コラム

「大切なこと」をスケッチする①―忘れないこと、思いを馳せること

先日、「すべての子どもが、大人になれますように」という言葉が目に留まりました。

『グッド・ドクター』というドラマの再放送です。
そこには2人の女の子が登場します。脳死状態になった4~5歳くらいの小さな女の子と臓器移植を待つ中学生くらいの少女です。脳死状態になった女の子の両親の苦しみは筆舌に尽くし難いものがあります。
一方、臓器移植を待つ少女は「臓器移植を待つことは人の死を待つことであり、そうしたことを願っていいものか」と悩みます。

主人公(山﨑賢人さん)は両親に、「臓器移植を受ける少女の体の中で、臓器提供をした子も大人になってくれたらうれしい」と語ります。

少女のこれからの生を、自分の愛娘が支え、共に生きていけるなら、これからも娘の誕生日を祝い続けていける、と両親は臓器提供を決断します。

ここには大人になれる可能性をもった子どもと、「大人になる機会を持てなかった子ども」がいます。

誰もが「すべての子どもが、大人になれますように」と願います。

しかし、その一方で「大人になる機会を持てなかったおおぜいの子どもたち」がいます。

I.・B. シンガーというノーベル賞作家は、そうした子どもたちに『やぎと少年』という本を捧げました。
作家そして文学は、私たちが忘れてはいけない大切なものを言葉にします。
「大人になる機会を持てなかったおおぜいの子どもたち」はそうした言葉の1つです。

ここに『グッド・ドクター』というドラマを見て、もう1つ、言葉を添えることができました。

それは「大人になる機会を持てなかった子どもに思いを馳せる人がいる限り、その子はこの世界からいなくなったりはしない」ということです。

忘れないこと、思いを馳せること。これは、人として、とても大切なことだと思います。

この記事を書いた人
中村 剛
中村 剛 - なかむら たけし -
福祉現場の経験と哲学という営みを通して、社会福祉の根拠となる「知」を明らかにしたいと思っています。

RELATED POST関連記事

  • コロナ渦でも学生が頑張ったこと!その① ~「第9回子ども支援セミナー」の開催~
      昨年は新型コロナに翻弄された一年でした。 本学でも卒業式、入学式が中止になりました。 それだけではなく、大学はオンライン授業になりました。 大学内は学生立ち入りができずZoomでの授業に [...続きを読む]
  • 自分が生まれてきた理由(意味)―私の幸福論
    自分が生まれてきた理由(意味)は何だろう。 普段、こんなことを考える人はめったにいないと思います。この手の問いを考えるのは、なんらかの理由で悩んでいる人か、文学や哲学が好きな若者と相場が決まっています [...続きを読む]
  • コロナのゴール
      ここ2年ほど私たちの生活の様々な面で影響が及んでいる新型コロナウイルス感染症、これからどう変化し、最終的なゴールはどんなイメージになるのか。ウイルスの性質から探ってみましょう。 キーワー [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 成功のカギは、結果が出るまで「待つ」ことができるかどうか
      競技スポーツには常に勝者と敗者が存在し、その差はごく僅か、紙一重です。 勝ち負けは2分の1、5割の確率で決まりますが、アスリート個人のパフォーマンスはどのくらいの確率で「成功」となるので [...続きを読む]
  • 言うまでもないこと
      先日、「暗黙の了解です」「言うまでもない前提なので」という事態に直面しました。 個人的には「ちゃんと言ってくれていたら・・・」という気持ちになりましたが、このような言わずもがなの事項は身 [...続きを読む]
  • 色彩と印象
      人は、第1印象(1秒~6秒程度)を、 ①外見や服装 ②表情・視線 ③話し方・声の質 ④しぐさ・姿勢 ⑤話す内容 で決定しているそうで、このことを「初頭効果」と言います。 初頭効果とは、最 [...続きを読む]
PAGE TOP