コラム

正しいアドバイスの役にたたなさ

 
大学教員として働いていると、在学生や卒業生からさまざまな相談を受ける。

在学生からは家庭のことや進路、勉強のことが多く、卒業生からは職場の人間関係や転職についてのことが多い。

ソーシャルワーカーの業務における面接にも通じることだが、そのような場合、本人は無自覚かもしれないが、「聴いてほしい」というニーズが根底にある場合が多い。

相談してくる人は、例えば職場の気難しい先輩との付き合い方について、自分が直面しているややこしい、こんがらがった状況について人に説明し、自分の思いを言語化することによって整理できる面があるようだ。

それを満たすことができれば、相談に乗った方としてもうれしい。

相手の話を聴くだけではなく、アドバイスをすることもある。
だが、最近この「アドバイス」について、ものによっては「役に立つことがあるのかな?」と疑問に思うことがある。

一般的に、世の中にはどこの誰が聞いても正しい、文句のつけようのないアドバイスというものがある。
自己肯定感の低い人に対して、「もっと自信を持ちなさい」とか、自暴自棄気味になってしまっている人に「自分を大切にしなさい」とか。

悩んでいる人を見ると、ついそうした言葉をかけたくなるものだ。

しかし、よくよく考えてみると、その人は「自信を持てない」から困っているのだし、「自分を大切にする方法」を知っていればもう大切にしているはずである。

悩んでいる人を励まそうとして、こうした言葉をかけることにはいたわりを伝えるという意味があるかもしれないが、問題への対処方法としては役にたたない。

「目的地Aへ行きなさい」とだけ伝えて、行き方が記された地図を渡さない、といったようなピントのずれを感じてしまう。
 

この記事を書いた人
岩間 文雄
岩間 文雄 - いわま ふみお -

RELATED POST関連記事

  • 「障害当事者の声」の政策反映
    2006年に国連総会において、障害者権利条約が採択されました。 障害者権利条約とは障害者の権利を実現するために国で行うべきことが決められてあり、2014年に日本も締結しています。日本では条約の内容をさ [...続きを読む]
  • コーチング学って何? -体力やトレーニング効果を数字で表す-
    体育・スポーツに関する学問には様々なものがあります。 社会科学系では、体育哲学、スポーツ社会学、スポーツ心理学など、自然科学系では運動生理学、バイオメカニクス、スポーツ医学など、その分野は多岐にわたり [...続きを読む]
  • 虐待を受けた子ども達の心の傷
    近年、虐待によって幼い命が奪われるという痛ましいニュースをよく目にするようになりました。 実際、児童相談所の虐待相談対応件数は増加の一途をたどっています。 ここでは児童虐待をめぐる心の傷つきについて取 [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 成功のカギは、結果が出るまで「待つ」ことができるかどうか
      競技スポーツには常に勝者と敗者が存在し、その差はごく僅か、紙一重です。 勝ち負けは2分の1、5割の確率で決まりますが、アスリート個人のパフォーマンスはどのくらいの確率で「成功」となるので [...続きを読む]
  • 言うまでもないこと
      先日、「暗黙の了解です」「言うまでもない前提なので」という事態に直面しました。 個人的には「ちゃんと言ってくれていたら・・・」という気持ちになりましたが、このような言わずもがなの事項は身 [...続きを読む]
  • 色彩と印象
      人は、第1印象(1秒~6秒程度)を、 ①外見や服装 ②表情・視線 ③話し方・声の質 ④しぐさ・姿勢 ⑤話す内容 で決定しているそうで、このことを「初頭効果」と言います。 初頭効果とは、最 [...続きを読む]
PAGE TOP