コラム

尊厳教育とは何か?

 
日本の経済成長と暮らしを支えるために原子力発電が必要と考えられています。
でも、原子力発電所付近の住民は、放射能に被曝する可能性に晒されています。

同様に、日本の安全保障のために沖縄に米軍基地がおかれています。
でも、沖縄の人たちは、ヘリコプターや飛行機の墜落、米兵による犯罪などの危険に晒されています。

全体の利益のために一部の人が犠牲になるこうした構造を、哲学者の高橋哲哉さんは犠牲のシステムと呼びました。

さて、みなさんは「全体の利益のために一部の人が犠牲になるシステム」をどう思いますか。
大学に入学間もない1年生に聞くと、ほとんどの人が「仕方ない」と答えます。これは、全体の利益のためには一部の人が犠牲になるのは「仕方ない」ということです。

ここには「数の論理」があります。

それは「多いものの方が尊重されるべき」といった思考です。
これに対して「固有名の倫理」とでも表現すべきものがあります。
これは、人間一人ひとりは「数の論理」に還元されない別格な価値、すなわち尊厳があるといった思考です。

一人ひとりに尊厳を感じることができれば、「全体の利益のために一部の人が犠牲になるのはおかしい」と感じます。
こうした感性そして人間理解を育むことが、社会福祉学部で取り組んでいる尊厳教育です。

この記事を書いた人
中村 剛
中村 剛 - なかむら たけし -
福祉現場の経験と哲学という営みを通して、社会福祉の根拠となる「知」を明らかにしたいと思っています。

RELATED POST関連記事

  • 子どもに寄り添う大切さ
      私が「児童相談所」に勤めている時の話です。 5月のある日、中学3年のMさんが母親に連れられて来られました。 来談した理由は、「不登校」です。 中学2年の2学期から登校しぶりが見られ、中学 [...続きを読む]
  • 災害ボランティアと受援力
    1995年の阪神・淡路大震災では、死者約6,434人という大きな被害がありました。 そして震災で被災した方へ支援するために、1995年から約1年間に約137万人がボランティア活動をしており、その様子を [...続きを読む]
  • 生きること自体に対する不平等 ―人間平等を再考する―
      関西福祉大学の建学の精神の1つに「人間平等」があります。 これは、「人間は、一人ひとり違う。しかし、“大切な存在である”という意味(価値)においては平等である」ことを意味します。 そして [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • なぜ社会福祉学部で政策やビジネスを学ぶのか
      タイトル、2024年4月から関西福祉学部社会福祉学部社会福祉学科では、新たに社会マネジメント専攻が立ち上がります。 「そうなんだー。」と納得される方もいるかと思いますが、多くの方が「なん [...続きを読む]
  • 本学伝統のコミュニティアワーのテーマに関する覚書(前編)
      関西福祉大学(の社会福祉学部社会福祉学科)が開学以来ずっと行ってきているユニークな教育プログラム、それが「コミュニティアワー」です。 教室を飛び出して、地域社会全体をフィールドに展開する [...続きを読む]
  • 「推し」の心理
      近年、「推し」ということをよく耳にします。 アイドルや芸能人を指して「私の推しは〇〇」という発言や、大人気アニメのタイトルにも用いられています。 それ程までに一般化した「推し」とは、どの [...続きを読む]
PAGE TOP