コラム

「大切なこと」をスケッチする⑧ ―読書体験の可能性―

 
全国大学生協連(東京)の昨年の調査によると、大学生の48%が、1日の読書時間は「ゼロ」と回答しています。

一方、多くの人が「読書は大切」と言います。

大切である理由は、突き詰めて言えば、「人生に役立つから」というものです。

ただこれでは、読書は「人生の役に立つ」という目的のための「手段」になっています。
これとは別の理由を考えてみたいと思います。

本を「読む」とはどういうことでしょうか。
まず思い浮かぶのが、「物事のやり方や人生観を含め知識を得る」ということです。

なぜ読むかというと、知識がつく、思考力がつくからです。
これらは「人生に役立つ読書」といえます。

加えて、「本を読む」ことは「物語を理解する」といった場合もあります。
これは、必ずしも人生に役立つわけではなりません。
きっと、「面白いから読んでいる」のでしょう。
この場合は、読書をすること自体が「目的」となっています。
読書は「楽しみ」を提供することもあります。

しかし、読書には別の可能性があります。

古典と呼ばれ読み継がれている本を例にして、なぜ、地域・時代を超えて読まれているのか考えてみましょう。

例えば『星の王子さま』には、次の言葉があります。

「おれ(キツネ)の目から見ると、あんた(王子さま)は、まだ、いまじゃ、ほかの十万もの男の子と、べつに変わりない男の子なのさ。だから、おれは、あんたがいなくなったっていいんだ。あんたもやっぱり、おれがいなくたっていいんだ。あんたの目から見ると、おれは、十万ものキツネとおなじなんだ。だけど、あんたが、おれを飼いならすと(仲良くなると)、おれたちは、もう、おたがいに、はなれちゃいられなくなるよ。あんたは、おれにとって、この世でたったひとりのひとになるし、おれは、あんたにとって、かけがえのないものになるんだよ…」
サン=テグジュペリ著,内藤 濯訳『星の王子さま』p94. ( )内は私が挿入しました。

ここには、人は仲良くなる(絆を結ぶ)と、互いに“かけがえのない存在になる”という真実が語られています。

「読む」とは、こうした、真実についての語り・言葉を聴くことでもあるのです。
ここでいう真実とは、人間の本当の姿(良い面だけでなく悪い面も含めて)、人間にとって大切なこと(真理、善・正義、美、聖など)を意味します。

私たち人間は、物質的なもの、承認(人から認められること)を求め、人によっては、名誉、権力・地位を求めますが、それだけではありません。

人は真実を求めます。

それは、精神的な世界を生きる人間の最も本源的な欲求といえるでしょう。

この本源的な欲求に応える体験が読書であり、だから、読書は、「役に立つ」、「楽しい」といった次元を超えた「充実感、真実に触れた喜び」をもたらします。

私たちは、真実への欲求を潜在的に宿していいます。
読書は、それを顕在化させてくれる最も身近な営みです。
真実に触れた時、心は満たされ、世界は違った風に見えます。そうした体験こそが、読書のさまざまな可能性の中心にあるものだと思います。

読書は、それ自体が私たちにとって価値あること(目的)となる可能性を秘めているのです。

この記事を書いた人
中村 剛
中村 剛 - なかむら たけし -
福祉現場の経験と哲学という営みを通して、社会福祉の根拠となる「知」を明らかにしたいと思っています。

RELATED POST関連記事

  • 男性介護者のストレス軽減のためのヒントについて
    私は、社会福祉士および認知症ケア指導管理士の資格を持っています。 主な研究分野として、男性介護者による介護に対して、地域包括支援センターの社会福祉士がいかなる支援をすればよいのかなどについて、研究を行 [...続きを読む]
  • 子どもに寄り添う大切さ
      私が「児童相談所」に勤めている時の話です。 5月のある日、中学3年のMさんが母親に連れられて来られました。 来談した理由は、「不登校」です。 中学2年の2学期から登校しぶりが見られ、中学 [...続きを読む]
  • 「新型コロナと福祉思想」その2―自粛警察への違和感―
    ソーシャルワークの基盤には正義という価値があります。 そのため、先日、授業で正義の話をしました。 そこで正義についての留意点として 「正義感は、気をつけないと、それを守っていない人を攻撃したり、正義の [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 子どもの「レジリエンス」という視点
      前回のコラムでは不適切な養育のもとに育った子どもたちの愛着について書きました。 今回は最近よく聞くようになった「レジリエンス」について書きたいと思います。 一般的にレジリエンスとは「ここ [...続きを読む]
  • 30年前の願い:オリジナル応援ソングに込めた想いとは
      辛いとき、悲しいとき、苦しいとき、その人を癒やしてくれるもの、元気づけてくれるものに歌という音楽があるのではないでしょうか。 それはある方にとってはポップかもしれないしロックかもしれませ [...続きを読む]
  • 僕の歩く道
      「僕の歩く道」は2006年に放送されたドラマで、自閉症の30代の青年である大竹輝明さんが主人公である。 少し古いドラマであるが、今観ても多くの学びや気づきが得られる。 大竹さんは職場での [...続きを読む]
PAGE TOP