来の意味が薄れてしまいます。

私たちは、日常生活でさまざまな疑問を抱きます。

その疑問はどんなに小さくても、人から見ればくだらなくても、私にとって大問題です。
スマホのゲームをしていて、どうしても勝てない相手に出くわせば、自分にとっては大問題です。
その大問題を解くためには知識が必要となります。
その知識を獲得するために勉強するのだから、なにも学校に限定する必要は無く、例えば野に咲く花の名前に疑問を抱いて調べれば、それは立派な勉強です。

知らないことを知れば自分が豊かになっていきます。
不思議に思ったことを乗り越えるための知識を獲得することが勉強です。乗り越えた達成感は喜びであり、楽しみとなります。
だから、どうか学校の勉強だけを勉強と思わないでください。

この記事を書いた人
岡崎 幸友
岡崎 幸友 - おかざき ゆきとも -
専攻は倫理学で、特に「善の実現に至る道筋」に関心があります。また独我論からの脱出が課題です。

RELATED POST関連記事

  • 「新型コロナと福祉思想」その2―自粛警察への違和感―
    ソーシャルワークの基盤には正義という価値があります。 そのため、先日、授業で正義の話をしました。 そこで正義についての留意点として 「正義感は、気をつけないと、それを守っていない人を攻撃したり、正義の [...続きを読む]
  • 身近なストレス
    奈良女子大学大学院人間文化研究科修了。 博士(学術)、社会福祉士。認知症ケア指導管理士。 老年社会学、家族関係学を専門とし、主に、男性介護者の介護ストレスや家庭内高齢者虐待に対する社会福祉士の支援のあ [...続きを読む]
  • 大切なことをスケッチする⑨ ー学生たちが宿している知性と大学教育の基本ー
      授業の中で、時々、学生たちの素晴らしい知性や感性に感銘を受けることがあります。 その一例を紹介したいと思います。 実践的教養論という授業があります。 「実践的」な学びをするため、10月か [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 子どもの「レジリエンス」という視点
      前回のコラムでは不適切な養育のもとに育った子どもたちの愛着について書きました。 今回は最近よく聞くようになった「レジリエンス」について書きたいと思います。 一般的にレジリエンスとは「ここ [...続きを読む]
  • 30年前の願い:オリジナル応援ソングに込めた想いとは
      辛いとき、悲しいとき、苦しいとき、その人を癒やしてくれるもの、元気づけてくれるものに歌という音楽があるのではないでしょうか。 それはある方にとってはポップかもしれないしロックかもしれませ [...続きを読む]
  • 僕の歩く道
      「僕の歩く道」は2006年に放送されたドラマで、自閉症の30代の青年である大竹輝明さんが主人公である。 少し古いドラマであるが、今観ても多くの学びや気づきが得られる。 大竹さんは職場での [...続きを読む]
PAGE TOP