コラム

カナダ バンクーバー研修記(後編)

後編は、研修プログラムについてご紹介したいと思います。

プログラムの柱は、
〇英語研修
〇福祉施設交流訪問・医療機関視察
〇デイケア(保育園)におけるボランティア
の3つでした。

英語研修は、キャンパス内では英語しか使えず、はじめは学生たちもコミュニケーションに戸惑っていたようでしたが、授業は楽しみながら学べるような工夫がされていました。

また、とても明るくお母さんのような温かさが溢れる先生のおかげで、次第に学生たちは身振り手振りを交えながら英語で伝えようとする姿が増え、笑顔も見られるようになっていたので、以前よりも英語への敷居が低くなったのではないかと感じました。
ちなみに昼食は、それぞれのホームステイ先のホストマザーが用意してくれたランチをおいしそうに食べていました。

高齢者福祉施設への交流訪問では、入居者に日本の歌を披露したり、折り紙を一緒に折ったりしながら穏やかな交流を図りました。医療機関の視察では病院、ウォークイン・クリニック、薬局を訪問しカナダの医療保険制度に触れ、学生たちは日本と比較しながら興味津々の様子でした。

そして、デイケアにおけるボランティアでは、遊びを中心とした施設や学習に力を入れた施設、さまざまな教育法を取り入れた施設など、それぞれ特色の異なるデイケアに分かれて子どもたちと過ごしました。言葉の壁だけでなく、海外でのボランティアは精神的な負担もあったことと思いますが、カナダの教育制度や教育に対する考え方に刺激を受けながら、大きなチャレンジをやり遂げてくれた学生たちはとても頼もしかったです。

今回私が感じたことは、「この経験をもっと多くの学生にしてほしい」ということです。

学生たちは海外を知ったことで、自分たちが暮らしている日本のことをまずはもっと理解することが大切なのではないかと話していました。

多様な考え方に触れる経験は、価値観に変化をもたらします。

その価値観の変化は、人生観にも繋がっていきます。

一度しかない人生、学生には心が揺さぶられるような経験をたくさんしてほしいと思っています。

この記事を書いた人
平林 恵美
平林 恵美 - ひらばやし えみ -

RELATED POST関連記事

  • 「大切なこと」をスケッチする③―心で分かる、だから行動が伴う―
    楽天イーグルスのオコエ瑠偉選手のツイッターが大きな反響を呼んでいます。 オコエ選手は東京都出身でナイジェリア人の父親がいます。 保育園の頃、親の似顔絵を描く際に、先生が「肌色で塗りましょう」と言った時 [...続きを読む]
  • 「大切なこと」をスケッチする②―2度と戻らない美しい日
    研究で疲れた時、音楽を聴きます。 お気に入りの1曲に小沢健二さんの「さよならなんて云えないよ(美しさ)」があります。 「青い空が輝く 太陽と海のあいだ」という詩的なフレーズからはじまり、他愛もないこと [...続きを読む]
  • その時その時を生きることの幸せ
    高校生諸君、世の中は思うようにいかないことが多い。 私は、幼少の頃はずっとそうだった。 5歳の時、母は死んだ。 父(後に叙勲をもらった立派な父)は居たけど、仕事ばかりで、私はほとんど関わった覚えがない [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • それでも、自分のゴールにむかう ~ストレスと受け止め方の話~
      大学で勤務をしていると、卒業生から連絡が入ったり、研究室に顔を見せにきてくれたりすることがあります。 社会人になって、元気に過ごしているという近況報告もあれば、少し働くことが辛くなってき [...続きを読む]
  • 「講義のオンライン化」は「オンライン講義」か①
      新型コロナの影響で日本全国の大学ではオンライン講義が行われています。 本学では6月になり一部対面授業が開始されたものの当面はこのような状況が続くかもしれません。 少なくとも後期も「オンラ [...続きを読む]
  • 福祉 feat.スポーツ
      アーティスト(歌手)が他のアーティストとコラボレーションして楽曲を創ることを、「featuring(フィーチャリング)」と言い、「○○ feat. ▲▲」のように表現します。 「feat [...続きを読む]
PAGE TOP