コラム

生きること自体に対する不平等 ―人間平等を再考する―

 
関西福祉大学の建学の精神の1つに「人間平等」があります。

これは、「人間は、一人ひとり違う。しかし、“大切な存在である”という意味(価値)においては平等である」ことを意味します。

そしてその精神は、「人間は価値においては平等のはずなのに、現実にはさまざまな不平等な扱いがある。そのことに目を向け、その不平等を無くそう」というものだと、私は理解しています。

こうした精神をもったすぐれた思想家にルソーがいます。
彼は『人間不平等起源論』の冒頭で「この書物で私は、自然が人間のあいだに作り出した平等と、人間が制度として作り出した不平等について考察をめぐらしました」と書いています。

ここでは「人間が作り出している不平等」の1つを取り上げたいと思います。
ほとんどの“いのち”は、この世界の中に生を受け、戸籍にその名が記載され、人生をスタートさせます。しかし、この世界に生を受けたものの「生きること」が叶わなかった“いのち”があります。

たとえば国の2017年度のデータでは、把握されている子どもの虐待死は52人。

このうち0歳児は28人。
さらに詳しく分析すると「0日」での死亡は14人。
つまり全体のおよそ4分の1が産まれたその日に死亡しているのです。

親が育てようとしないために「子どもにすらなることができなかった」“いのち”があるのです。

育児放棄をする親には重い責任がありますが、妊産婦を支える仕組みの不十分さ、さらには虐待の要因にもなっている貧困を生み出すメカニズムなど、社会の仕組み(制度)にも大きな問題があります。
人間が作り出している制度が1つの要因となり、生きること自体に対する不平等が生じているのです。

生まれてくる“いのち”は、最もか弱い存在です。
自分で、その状況を変えることはできません。

だからこそ、そうした存在の「声なき声」を聴き(感じ)、そこにある不平等に敏感であること。
そして、不平等を生み出す社会の仕組み(制度)を明らかにし、それを改善することが必要です。

これからも、こうした「人間平等」の精神に基づいた教育を展開していきたいと思います。

この記事を書いた人
中村 剛
中村 剛 - なかむら たけし -
福祉現場の経験と哲学という営みを通して、社会福祉の根拠となる「知」を明らかにしたいと思っています。

RELATED POST関連記事

  • コロナ渦でも学生が頑張ったこと その② ~「コロナ渦でも元気で楽しく過ごす子どものコツ」冊子の制作~
      コロナ渦は大学生に心身ともに大ダメージ 新型コロナは日本において大学生に心身ともに大きなダメージを与えています。 小・中・高校生は登校できていますが、大学生は登校も叶わない時期が長く続い [...続きを読む]
  • コミュニティによい実践② ~観光スポットの分析~
      2018年10月、『兵庫県赤穂市GAP調査報告書』が公表されました。 この報告書は全94頁、赤穂市のHPでどなたでも閲覧できます。実際の調査では全国1,052名もの協力者が回答しており、 [...続きを読む]
  • 「大切なこと」をスケッチする⑥―ALSとソーシャルワークの思想―
      7月24日(金)の新聞の一面に、「ALS(筋萎縮性側索硬化症)女性に薬物投与、嘱託殺人容疑として医師2名逮捕」というニュースが報じられました。 女性のツイッターには「屈辱的で惨めな毎日が [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 子どもの「レジリエンス」という視点
      前回のコラムでは不適切な養育のもとに育った子どもたちの愛着について書きました。 今回は最近よく聞くようになった「レジリエンス」について書きたいと思います。 一般的にレジリエンスとは「ここ [...続きを読む]
  • 30年前の願い:オリジナル応援ソングに込めた想いとは
      辛いとき、悲しいとき、苦しいとき、その人を癒やしてくれるもの、元気づけてくれるものに歌という音楽があるのではないでしょうか。 それはある方にとってはポップかもしれないしロックかもしれませ [...続きを読む]
  • 僕の歩く道
      「僕の歩く道」は2006年に放送されたドラマで、自閉症の30代の青年である大竹輝明さんが主人公である。 少し古いドラマであるが、今観ても多くの学びや気づきが得られる。 大竹さんは職場での [...続きを読む]
PAGE TOP