コラム

「新型コロナと福祉思想」その3―差別とかけがえのなさ―

先日テレビを見ていると、熊谷晋一郎さんが、新型コロナウイルス感染拡大予防の状況において、感染者をカテゴライズ(感染者のグループをつくる)することで生まれる差別について話をしていました。

熊谷さんが言う通り、人間は、ユダヤ人、ハンセン病、障がい者など、グループ化(抽象化)することで、それらの人を差別し、さらには虐殺や隔離をしてきました。

いま、感染者とカテゴライズすることによる生じる差別を防ぐ必要があります。

差別を生み出すカテゴライズ(グループ分け)によって隠蔽されるのが、顔と名前をもった“かけがえのないこの人”です。

ユダヤ人として虐殺された一人ひとりは、ハンセン病で隔離された一人ひとりは、他の人とは決して替わることができない人生を生きていました。

そしてそこには、望み、喜び、諦め、絶望といった人の心がありました。

作家のなだいなださんは、「私たちの思考は、抽象化によって、現実から離れれば離れるほど、残酷な面が現れてきます。逆に、想像力の再現によって現実に近づきます」(なだいなだ『人間、この非人間的なもの』筑摩書房,1985年,pp.50-51)と述べています。

感染者として抽象化して差別するのではなく、その固有のかけがえの人生を想像し、その人のことを思いやれることができる。

そうしたことが求められているのではないでしょうか。

この記事を書いた人
中村 剛
中村 剛 - なかむら たけし -
福祉現場の経験と哲学という営みを通して、社会福祉の根拠となる「知」を明らかにしたいと思っています。

RELATED POST関連記事

  • コロナ禍における言葉の違和感
    新型コロナウイルス(COVID-19)が蔓延し、さまざまな領域で大きな制約を受けているなか、私が感じていることを連載形式で述べていきたい。 まず今回のコロナ騒動で「新型コロナウイルス戦争」とか「未知の [...続きを読む]
  • 研究と福祉実践の共通点
      大学教員の仕事の一つに研究活動があります。 そして、大学生のみなさんも卒業論文に取り組まれます。 大学は研究機関であり、研究によって生まれる新しい発見や価値を発信する場所だと思っています [...続きを読む]
  • コーチの眼
    スポーツ現場では、コーチがアスリートのパフォーマンスを評価する際に、記録などの競技結果はもちろん選手自身の感覚や“コーチの眼”が用いられます。 特に「動き」については、運動のリズム、流れ、力み(りきみ [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • なぜ社会福祉学部で政策やビジネスを学ぶのか
      タイトル、2024年4月から関西福祉学部社会福祉学部社会福祉学科では、新たに社会マネジメント専攻が立ち上がります。 「そうなんだー。」と納得される方もいるかと思いますが、多くの方が「なん [...続きを読む]
  • 本学伝統のコミュニティアワーのテーマに関する覚書(前編)
      関西福祉大学(の社会福祉学部社会福祉学科)が開学以来ずっと行ってきているユニークな教育プログラム、それが「コミュニティアワー」です。 教室を飛び出して、地域社会全体をフィールドに展開する [...続きを読む]
  • 「推し」の心理
      近年、「推し」ということをよく耳にします。 アイドルや芸能人を指して「私の推しは〇〇」という発言や、大人気アニメのタイトルにも用いられています。 それ程までに一般化した「推し」とは、どの [...続きを読む]
PAGE TOP