コラム

自粛警察

 
新型コロナ感染症の拡大を防止するために、緊急事態宣言下では、飲食店の営業等の自粛や外出自粛が要請されています。

しかし、この営業自粛や外出自粛の要請に応じない、あるいは応じていないと思われる個人やお店があります。
こうした個人やお店に対して、私的に自粛を求める警告や脅しなどを行う人たちがいます。

いわゆる自粛警察です。

県外ナンバーの車に対する投石や居酒屋の看板を嫌がらせの張り紙をするなどのケースもあります。

これら自粛警察となる人には、感染症に恐怖を感じて、義憤に駆られて等の理由があるのでしょう。
しかし、自粛要請とは行政法でいうところの「行政行為」ではなく「行政指導」にあたります。
外出禁止・営業停止命令(行政行為)であれば、国民に側に義務が発生し、義務違反には罰が加えられることになります。
自粛要請は、こうした行政行為ではなく、あくまでも任意の協力を求めるものなのです。
県外ナンバーの車の人も営業を続ける居酒屋の人も協力したくても、協力できない理由があるのでしょう。

この点を理解するようにして、みなさんも自粛警察のような行為を安易に行わないようにしましょう。

ちなみに、こうした行為は威力業務妨害罪や器物損壊罪などの罪に問われたり、損害賠償を求めれたりすることになります。

この記事を書いた人
有田 伸弘
有田 伸弘 - ありた のぶひろ -

RELATED POST関連記事

  • 子ども食堂と市町のこれから
    ここ数年、「子ども食堂」が注目を集めています。 「こども食堂」は、子どもが一人でも行ける無料または低額の食堂のことです。 市民のボランティアによる取組みで、2018年の調査(むすびえの前身団体「こども [...続きを読む]
  • 正しいアドバイスの役にたたなさ
      大学教員として働いていると、在学生や卒業生からさまざまな相談を受ける。 在学生からは家庭のことや進路、勉強のことが多く、卒業生からは職場の人間関係や転職についてのことが多い。 ソーシャル [...続きを読む]
  • 人を人として見れなくなる福祉教育の弊害
      福祉に関して学生と接していて気を付けていることがあります。 それは知識や技術を重視しすぎることで起きがちな「専門バカ」を生み出さないために何が必要かということ、そのための片方の重しをどの [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 成功のカギは、結果が出るまで「待つ」ことができるかどうか
      競技スポーツには常に勝者と敗者が存在し、その差はごく僅か、紙一重です。 勝ち負けは2分の1、5割の確率で決まりますが、アスリート個人のパフォーマンスはどのくらいの確率で「成功」となるので [...続きを読む]
  • 言うまでもないこと
      先日、「暗黙の了解です」「言うまでもない前提なので」という事態に直面しました。 個人的には「ちゃんと言ってくれていたら・・・」という気持ちになりましたが、このような言わずもがなの事項は身 [...続きを読む]
  • 色彩と印象
      人は、第1印象(1秒~6秒程度)を、 ①外見や服装 ②表情・視線 ③話し方・声の質 ④しぐさ・姿勢 ⑤話す内容 で決定しているそうで、このことを「初頭効果」と言います。 初頭効果とは、最 [...続きを読む]
PAGE TOP