コラム

誰もが幸せであるために ~ユマニチュード~

 
人は、社会的な交流をもち、尊厳を守られながら生きる権利を持っています。

人生100年時代といわれる今、85歳以上の4人に1人が認知症もしくは軽度認知障害になることも予想されています。
たとえ、認知症になったとしても、尊厳を守られることはとても大切なことです。
認知症の方への対応の仕方として、フランスのイヴ・ジネストさんとロゼット・マレスコッティさんによって開発された「ユマニチュード」といわれる技法があります。ユマニチュードでは、「人は、死ぬまで立つことができ、死を迎えるまで人は立つ機会をもつことが可能である」という哲学のもと、「みる」「話す」「触れる」「立つ」という4つの技法が主に重要であるとされています。

認知症になり、空間認知力に支障がでてしまうと視界が狭まるとも言われています。
高齢者に安心して頂くために、ケアをする人はまず、部屋のドアを3回ノックし、高齢者の正面から近づき視界に入るようにします。もし高齢者が寝たきりの場合だと、ベッドボードを2回ノックします。高齢者から返答があれば、ケアをする人は、挨拶から始め、これからどのようなケアをさせて頂くのかを伝えます。前ぶれもなく突然触られると、誰でも驚きますよね。ですので、まずは安心して頂くためのコミュニケーションをとるのです。
ケアをする人は、優しくゆったりした口調で、これから行うケアの内容についても伝えます。
例えば、体を清拭する場合には、意図を伝えたうえで、優しくタッチするように触れていきます。そして、ユマニチュードでは、寝たきりの方であっても、20分程度立って歩く機会を持つことも大切であると言われています。

私は、ユマニチュードが実践されている場面をテレビで見たことがあります。
ベッドに寝たきりで困惑した表情をしていた高齢者が、ユマニチュードを実践されると、立ちあがって少しずつ歩き、笑顔を見せて、ケアをする人の言葉にしっかりと返答するようになっておられました。

この姿を拝見することで、人はいつ、どのような場であっても尊厳を守られる権利を持っているのだと改めて感じました。

高齢者が幸せでいてくだされば、ケアをする人との間にも愛の循環が生まれ、幸せの連鎖が生じるようになるのではないでしょうか。

高齢者のケアをするとき、これらのことを今一度思い起こしてみたいものです。

この記事を書いた人
一瀬 貴子
一瀬 貴子 - いっせ たかこ -

RELATED POST関連記事

  • 谷口ゼミの実践領域
    最近の活動では、 「障害者の高齢化に伴うさまざまな課題への対応」と 「障害者虐待に係る対応」 が中心となっています。 障害者の高齢化により、わが国の法制にはいくつもの狭間や課題があること、法制以上に私 [...続きを読む]
  • 男性介護者のストレス軽減のためのヒントについて
    私は、社会福祉士および認知症ケア指導管理士の資格を持っています。 主な研究分野として、男性介護者による介護に対して、地域包括支援センターの社会福祉士がいかなる支援をすればよいのかなどについて、研究を行 [...続きを読む]
  • ボランティアから得られるもの(後編)
      前編(リンク)でもお話しした通り、ボランティアは自発的な活動です。 しかし、自分 1 人で行動することはハードルが高く、「誰かに誘われて」「声をかけてもらって」始める人も少なくありません [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • なぜ社会福祉学部で政策やビジネスを学ぶのか
      タイトル、2024年4月から関西福祉学部社会福祉学部社会福祉学科では、新たに社会マネジメント専攻が立ち上がります。 「そうなんだー。」と納得される方もいるかと思いますが、多くの方が「なん [...続きを読む]
  • 本学伝統のコミュニティアワーのテーマに関する覚書(前編)
      関西福祉大学(の社会福祉学部社会福祉学科)が開学以来ずっと行ってきているユニークな教育プログラム、それが「コミュニティアワー」です。 教室を飛び出して、地域社会全体をフィールドに展開する [...続きを読む]
  • 「推し」の心理
      近年、「推し」ということをよく耳にします。 アイドルや芸能人を指して「私の推しは〇〇」という発言や、大人気アニメのタイトルにも用いられています。 それ程までに一般化した「推し」とは、どの [...続きを読む]
PAGE TOP