コラム

スポーツ福祉コースでのコラボレーション

 
関西福祉大学・社会福祉学部・スポーツ福祉コースは、熊野陽人先生と私の2名で担当しています。

熊野先生は、陸上競技部で跳躍種目を専門とされています。
また私は、女子バレーボール部を指導しています。
この2つの競技に共通していること、そう!それは「跳ぶ」という事です。

熊野先生とは、「大学女子バレーボール競技者におけるジャンプトレーニングがジャンプ能力及びプレーに与える影響」について研究を行っています。

女子バレー部では、2020年8月から熊野先生にジャンプトレーニングを指導して頂き、指導して頂く前と後(約半年後)では、実にアタックジャンプの高さをチーム平均で約9cmアップする事が出来ました。

熊野先生のジャンプトレーニングは、大殿筋を鍛えるウォーミングアップやハムストリングスを強化するトレーニング等、お尻周りのトレーニングのヴァリエーションがとても豊富です。
また実際に跳ぶというトレーニングでは、跳ぶ前に意識する事としてランディング、つまり着地の仕方から丁寧に細かくご指導をされます。

これらのトレーニングを経てジャンプ力が上がってくると、選手達はアタックでボールを打つ際に、目一杯腕を挙上しなくてもアタックが打てるようになる為、ジャンプ力アップに伴い打力、すなわち、ボールの威力も上がっているように感じます。

現在は、ブロック動作のジャンプトレーニングにも取り組み、「横方向に移動して跳ぶ」練習をしています。

「跳ぶ」を更に追求していきたいと思います。
 

この記事を書いた人
水野 秀一
水野 秀一 - みずの しゅういち -

RELATED POST関連記事

  • なぜオミクロン株で、若者も気をつけなければならないの?
      いま世界中でオミクロン株の感染者数が異次元な増え方をしています。 下はWHOが毎週出している世界の感染者数のグラフです。 いまの増え方がいかに異次元化ひとめでわかると思います。 (出典: [...続きを読む]
  • いまも影響力を持ち続ける人生論
    武者小路実篤が著した『人生論』の序を少し引き写してみよう。 それを読むことで、もしかしたら読んでみようと思う気になる人も出てくるかもしれない。 序にはこう書かれてある。 「この本だけ読めば僕が人生に就 [...続きを読む]
  • コーチの眼
    スポーツ現場では、コーチがアスリートのパフォーマンスを評価する際に、記録などの競技結果はもちろん選手自身の感覚や“コーチの眼”が用いられます。 特に「動き」については、運動のリズム、流れ、力み(りきみ [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 成功のカギは、結果が出るまで「待つ」ことができるかどうか
      競技スポーツには常に勝者と敗者が存在し、その差はごく僅か、紙一重です。 勝ち負けは2分の1、5割の確率で決まりますが、アスリート個人のパフォーマンスはどのくらいの確率で「成功」となるので [...続きを読む]
  • 言うまでもないこと
      先日、「暗黙の了解です」「言うまでもない前提なので」という事態に直面しました。 個人的には「ちゃんと言ってくれていたら・・・」という気持ちになりましたが、このような言わずもがなの事項は身 [...続きを読む]
  • 色彩と印象
      人は、第1印象(1秒~6秒程度)を、 ①外見や服装 ②表情・視線 ③話し方・声の質 ④しぐさ・姿勢 ⑤話す内容 で決定しているそうで、このことを「初頭効果」と言います。 初頭効果とは、最 [...続きを読む]
PAGE TOP