コラム

コロナ渦でも学生が頑張ったこと!その① ~「第9回子ども支援セミナー」の開催~

 
昨年は新型コロナに翻弄された一年でした。
本学でも卒業式、入学式が中止になりました。
それだけではなく、大学はオンライン授業になりました。
大学内は学生立ち入りができずZoomでの授業になりました。
私は機械音痴でZoomに慣れるのに悪戦苦闘しました。
学生達はさすが頭脳が柔軟です。
私よりは早くオンライン授業に慣れたかなと思います。

「第9回子ども支援セミナー」開催中止か?
「子ども支援セミナー」は本学でも定着した研修会です。
いじめ、不登校、発達障害、児童虐待など現代の子どもの重大な課題に焦点を当てた研修会です。
例年150~200名の参加者があります。

コロナの第一波で『緊急事態宣言』が発出され、「今年はセミナーも中止せざるを得ないか」と考えていましたが、加藤学長から「オンライン研修会はできないかな」と助言をいただき開催する運びとなりました。
基調講演予定の大阪府立大学院の山野則子先生からも快諾をいただき準備することになりました。
例年、4年生(SSW教育課程)と2年生(演習・コミアワⅡゼミ生)の学生実行委員が中心になってこのセミナー際に前期に学んだ内容をポスター展示やその他の展示物を作成するのですが、昨年はSW(ソーシャルワーク)実習が中止になったので3年生も加わりさまざまな展示物を作成しました。

Zoomでの打ち合わせ会議を何度も行い、初夏からの限られた「対面式授業」で展示物のパーツを組み合わせていく作業を繰り返しました。
ポスター発表は、2年生「いじめ、不登校」「発達障害」、3年生は「児童養護施設、児童心理治療施設」(SW実習に行ったならを仮定して)、4年生は「SSW(スクールソーシャルワーク)」を発表しました。
展示物は2年生中心に「コロナ渦で子どもに読んで欲しい絵本紹介」、「改めて読んで欲しい日本文学の名作紹介」、「家庭内でも親子で作れるペーパークラフト」等を作成して展示しました。

大学3学年の協働作業だったですが、それぞれオンラインや限られた対面式授業を有効に使いながら、互いに連絡を取り合い、頑張って達成してくれたと思います。
これらの展示物は8月に2回開催された本学のオープンキャンパス(対面式)にも展示され参加した高校生や保護者にも好評を得ました。

第9回子ども支援セミナーの開催状況
「第9回子ども支援セミナー」(8月17日)は前述のとおりZoomで開催しました。
「コロナ禍における子ども達の支援~子どもを取り巻く学校・家族・地域の協働、スクールソーシャルワーカーの役割を中心に~」が貴重テーマです。
全国から223名のオンライン参加者を得ました。東京都始め関東圏の参加、中国・四国・九州地区からも参加を得ました(奄美大島の高校生が参加してくれました。嬉しかったです)。

このコロナ渦ですが、ICTでのコミュニケーションの拡がりを感じた研修会でした。

この記事を書いた人
八木 修司
八木 修司 - やぎ しゅうじ -
研究室では大勢の学生がいます!特にお昼前後は混み合っています!!と言うのも昼食をともにしながら午後のゼミについて等、相談しています。「関福」で最も人口密度の高い研究室かも!!

RELATED POST関連記事

  • ブレイクスルーを可能にする理念と使命―職場のマンネリを突破する力―
      社会福祉学部では、学生に身につけてもらいたい教養の力と専門性を『学士スタンダード』という100ページほどの冊子にまとめています。 これを学生に配布し、1年次のゼミのテキストとして使用して [...続きを読む]
  • 認知症の人は「言ってもすぐ忘れる人」なのか?
    多くの人は、認知症や知的障害のある人のことを「何も分からない人」「言ってもすぐ忘れる人」と考えているようです。 しかし、近年の研究では、認知症の人は10分前にご飯を食べたことを忘れるなど、最近おこった [...続きを読む]
  • 男性介護者のストレス軽減のためのヒントについて
    私は、社会福祉士および認知症ケア指導管理士の資格を持っています。 主な研究分野として、男性介護者による介護に対して、地域包括支援センターの社会福祉士がいかなる支援をすればよいのかなどについて、研究を行 [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 子どもの「レジリエンス」という視点
      前回のコラムでは不適切な養育のもとに育った子どもたちの愛着について書きました。 今回は最近よく聞くようになった「レジリエンス」について書きたいと思います。 一般的にレジリエンスとは「ここ [...続きを読む]
  • 30年前の願い:オリジナル応援ソングに込めた想いとは
      辛いとき、悲しいとき、苦しいとき、その人を癒やしてくれるもの、元気づけてくれるものに歌という音楽があるのではないでしょうか。 それはある方にとってはポップかもしれないしロックかもしれませ [...続きを読む]
  • 僕の歩く道
      「僕の歩く道」は2006年に放送されたドラマで、自閉症の30代の青年である大竹輝明さんが主人公である。 少し古いドラマであるが、今観ても多くの学びや気づきが得られる。 大竹さんは職場での [...続きを読む]
PAGE TOP