コラム

バレーボールにおけるサーブ戦術

 
ネット型球技におけるサーブは「最初の攻撃」として非常に重要視されます。

バレーボールにおけるサーブも同様で、仮にサーブで25点を取れれば勝ちとなります。
ただ、そう簡単にサーブで点数を奪える訳ではありませんので、第二の目的として相手のレシーブを崩して攻撃を単調にさせる、つまり、自チームのブロック&ディフェンスの隊形を取りやすくするという事があります。

ある世界大会のデータでは、上位に入ったチームでさえ、サーブの第二の目的であるレシーブを崩された場合のアタック効果率(得点になったアタック数から、アタックミスや相手にブロックされた本数を引いて総打数で割った数字)が5~10%になっているという事が示されました。

つまり、いかにサーブで攻めて相手のレシーブを乱し、攻撃力を弱めて自チームのカウンターアタックに繋げられるかという事がブレイク(連続得点)の機会を増やしていく事になります。

では、どのようにすれば相手のレシーブを乱すサーブを打つ事が出来るのでしょうか?

ある実験によるとジャンプフローターサーブ(ジャンプをしてボールに回転をかけずに打つサーブ)では、「打点を高くする」「打ち出し角度を真っ直ぐにする」「初速度を速くする」という事をすれば相手がレシーブする時にボールがブレるという事が示されました。これらに加え、レシーバーが構えている前に落とすショートサーブや、サーバーが見ている方と反対に打つフェイクサーブ等でレシーバーと駆け引きする事も重要になってきます。

そして最後にサーブの第三の目的として、自分達のリズムが良い時には相手が準備できる前に早く打ったり、反対にリズムが悪い時にはルール内の8秒間を目一杯使ってチームを落ち着かせたりといった事があります。

テレビでバレーボールの試合を見る際には、ぜひサーブの駆け引きにも注目してご覧下さい。

この記事を書いた人
水野 秀一
水野 秀一 - みずの しゅういち -

RELATED POST関連記事

  • 国境を越える人々の健康管理
      昨今のコロナ禍で国境を越える人の流れは抑制されている状況にありますが、これから新型コロナウイルスとの付き合いかたが定着するにつれて、再び国境が開いてゆくものと思われます。 国境を越える人 [...続きを読む]
  • コーチング学って何? -体力やトレーニング効果を数字で表す-
    体育・スポーツに関する学問には様々なものがあります。 社会科学系では、体育哲学、スポーツ社会学、スポーツ心理学など、自然科学系では運動生理学、バイオメカニクス、スポーツ医学など、その分野は多岐にわたり [...続きを読む]
  • 政教分離と私立学校
      高校生から「うちの学校では宗教の時間がある。これは憲法違反ではないのか。」と質問されることがあります。 確かに、日本国憲法第二十条「①信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • なぜ社会福祉学部で政策やビジネスを学ぶのか
      タイトル、2024年4月から関西福祉学部社会福祉学部社会福祉学科では、新たに社会マネジメント専攻が立ち上がります。 「そうなんだー。」と納得される方もいるかと思いますが、多くの方が「なん [...続きを読む]
  • 本学伝統のコミュニティアワーのテーマに関する覚書(前編)
      関西福祉大学(の社会福祉学部社会福祉学科)が開学以来ずっと行ってきているユニークな教育プログラム、それが「コミュニティアワー」です。 教室を飛び出して、地域社会全体をフィールドに展開する [...続きを読む]
  • 「推し」の心理
      近年、「推し」ということをよく耳にします。 アイドルや芸能人を指して「私の推しは〇〇」という発言や、大人気アニメのタイトルにも用いられています。 それ程までに一般化した「推し」とは、どの [...続きを読む]
PAGE TOP