コラム

「大切なこと」をスケッチする④―負担は「迷惑」でなく「分かち合うもの」

年を取り介護が必要になると、多くの人が「子どもには迷惑をかけたくない」と思うのではないでしょうか。

ここでは、介護の負担=迷惑と理解されています。

こうした捉え方に対する異議もあります。
その代表的な考えが「迷惑をかけてもいいじゃないか」というものです。

昭和54年に放送された『車輪の一歩』というドラマがあります。

障がいの問題を考える上でとても参考になる名作ですが、そこで主人公が車いすの若者に対して、「迷惑をかけてもいいじゃないか」といいます。

この言葉の言わんとすることは分かるのですが、「迷惑」という言葉に違和感を覚えます。

迷惑とは、ある行為がもとで、他の人が不利益を受けたり、不快に感じたりすることです。

介護が必要な状態は、他の人の介護という労力を強い、継続すると大変な思い(不利益、不快)をするから、介護の負担=迷惑と理解されるのでしょう。

ここでちょっと、考えてみたいと思います。

加齢にせよ、病気や障がいにせよ、自ら望んで介護が必要な状態になろうとする人はいません。

たまたま、Aさんは障がいにより、Bさんは病気により、また、Cさんが加齢により、介護が必要な状態になりました。
一方私は、たまたま介護が必要な状態にはなっていません。
しかし、50代の自分でも病気や障がいによりこの1年の間に、介護が必要な状態になるかもしれません。

これは、考え方の問題ではなく、私たちの生の根底にある「事実」です。

この「事実」に目を向けたとき、「たまたま、ある人とそのご家族は、(いつ終わるか分からない)介護が必要という負担=重荷を担い、私はそれを担っていない。でも、私がその負担=重荷を担っていたかもしれない」ということに気づきます。

ここに気づけば、その負担=重荷は「迷惑」ではなく、「分かち合うもの」であることが分かります。

『車輪の一歩』のラストシーンは、エレベーターやスロープもない駅の階段です。

障がいがあることで引きこもりがちだった車いすの女性が、周りの人たちに対して、勇気を振り絞って、「どなたか……私を上まで上げてもらえませんか」と、大きな声で叫びます。
この呼びかけは決して人に迷惑をかけるものではありません。

そうではなく、「分かち合い」への呼びかけなのです。

この記事を書いた人
中村 剛
中村 剛 - なかむら たけし -
福祉現場の経験と哲学という営みを通して、社会福祉の根拠となる「知」を明らかにしたいと思っています。

RELATED POST関連記事

  • 子どもと学校、家庭、地域を結ぶ専門職「スクールソーシャルワーカー(SSW)」を養成
    ~スクールソーシャルワーカー(SSW)とは?~  勉強、友だちとの関係、家庭の問題など、誰にも言えない悩みを抱えて学校生活に適応できなくなる児童・生徒も少なくありません。時には、人間関係のもつれから不 [...続きを読む]
  • 正しいはコワイ① 「正しさ」は攻撃性にもなる
    体罰やパワハラ、DVや児童虐待などは、近年、社会的な注目が集まっていますが、同様の暴力事案は後を絶ちません。 その加害者は、周囲が驚くほどの強い怒りと攻撃的言動(暴言・暴力)を示すと同時に、「あれは指 [...続きを読む]
  • 谷口ゼミの活動等
    ゼミは2・3・4年生を担当しています。 2年生のゼミは通称「コミュニティアワー」と呼ばれるもので、とにかく地域に出かけていく、そこで地域の課題を見つけ、どのように対応していくかを考えていくものです。 [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 成功のカギは、結果が出るまで「待つ」ことができるかどうか
      競技スポーツには常に勝者と敗者が存在し、その差はごく僅か、紙一重です。 勝ち負けは2分の1、5割の確率で決まりますが、アスリート個人のパフォーマンスはどのくらいの確率で「成功」となるので [...続きを読む]
  • 言うまでもないこと
      先日、「暗黙の了解です」「言うまでもない前提なので」という事態に直面しました。 個人的には「ちゃんと言ってくれていたら・・・」という気持ちになりましたが、このような言わずもがなの事項は身 [...続きを読む]
  • 色彩と印象
      人は、第1印象(1秒~6秒程度)を、 ①外見や服装 ②表情・視線 ③話し方・声の質 ④しぐさ・姿勢 ⑤話す内容 で決定しているそうで、このことを「初頭効果」と言います。 初頭効果とは、最 [...続きを読む]
PAGE TOP