コラム

フレイル予防に良い食事とは?

 
この夏、社会福祉学部ソーシャルワーク実習で、「おうちでできるフレイル予防~高齢者の社会的孤立状態に対処するためのアイデア」というテーマで実習しました。

フレイルとは、健康状態と要介護状態の中間状態で、何もしないと要支援・要介護状態になってしまいます。
フレイル予防には、①栄養、②口腔、③運動、④社会参加の4つの要素が重要であるといわれています。

今日は、フレイル予防によい「栄養」面をご紹介したいと思います。

フレイルを防ぐために何を食べるかが大切です。主な栄養素の働きをみると、まず炭水化物は「運動したり、体を動かすエネルギーとなる」、たんぱく質は「筋肉や血を作る」、カルシウムは「丈夫な骨を作る」、ビタミンDは「骨や筋肉を強化する」などの作用があります。
たんぱく質は、筋肉をつくる栄養素であり、肉・魚・卵・大豆製品などに多く含まれています。
お肉や赤身の魚で多く摂ることが可能です。
しかし、栄養素は一つだけ摂っておけばよいということは決してなく、丈夫な骨を作るためには、カルシウムの他にビタミンDも必要となります。
例えば、骨そしょう症の予防には、大豆(カルシウム・タンパク質)+シイタケ(ビタミンD)といった具合です。

フレイル予防に適した食事の一品として、次のようなものもいかがでしょうか。

鮭とマッシュルームのホイル焼きです。

味付けは、ポン酢またはバターと塩・こしょうとし、アルミホイルでチンしてやくと、ほら、ほっくりとおいしいお料理の出来上がり!それに、納豆ご飯なども添えるとさらに良いでしょう。

栄養素を毎回一つ一つ完ぺきにすることは、義務感が出て大変になりますが、一品なにかをチョイ足しすることで、心も体も元気になり、フレイル予防にもつながります。皆さんもやってみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
一瀬 貴子
一瀬 貴子 - いっせ たかこ -

RELATED POST関連記事

  • コミュニティによい実践② ~観光スポットの分析~
      2018年10月、『兵庫県赤穂市GAP調査報告書』が公表されました。 この報告書は全94頁、赤穂市のHPでどなたでも閲覧できます。実際の調査では全国1,052名もの協力者が回答しており、 [...続きを読む]
  • 「講義のオンライン化」は「オンライン講義」か①
      新型コロナの影響で日本全国の大学ではオンライン講義が行われています。 本学では6月になり一部対面授業が開始されたものの当面はこのような状況が続くかもしれません。 少なくとも後期も「オンラ [...続きを読む]
  • テリトリーを侵さない・侵させない
      コーチングにおいて常に意識しておかなければならないことは、「テリトリー」が存在するということです。 コーチ契約を結んでいる、あるいはコーチとして在籍するチームやアスリートに対して、コーチ [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 成功のカギは、結果が出るまで「待つ」ことができるかどうか
      競技スポーツには常に勝者と敗者が存在し、その差はごく僅か、紙一重です。 勝ち負けは2分の1、5割の確率で決まりますが、アスリート個人のパフォーマンスはどのくらいの確率で「成功」となるので [...続きを読む]
  • 言うまでもないこと
      先日、「暗黙の了解です」「言うまでもない前提なので」という事態に直面しました。 個人的には「ちゃんと言ってくれていたら・・・」という気持ちになりましたが、このような言わずもがなの事項は身 [...続きを読む]
  • 色彩と印象
      人は、第1印象(1秒~6秒程度)を、 ①外見や服装 ②表情・視線 ③話し方・声の質 ④しぐさ・姿勢 ⑤話す内容 で決定しているそうで、このことを「初頭効果」と言います。 初頭効果とは、最 [...続きを読む]
PAGE TOP