コラム

それでも、自分のゴールにむかう ~ストレスと受け止め方の話~

 
大学で勤務をしていると、卒業生から連絡が入ったり、研究室に顔を見せにきてくれたりすることがあります。

社会人になって、元気に過ごしているという近況報告もあれば、少し働くことが辛くなってきているという相談もあったりします。

社会人として、これまでとはまったく異なる環境に身を置くことは、さまざまなストレスの連続であろうと思います。

社会というところは、必ずしも悪いことばかりではありませんが、かといって常に正しい世界でもありません。
おかしなことが平気でまかり通ることもありますし、利害の対立や駆け引き、時にはいわれのない悪意にさらされることもあります。

こういったことが、人を疲弊させるのは間違いのないことです。

しかし、一方で実際に起こった出来事だけではなく、それを自分がどのように受け止めるかという部分もストレスに大きな影響を与えることが知られています。

例えば、何か大きな仕事を任されることになったとします。
その出来事を「自分には到底無理だ」と受けとめてしまうとストレス以外の何物でもありません。
しかし、「新しいスキルを身につけるチャンスだ」と思えば、ストレスは少し軽減されるかもしれません。このように、起こった出来事もさることながら、それをどう受け止めるかで、ストレスの負荷は変ってくるようです。

実はこのストレスと受け止め方の関係は、よく知られたお話です。

しかし、私は「ポジティブ・シンキングで行こう!」などと言いたいわけではありません。

誰もが受け止め方の転換のようなことをできるわけではないからです。
まして、本当に追い詰められて疲れてしまった人というのは、視点の異なる考えを持つということは困難です。
仮にできても、そのような考え方をできない自分を「情けない」「弱い」と思ってしまい、さらに苦悩を深めてしまうことがあるからです。

ここで最初の卒業生の話にもどるのですが、私は「ポジティブ・シンキングのすすめ」のような話はせず、恩師から教えてもらった話を卒業生にするようにしています。
それは「人生はラグビーみたいなもの」という話です。
体力がある時はスピードにのって、相手や課題に正面からぶつかってもいいけれど、それだけではいつかつぶれてしまう。
時にはパスをする、時にはかわす。
かわしながらも、「それでも自分自身のゴールには向かっている」ということが大切というお話です。

生真面目に仕事に向き合い、生真面目に自分の課題に向き合い、生真面目につぶれる必要はありません。
自分自身のゴールを大切にすればよいのです。

こんな受け止め方の転換、ストレスマネジメントがあってもよいかと思います。

この記事を書いた人
高田 豊司
高田 豊司 - たかた とよし -
心療内科クリニック、スクールカウンセラー、重症心身障害児施設等を経て、児童養護施設の心理職として勤務してきました。授業だけではなく、現場で役立つ実践的な学びが得られる機会を作っていきたいと考えています。また研究室が、在学中のみならず、卒業後の学生の皆さんの心の拠り所となれば考えています。

RELATED POST関連記事

  • 「障害当事者の声」の政策反映
    2006年に国連総会において、障害者権利条約が採択されました。 障害者権利条約とは障害者の権利を実現するために国で行うべきことが決められてあり、2014年に日本も締結しています。日本では条約の内容をさ [...続きを読む]
  • 「新型コロナと福祉思想」その3―差別とかけがえのなさ―
    先日テレビを見ていると、熊谷晋一郎さんが、新型コロナウイルス感染拡大予防の状況において、感染者をカテゴライズ(感染者のグループをつくる)することで生まれる差別について話をしていました。 熊谷さんが言う [...続きを読む]
  • 続・いまも影響力を持ち続ける人生論
    武者小路実篤の人生論は今日もなお影響力を持ち続けている。 それを示す根拠として、たとえば「読書メーター」(日本中の読書家とコミュニケーションできるWeb)がある。 読書メーターのレビュー数を見ると、2 [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 「嫌いではない」ことの価値をあげよう!
      「〇〇は好き?」と尋ねられたら、どう答えますか? 僕は、自分の答えに自信がなくて困る時があります。 例えば、「好き」ではあるけれど「大好き」という程ではない場合や、「〇〇も好きだけど、今 [...続きを読む]
  • 正しいは怖い③ 被害から自分を守ろう!
      今回は、虐待やハラスメントを受けた側について書きます。 そもそも、攻撃を受けることは苦痛です。 安心や安全がおびやかされる状況であり、誰でも早く逃れたいと思うでしょう。 選択肢としては相 [...続きを読む]
  • 援助という後ろめたさ
      コラム投稿も第4回目となります。 第1回目は、援助関係には不平等性が潜在しており、人の支援をしようとする者は、それに気づく、心の細やかさが大切だというお話を書きました。【第1回コラム(リ [...続きを読む]
PAGE TOP