コラム

充実した実習とするためには

 
社会福祉士の実習は、社会福祉士を目指す学生にとって大きな学びが得られる機会となります。

私は社会福祉士の実習指導の授業を担当していますが、学生さんと話してみると、実習前は不安で自分は大丈夫かな…と思うことが多いようです。しかし、実習を終えた後は達成感が感じられ、自信がある表情に変わっている様子を目の当たりにします。学生さんが頑張られた成果なのだと思います。

どうしたらそのような充実した実習になるのでしょうか。

それは目的意識を持つことだと思っています。実習前に、学生さんは様々な目標や計画を立てます。

ですが、実習先で行っていることに対するイメージが実際に実習に行くと異なることもあるため、目的や計画が頭の中でガラガラと崩れることもあります。それでもそこからが勝負です。そのような場合でも自ら行動して、疑問点を持つ。学びたいという姿勢をもって、新しい目標を見つけるような能動的な姿勢が大切なのだと思います。

在学中に、利用者の方と接すること、職員の方のお話を伺うこと、現場を体験することは、本当に貴重な機会です。
コロナ禍の影響を受けて対面での実習が行えないケースや見学もままならないケースもあることから、それがより一層感じられるようになりました。

実習で試行錯誤しながら、学んでほしいと思っています。
きっとそれがかけがえのない経験になると思います。

この記事を書いた人
萬代 由希子
萬代 由希子 - まんだい ゆきこ -

RELATED POST関連記事

  • 「大切なこと」をスケッチする①―忘れないこと、思いを馳せること
    先日、「すべての子どもが、大人になれますように」という言葉が目に留まりました。 『グッド・ドクター』というドラマの再放送です。 そこには2人の女の子が登場します。脳死状態になった4~5歳くらいの小さな [...続きを読む]
  • ストレスがたまって疲れが取れなくて困っているあなたへ
      関西福祉大学社会福祉学部一瀬貴子です。 福祉職や看護職、教師など対人援助の仕事は心身の疲労を招きやすいといわれています。 それは、他者の幸せの構築のために援助職の心身の情緒的エネルギーを [...続きを読む]
  • いまも影響力を持ち続ける人生論
    武者小路実篤が著した『人生論』の序を少し引き写してみよう。 それを読むことで、もしかしたら読んでみようと思う気になる人も出てくるかもしれない。 序にはこう書かれてある。 「この本だけ読めば僕が人生に就 [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • なぜ社会福祉学部で政策やビジネスを学ぶのか
      タイトル、2024年4月から関西福祉学部社会福祉学部社会福祉学科では、新たに社会マネジメント専攻が立ち上がります。 「そうなんだー。」と納得される方もいるかと思いますが、多くの方が「なん [...続きを読む]
  • 本学伝統のコミュニティアワーのテーマに関する覚書(前編)
      関西福祉大学(の社会福祉学部社会福祉学科)が開学以来ずっと行ってきているユニークな教育プログラム、それが「コミュニティアワー」です。 教室を飛び出して、地域社会全体をフィールドに展開する [...続きを読む]
  • 「推し」の心理
      近年、「推し」ということをよく耳にします。 アイドルや芸能人を指して「私の推しは〇〇」という発言や、大人気アニメのタイトルにも用いられています。 それ程までに一般化した「推し」とは、どの [...続きを読む]