コラム

オンライン留学(後編)

後編は、オンライン留学プログラムから得られたものについて整理してみたいと思います。

 私は5日間の全てのプログラムには参加できませんでしたが、初めての試みを通して感じたことは、学生たちの柔軟性と適応力です。

オンラインにおけるコミュニケーションは、タイムラグがあったり、通信環境が不安定であったりして難しい場面もあります。しかし、学生たちは早い段階でオンラインの環境に慣れ、スタッフの方や現地の子どもたちと自然な笑顔でやり取りができており、参加者同士の打ち解けた雰囲気も感じることができました。

また、学生たちはオンラインによるプログラムを、それぞれのペースで前向きに楽しんでいるように見えたので、実際に海外の方と出会う場面でも、充分にコミュニケーションが図れるのではないかと感じ、彼らの可能性も垣間見た気がしました。

そして、オンラインを通して知りえた事柄から課題を明らかにし、少人数で意見を共有しながらディスカッションし、解決策を導くプロセスを通して、多様な視点を学べることも分かりました。

加えて、それらを英語で表現することも課されていたので、現地訪問の研修ではなかなか深めることができない部分を習得することができるように感じました。もちろん、片言の英語でも大丈夫です。サポートしてくださるスタッフもいますし、現地の方も温かく受け止めてくれます。

その他、「海外に興味はあるけれど英語が苦手だから心配…」、「日本人スタッフがいると安心なのだけれど…」、「金銭面での折り合いがつかない…」、「まだ感染症が不安…」などというケースもあると思うので、海外研修の事前準備としてオンライン留学プログラムを活用するのも良いのではないかと感じました。

私自身、オンライン留学プログラムは学生たちにどのような効果があるのだろうと半信半疑なところがありました。しかし、実際に現地に出向くことができなくてもオンラインを通して外国に触れ、理解し、英語を学ぶことは、ある程度可能であり、効果的なツールであると実感することができました。

少しでも海外に関心を持っている皆さん、ご参加をお待ちしております。

この記事を書いた人
平林 恵美
平林 恵美 - ひらばやし えみ -

RELATED POST関連記事

  • 「大切なこと」をスケッチする②―2度と戻らない美しい日
    研究で疲れた時、音楽を聴きます。 お気に入りの1曲に小沢健二さんの「さよならなんて云えないよ(美しさ)」があります。 「青い空が輝く 太陽と海のあいだ」という詩的なフレーズからはじまり、他愛もないこと [...続きを読む]
  • 生きること自体に対する不平等 ―人間平等を再考する―
      関西福祉大学の建学の精神の1つに「人間平等」があります。 これは、「人間は、一人ひとり違う。しかし、“大切な存在である”という意味(価値)においては平等である」ことを意味します。 そして [...続きを読む]
  • もう一度走れるように ~あの頃のように~
      昨夏、コロナ太りも起因して、体重がベストよりも25キロほどオーバーしたところで、このままではダメだ! 「もう一度走れるように」という思いに至った。 その数日前、「痩せないとだめですよ」と [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • なぜ社会福祉学部で政策やビジネスを学ぶのか
      タイトル、2024年4月から関西福祉学部社会福祉学部社会福祉学科では、新たに社会マネジメント専攻が立ち上がります。 「そうなんだー。」と納得される方もいるかと思いますが、多くの方が「なん [...続きを読む]
  • 本学伝統のコミュニティアワーのテーマに関する覚書(前編)
      関西福祉大学(の社会福祉学部社会福祉学科)が開学以来ずっと行ってきているユニークな教育プログラム、それが「コミュニティアワー」です。 教室を飛び出して、地域社会全体をフィールドに展開する [...続きを読む]
  • 「推し」の心理
      近年、「推し」ということをよく耳にします。 アイドルや芸能人を指して「私の推しは〇〇」という発言や、大人気アニメのタイトルにも用いられています。 それ程までに一般化した「推し」とは、どの [...続きを読む]