コラム

「大切なこと」をスケッチする④―負担は「迷惑」でなく「分かち合うもの」

年を取り介護が必要になると、多くの人が「子どもには迷惑をかけたくない」と思うのではないでしょうか。

ここでは、介護の負担=迷惑と理解されています。

こうした捉え方に対する異議もあります。
その代表的な考えが「迷惑をかけてもいいじゃないか」というものです。

昭和54年に放送された『車輪の一歩』というドラマがあります。

障がいの問題を考える上でとても参考になる名作ですが、そこで主人公が車いすの若者に対して、「迷惑をかけてもいいじゃないか」といいます。

この言葉の言わんとすることは分かるのですが、「迷惑」という言葉に違和感を覚えます。

迷惑とは、ある行為がもとで、他の人が不利益を受けたり、不快に感じたりすることです。

介護が必要な状態は、他の人の介護という労力を強い、継続すると大変な思い(不利益、不快)をするから、介護の負担=迷惑と理解されるのでしょう。

ここでちょっと、考えてみたいと思います。

加齢にせよ、病気や障がいにせよ、自ら望んで介護が必要な状態になろうとする人はいません。

たまたま、Aさんは障がいにより、Bさんは病気により、また、Cさんが加齢により、介護が必要な状態になりました。
一方私は、たまたま介護が必要な状態にはなっていません。
しかし、50代の自分でも病気や障がいによりこの1年の間に、介護が必要な状態になるかもしれません。

これは、考え方の問題ではなく、私たちの生の根底にある「事実」です。

この「事実」に目を向けたとき、「たまたま、ある人とそのご家族は、(いつ終わるか分からない)介護が必要という負担=重荷を担い、私はそれを担っていない。でも、私がその負担=重荷を担っていたかもしれない」ということに気づきます。

ここに気づけば、その負担=重荷は「迷惑」ではなく、「分かち合うもの」であることが分かります。

『車輪の一歩』のラストシーンは、エレベーターやスロープもない駅の階段です。

障がいがあることで引きこもりがちだった車いすの女性が、周りの人たちに対して、勇気を振り絞って、「どなたか……私を上まで上げてもらえませんか」と、大きな声で叫びます。
この呼びかけは決して人に迷惑をかけるものではありません。

そうではなく、「分かち合い」への呼びかけなのです。

この記事を書いた人
中村 剛
中村 剛 - なかむら たけし -
福祉現場の経験と哲学という営みを通して、社会福祉の根拠となる「知」を明らかにしたいと思っています。

RELATED POST関連記事

  • 社会をデザインするソーシャルワーク:共生を強制しない社会を目指す
    東日本大震災以降、大規模な自然災害が続いています。 その度、「つながり」や「絆」、「共生社会」、「連携」といった言葉に注目が集まります。確かに大切な言葉だと思います。 しかし、このような言葉に縛られて [...続きを読む]
  • 「新型コロナと福祉思想」その2―自粛警察への違和感―
    ソーシャルワークの基盤には正義という価値があります。 そのため、先日、授業で正義の話をしました。 そこで正義についての留意点として 「正義感は、気をつけないと、それを守っていない人を攻撃したり、正義の [...続きを読む]
  • カナダ バンクーバー研修記(後編)
    後編は、研修プログラムについてご紹介したいと思います。 プログラムの柱は、 〇英語研修 〇福祉施設交流訪問・医療機関視察 〇デイケア(保育園)におけるボランティア の3つでした。 英語研修は、キャンパ [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • それでも、自分のゴールにむかう ~ストレスと受け止め方の話~
      大学で勤務をしていると、卒業生から連絡が入ったり、研究室に顔を見せにきてくれたりすることがあります。 社会人になって、元気に過ごしているという近況報告もあれば、少し働くことが辛くなってき [...続きを読む]
  • 「講義のオンライン化」は「オンライン講義」か①
      新型コロナの影響で日本全国の大学ではオンライン講義が行われています。 本学では6月になり一部対面授業が開始されたものの当面はこのような状況が続くかもしれません。 少なくとも後期も「オンラ [...続きを読む]
  • 福祉 feat.スポーツ
      アーティスト(歌手)が他のアーティストとコラボレーションして楽曲を創ることを、「featuring(フィーチャリング)」と言い、「○○ feat. ▲▲」のように表現します。 「feat [...続きを読む]
PAGE TOP