コラム

「新型コロナと福祉思想」その5―経済活動への眼差し、アルフレッド・マーシャルの視点―

一方で感染拡大を防ぎながら、もう一方で経済活動を徐々に再開させていく。

いま、そうした状況にいます。

私は経済学者ではありませんが、経済学にはアルフレッド・マーシャルの「Cool Heads but Warm Hearts(冷静な頭脳,されど温かな心)」という視点があると聞きます。

これは、「経済学を学ぶには、理論的に物事を解明する冷静な頭脳を必要とするが、そこには、階級社会の底辺に位置する人々の生活を何とかしたいという温かい心が必要だ」といった意味です。

新型コロナウイルスの状況下における経済活動を、冷静な頭脳で分析しなければなりません。
しかし、そうした分析の中には、本当に大変な状況にいる人へ温かな眼差しが必要です。

福祉の思想には、その眼差しの中に「自尊心を大切にする」という視点があります。

まず、収入がなく餓死してしまう、借金返済の目途が立たず命を絶ってしまう、こうした状況を生み出さないようにしなければなりません。

ただし、それだけでいいわけではありません。

自尊心は人が人として生きていく上で最も大切なものです。
仕事がない、解雇された、借金を重ねざるを得ない状況の中で、自尊心は大きく傷つきます。

経済活動は、人の生活だけでなく、命と自尊心を守るものでもあることを再認識したいと思います。

この記事を書いた人
中村 剛
中村 剛 - なかむら たけし -
福祉現場の経験と哲学という営みを通して、社会福祉の根拠となる「知」を明らかにしたいと思っています。

RELATED POST関連記事

  • 正しさはコワイ② 支援者が陥りやすい罠
    体罰やパワハラ・虐待などの背景には加害者側が信じる「正しさ」があり、それが強い怒りと激しい攻撃を正当化させることは前回お伝えしました。 今回は、相手を正そうとすることに関連した話題を書きたいと思います [...続きを読む]
  • 新型コロナが私たちに気づかせてくれたこと「ホームの貧しさ」
    「ステイ・ホーム」についてである。 これまでの感染症に対する人類の対処方法は、隔離(isolating)と集中(concentrating)に集約される。「おうちにいましょう」は隔離と集中の自主的な形 [...続きを読む]
  • 子ども食堂と市町のこれから
    ここ数年、「子ども食堂」が注目を集めています。 「こども食堂」は、子どもが一人でも行ける無料または低額の食堂のことです。 市民のボランティアによる取組みで、2018年の調査(むすびえの前身団体「こども [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • コロナ渦でも学生が頑張ったこと その② ~「コロナ渦でも元気で楽しく過ごす子どものコツ」冊子の制作~
      コロナ渦は大学生に心身ともに大ダメージ 新型コロナは日本において大学生に心身ともに大きなダメージを与えています。 小・中・高校生は登校できていますが、大学生は登校も叶わない時期が長く続い [...続きを読む]
  • コロナ渦でも学生が頑張ったこと!その① ~「第9回子ども支援セミナー」の開催~
      昨年は新型コロナに翻弄された一年でした。 本学でも卒業式、入学式が中止になりました。 それだけではなく、大学はオンライン授業になりました。 大学内は学生立ち入りができずZoomでの授業に [...続きを読む]
  • コミュニティによい実践② ~観光スポットの分析~
      2018年10月、『兵庫県赤穂市GAP調査報告書』が公表されました。 この報告書は全94頁、赤穂市のHPでどなたでも閲覧できます。実際の調査では全国1,052名もの協力者が回答しており、 [...続きを読む]
PAGE TOP