コラム

成功のカギは、結果が出るまで「待つ」ことができるかどうか

 
競技スポーツには常に勝者と敗者が存在し、その差はごく僅か、紙一重です。

勝ち負けは2分の1、5割の確率で決まりますが、アスリート個人のパフォーマンスはどのくらいの確率で「成功」となるのでしょうか?

日本で最も盛んなスポーツであるプロ野球では、一流と言われるバッターの打率は3割台なので、6割強の確率で凡打などに終わっているということです。
その他のスポーツ種目でも、シュートが入る確率、試技が有効となる確率などは決して高くなく、スポーツはほぼ失敗で成り立っているということができます。

ほぼ失敗で成り立っているが故に、上手くいったとき、勝利を収めた時の喜びは格別であるのがスポーツの醍醐味でもあります。

沢山の失敗の中から僅かな成功を掴み取るまでに、膨大な時間を要する場合が少なくありません。

記録を競う個人競技では、0.01秒、1cmの自己記録を数年間更新できない場合もざらにあります。
そのような苦しい期間が続くと、いま自分が取り組んでいるトレーニングや練習が間違っているのではないか、コーチや環境が悪いのではないか、自分は競技に向いていないのではないか、しばしばそんな思考に陥ってしまいます。

失敗が続く時は何かに原因を見出すことも大切ですが、「待つ」ということができていないだけの場合も沢山あります。

トレーニングや練習の効果はそんなにすぐには現れず、人の身体は一瞬で変化などしません。
例えば、筋力トレーニングを毎日必死に行っても、数週間、数カ月と継続してはじめて筋肥大や筋力アップなどの効果が目に見えて現れます。また、筋力などの基礎体力が向上したとしても、それが動作の感覚とマッチする、プレーやパフォーマンスの向上へと繋がるためには、相当な長い時間を要することになります。
そして、競技会では緊張やコンディション、対戦相手や外的環境など、膨大な数の要因がプレーやパフォーマンス、勝敗に影響を与えます。

そんな特性を持つスポーツにおける成功のカギは、結果が出るまで「待つ」ことができるかどうか、です。

いま取り組んでいる練習やトレーニング、考え抜いて、ベストを尽くして取り組んでいるのであれば、自分を信じて結果が出る時が来るのを待つことも必要ではないでしょうか。

競技スポーツには常に勝者と敗者が存在し、その差はごく僅か、結果が出るまで「待つ」ことが出来たか否かの紙一重で決まることも沢山あります。

この記事を書いた人
熊野 陽人
熊野 陽人 - くまの あきひと -

RELATED POST関連記事

  • なぜ社会福祉学部で政策やビジネスを学ぶのか
      タイトル、2024年4月から関西福祉学部社会福祉学部社会福祉学科では、新たに社会マネジメント専攻が立ち上がります。 「そうなんだー。」と納得される方もいるかと思いますが、多くの方が「なん [...続きを読む]
  • もう一度走れるように ~あの頃のように~
      昨夏、コロナ太りも起因して、体重がベストよりも25キロほどオーバーしたところで、このままではダメだ! 「もう一度走れるように」という思いに至った。 その数日前、「痩せないとだめですよ」と [...続きを読む]
  • バレーボールにおけるサーブ戦術
      ネット型球技におけるサーブは「最初の攻撃」として非常に重要視されます。 バレーボールにおけるサーブも同様で、仮にサーブで25点を取れれば勝ちとなります。 ただ、そう簡単にサーブで点数を奪 [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 日本で唯一!関福大の「スポーツ福祉学」とは?
      従来、スポーツと福祉の関わり方と言えば、アダプテッドスポーツ、障がい者スポーツ(パラスポーツ)、リハビリテーション、介護予防、健康づくりという考え方・領域が主流でした。 いずれも、“全て [...続きを読む]
  • なぜ社会福祉学部で政策やビジネスを学ぶのか
      タイトル、2024年4月から関西福祉学部社会福祉学部社会福祉学科では、新たに社会マネジメント専攻が立ち上がります。 「そうなんだー。」と納得される方もいるかと思いますが、多くの方が「なん [...続きを読む]
  • 本学伝統のコミュニティアワーのテーマに関する覚書(前編)
      関西福祉大学(の社会福祉学部社会福祉学科)が開学以来ずっと行ってきているユニークな教育プログラム、それが「コミュニティアワー」です。 教室を飛び出して、地域社会全体をフィールドに展開する [...続きを読む]